【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

公立大学、学校規模:1,000から1,999人

対象学生

学科(専攻):社会科学、4年次、発達障害(ASD)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

授業・研究指導、試験の評価、単位取得、卒業要件等

2.内容

  • 得意科目で習得した単位を、不得意な語学系科目・情報系科目の単位として認定してほしい
  • 他の学生のいない部屋で授業を受けられるようにしてほしい

学校の対応

1.関わった部署

障害学生支援部署、教務担当部署

2.対応内容

  • 教育支援の検討部会を開催。支援内容を検討し、授業担当教員へ要請(別室授業)を行なった
  • 担当教員から卒業要件を変更することができないことを伝達。そのうえでできる支援を行なうことを説明し、当該学生も支援内容については納得していた
  • 情報系科目は、個別代替授業を実施。英語科目は、TOEIC試験による単位認定

理由、原因等 ※学校の回答

学生等の反応

卒業要件を変更して、単位認定をしてほしいとの要望については、本人からの不服の申し出があったが、その都度できないことを伝えて納得してもらった。

【参照】