大学・短期大学・高等専門学校卒業予定者の就職・採用に関し、政府各省の行政説明、講演と、国、地方公共団体、大学等、企業の関係者が一堂に会して情報交換・意見交換を行うことにより、産学官連携による人材育成等キャリア教育・就職支援の充実に資することを目的として「平成28年度全国キャリア・就職ガイダンス」を以下のとおり開催しました。

日程 平成28年6月14日(火曜日)10時00分~16時30分
場所 東京ビッグサイト(東京都江東区)
主催 文部科学省、就職問題懇談会、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
協力 厚生労働省、経済産業省、農林水産省、総務省
後援 一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、公益社団法人経済同友会
参加人数 1,090名(内訳:大学等613名、企業・府県等423名、関係団体等54名)

  • この開催報告に掲載されている資料の無断転載を禁止します。著作権は講演者等または各資料等の作成者に帰属します。

1.開催内容

第一部では、JASSOの遠藤理事長と文部科学省の常盤高等教育局長による挨拶、就職問題懇談会の吉岡立教大学総長の講演の後、文部科学省高等教育局学生・留学生課の井上課長、同専門教育課の福島企画官、厚生労働省、経済産業省、農林水産省、総務省による行政説明が行われ、さらに、文部科学省「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業委員会」委員、元立命館大学キャリア教育センター長の加藤氏と公益社団法人経済同友会の藤巻執行役から講演が行われました。

第二部では、大学等と企業との情報交換会(文部科学省(学生・留学生課、専門教育課)、厚生労働省(ハローワーク含む)、経済産業省、農林水産省(関係団体含む)、総務省、22府県もブースを設置)と、キャリア教育・就職支援についてのセッション、外国人留学生のキャリア教育・就職支援についてのセッション、障害のある学生のキャリア教育・就職支援についてのセッションが開催されました。

平成28年度全国キャリア・就職ガイダンス 第一部全体の様子

2.プログラム

第一部 全体会/キャリア教育・就職支援の充実について【7階】国際会議場

第二部 情報交換会/多様な学生に対応したキャリア教育・就職支援情報の提供

大学等と企業の情報交換会(13時30分~16時30分)【1階 レセプションホール、101・102会議室】
◆大学等のキャリア教育・就職指導担当者が企業ブース(約300団体)を訪問し、採用担当者等と活発な情報交換を実施しました。
◆文部科学省(学生・留学生課、専門教育課)、厚生労働省(ハローワークを含む)、経済産業省、農林水産省(関係団体を含む)、総務省の担当者が、キャリア教育及び就職支援の推進に関する情報提供や相談対応を実施しました。
◆22府県がブースを設置し、各府県の就労支援関係施策等が紹介されました。
◆厚生労働省関東地区ジョブサポーター等が、就職・採用に関する相談に応じました。

キャリア教育・就職支援についてのセッション(13時30分~14時50分)【6階 607・608会議室】
○キャリア教育・就職支援について、大学における中長期インターンシップ及び海外インターンシップに関する取り組みの事例が発表されました。

外国人留学生のキャリア教育・就職支援についてのセッション(13時30分~14時50分)【6階 605・606会議室】
○文部科学省・法務省からの説明後、外国人留学生に対する就職支援対策やインターンシップに関する制度等が紹介されました。

  • 本セッションは「外国人材活躍推進プログラム」の一環として、主催者、協力者の他、内閣府、総務省、日本貿易振興機構、自治体国際化協会との連携・協力により実施するものです。

障害のある学生のキャリア教育・就職支援についてのセッション(15時10分~16時30分)【7階 国際会議場】
○障害のある学生のキャリア・就職支援のサポートや企業等における就労の好事例等の具体的な事例が紹介されました。


お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 学生支援企画課 キャリア教育室
全国キャリア・就職ガイダンス事務局
  • E-mailcareer【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。