【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:1,000から1,999人

対象学生

学科(専攻):人文科学、5年次、精神障害(他の精神障害)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

精神疾患に対し多量の薬を内服しており、睡眠が深くなりやすく授業に遅刻や欠席をしてしまうため、単位の修得が不安である。また、内服していても精神疾患の症状が強く出現することがあり授業に支障が出てしまう。留年しており、今年度の卒業を強く希望している。

学校の対応

各授業担当教員へ以下の事項を書面で周知

学生等の反応

【参照】