本イベントは終了いたしました。

 平成19年度「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」意見交換会(東北地区)を下記のとおり開催し、盛況のうちに終了しましたので、報告いたします。

【日時】:平成20年2月19日(火曜日)14時~16時30分

【開催場所】:ホテルメトロポリタン仙台「千代(Sendai)の間」(宮城県仙台市)

【主催】:独立行政法人 日本学生支援機構

【参加人数】
:53名

平成19年度学生支援GP意見交換会(東北地区)の様子

実施概要

1.開会

文部科学省 挨拶

文部科学省高等教育局学生支援課 奨学事業係長 辻 直人 氏

独立行政法人日本学生支援機構 挨拶

独立行政法人日本学生支援機構 理事 大貫 賢一

2.事例紹介

宮城教育大学 「障害学生も共に学べる総合的学生支援」

事例紹介者:宮城教育大学 講師 松﨑 丈 氏

秋田県立大学 「薫風・満天フィールド交流塾が育む人間力」

事例紹介者:秋田県立大学 准教授 露﨑 浩 氏

会津大学 「プロジェクト卒業生240+α」

事例紹介者:会津大学 修学支援専門員 根本 雅昭 氏

東北福祉大学 「健康の自己管理能力を養う食育支援」

事例紹介者:東北福祉大学 教授 福冨 哲也 氏

3.意見交換

事例紹介大学等に対し、参加者等から質問が相次ぎ、活発な意見交換会となった。

宮城教育大学 「障害学生も共に学べる総合的学生支援」

【報告資料】

秋田県立大学 「薫風・満天フィールド交流塾が育む人間力」

【報告資料】

(分割版)

会津大学 「プロジェクト卒業生240+α」

【報告資料】

東北福祉大学 「健康の自己管理能力を養う食育支援」

【報告資料】

【参考資料】

参考


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。