【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

私立短期大学、学校規模:1から499人

対象学生

学科(専攻):家政、1年次、精神障害(他の精神障害)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

授業・研究指導

2.内容

合格が決まったあとに、高校より申し出があり、発達障害をかかえており、2つの事を同時に行なう事ができにくいので、聴講と板書が同時に行なう事ができないので、パソコンの持ち込み許可と講義の板書内容の写真撮影許可に関する申し出が入学前に高校と保護者よりあった。

学校の対応

1.関わった部署

教務担当部署、その他(所属学科担当、学科長)

2.対応内容

保護者と高校より申し出があった内容に関しての協力と、臨床心理士によるカウンセリングを行なった。その都度、何かの事象が起これば、その都度それに見合った対応を行なった。

学生等の反応

その後の経過

該当の学生は発達障害を抱えていながらも、無事に卒業した。その後は専門学校へ進学し、専門職に就くために現在も学習しているようである。

【参照】