【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:2,000から4,999人

対象学生

学科(専攻):非公表、精神障害(他の精神障害)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

受験・入学、試験の評価、単位取得、卒業要件等

2.内容

学生の保護者から、入学前に修学に関する面談希望があり、面談を実施した。
当該学生は、過敏性腸症候群のため、体調不良時の遅刻や授業中に途中退出することを理解して欲しいとの内容であった。
学生本人に内緒で大学と面談をしているので大学からも伝えないでほしい、修学における配慮についても学生本人に知られないように対応してほしいとの要望であった。

学校の対応

1.関わった部署

学生生活支援担当部署(学生課等)、教務担当部署、保健管理センター等

2.対応内容

学生生活支援担当部署(学生課等)が保護者と面談を行ない、聞き取りを行なった。後日、教務担当部署、保健管理センター等で再度、保護者と面談を実施し、修学面での不安について聞き取りを行なった。部署間で検討した結果、保護者の要望を叶えることは困難であるが、学部長及び当該学生のアドバイザーと情報共有することとした。また、入学前のセミナーでの学生の様子を確認することとし、入学後の対応については、学生の状況を見て検討することとした。

理由、原因等 ※学校の回答

学生等の反応

その後の経過

学生の保護者からはこの件について特に追加の要望等もなく、学生は問題なく学生生活を行なっている。

【参照】