【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:1,000から1,999人

対象学生

学科(専攻):教育、2年次、病弱・虚弱(他の慢性疾患)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

授業・研究指導、学生寮への入居、施設等の利用やサービスの提供

2.内容

病弱の学生で、体調が悪くなった時に気兼ねなく休憩できる場所がほしいとの希望があった。保健管理センターでも休憩はできたが、保健管理センターは場所が遠く、障害学生支援担当部署は人の出入りが多々あり落ち着かないということで、行きやすい場所で自由に落ち着いて休める場所がほしいとのことであった。

学校の対応

1.関わった部署

障害学生支援部署

2.対応内容

障害学生支援室担当教員への報告

理由・原因等 ※学校の回答

学生等の反応

落ち着いて休めないながらも障害学生支援室や空き教室を利用して、必要最低限の休憩はとっていた。

その後の経過

この学生が卒業してからにはなってしまったが、その後必要性が認められ病弱の学生や発達障害の学生が休憩をしたりクールダウンしたりするための部屋を確保することができた。

【参照】