障害学生修学支援情報に関するご質問

視覚障害

視覚に障害があると、どのようなことが制限され困難が伴うのでしょうか(盲の場合)。

A.

盲と一口に言っても、おぼろげながら見えるものから、明暗が分かる程度、影も光も分からないなど、実態は様々です。以下は主として、視覚的な情報をまったく得られない全盲について説明します。

◆触覚や聴覚など、視覚以外の感覚が手がかりとなります。触覚から触れている部分の様子、また、聴覚から音を媒介とした情報を得ることができますが、周囲の状況を的確に把握することに困難が伴います。
◆視覚的な情報が限られるため、移動に制約を受けることが多くあります。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。