【事例紹介】

事例が起きた時期

平成28年度

事例が起きた学校

私立短期大学、学校規模:500から999人

対象学生

1年次、発達障害(ASD)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

授業・研究指導

2.内容

講義時の対応について
レポートの提出期限、連絡事項等を板書するか文書で渡して欲しい、メモをとったか本人に直接確認してほしいとの申し出があった。

学校の対応

1.関わった部署

教務担当部署、教育部門(学部、学科等) 、保健管理センター等

2.対応内容

相談室に相談があり、指導教員と保健室職員とで配慮の内容を本人と確認後、保健管理委員会で確認し、「配慮願い」として関係部署各科目担当教員へ対応を依頼し、その旨対応してもらうようにした。また、それ以外でも本人に教職員が声かけをして、提出物の確認等を随時行なうようにした。

学生等の反応

その後の経過

単位修得に向け、勉学に励んでいる。

【参照】