障害学生修学支援情報に関するご質問

肢体不自由

学生(教職員)が介助する場合、事故に備えて保険に加入すべきでしょうか。加入する場合、どのような保険が適切でしょうか。

A.

各大学が判断することですが、一般的には、社会福祉協議会等のボランティア保険に加入している場合が多いと思われます。
他には「学生教育研究災害傷害保険」や「学研災付帯賠償責任保険」などの保険があります。
◆学生教育研究災害傷害保険は、学生が教育研究活動中に被った災害に対して 必要な給付を行ない、大学の教育研究活動の充実・発展に寄与することを趣旨とした災害補償制度です。
◆学研災付帯賠償責任保険は、国内において、学生が正課、学校行事およびその往復中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償します。この保険は学生教育研究災害傷害保険加入者のうち、在籍する大学が賠償責任保険を取り扱っている場合にのみ申し込みが可能です。

また、臨床活動、課外活動など行なう教職員・学生は、特約による「個人賠償責任保険」に加入し、対処する例もあります。
これらへの加入がすべてを免責するわけではないことはもちろんですが、しかしあり得る事態に対する準備を行なう姿勢を持つことは、望ましいと思われます。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。