【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

公立大学、学校規模:500から999人

対象学生

学科(専攻):保健(医・歯学を除く)、3年次、発達障害(ASD)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

授業・研究指導

2.内容

講義や試験に関する以下のことについて支援の申し出があった。

学校の対応

1.関わった部署

教務担当部署

2.対応内容

支援の申し出に対し、下記のとおり対応している。

その他、年2回程度の保護者面談(副学長、担任教員、担当課職員の同席による)を要望に応じて行なっている。

学生等の反応

現在のところ問題なく修学中であり、本人の大学生活への不安が解消されつつある。担任教員だけではなく、他の講義担当教員に対してもコミュニケーションを取れるようになり、自ら問題解決をしようと努力している。

その後の経過

上記の対応(支援)により、順調に修学できている。

【参照】