障害学生修学支援情報に関するご質問

支援方法

入学試験出願の際の対応はどうしたらよいのでしょうか(志願者等との話合い)。

A.

出願時の話し合いの中では、障害のある生徒(保護者等が含まれる場合がある)と受験時の配慮について具体的に話し合うことはもちろんのことですが、入学後のことを想定し、大学として「何ができ、何ができないか」ということをある程度協議した方がよいと思われます。その中で生徒の側から支援についての具体的な要望が出されることが多く、それを基に、大学としてどのように対応するのか、また、何を準備しておかなければならないのかの方向性を探っていく必要があります。
忙しい時期での対応を円滑かつ効率的に行なうために、入試課に加え、志願者が希望している学部の関係者(学部長・学科長及び担当教員等)、教務課や学生支援課の職員等の連携を密にする必要があります。
入学の許可がおりていない段階での作業ですが、入学が決定した後の様々な対応や準備のことを考えた場合、出願時でのある程度の情報の収集と方向付けは、極めて重要なことと言えます。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。