【事例紹介】

事例が起きた時期

過去5年以内

事例が起きた学校

私立大学、学校規模:10,000人以上

対象学生

学科(専攻):社会科学、2年次、肢体不自由(上下肢機能障害)

相談、不満・不服の申し立て、または支援の申し出

1.場面等

試験の評価、単位取得、卒業要件等

2.内容

大学入試センター試験の基準に準じて、別室受験・時間延長を行なったが、「記述試験の際、時間が足りない」と申し出があった。

学校の対応

1.関わった部署

障害学生支援部署、教務担当部署、教育部門(学部、学科等)

2.対応内容

定期試験を実施する科目の教員から、この学生のみ課題レポートにしてはどうかとの相談も併せて入る。
教務の担当者から、試験科目を課題レポートのみに変えることはできないとの回答があった。
また本人からの申し出である、記述試験の時間延長については、どの程度延長するのかの基準がないため、現行以上の時間延長は難しいとの結論に至った。

理由、原因等 ※学校の回答

学生等の反応

本人は、引き続き試験の形態(記述)によって、時間延長の更なる延長を希望している。
一方で、明確な基準がなく、すぐに対応できないことも理解してくれている。

その後の経過

他学部では、定期試験を個別に課題レポートにしているところもあり、全学的に事例を収集し、統一した対応が取れるよう、体制を整えつつある。

【参照】