【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:2,000から4,999人

対象学生

学科(専攻):保健(医・歯学を除く)、1年次、聴覚・言語障害(難聴)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

受験・入学、事務窓口での対応

2.内容

入学時に学生及び保証人から難聴のため補聴器を装着しているとの報告を受けた。

学校の対応

1.関わった部署

障害学生支援部署、教育部門(学部、学科等)

2.対応内容

学部の関係者を中心に協議し、授業は講義室の前列・中央での受講を薦め、本人と親しい同級生に協力を依頼する等の支援体制をとった。

学生等の反応

【参照】