「障害者差別解消法」施行に伴い、増加が懸念される紛争を、大学等において防止、解決するために必要な基礎知識を、理解のポイントとなるキーワードから解説します。ここで紹介する事例には【参照】として関連するキーワードを表示しています。個々の事例もご参照いただき、紛争の防止、解決等に関する取組の参考としていただければ幸いです。
なお、内容については、「文部科学省 障害のある学生の修学支援に関する検討会二次まとめ」(以下「二次まとめ」)を基に作成していますので、「二次まとめ」も併せてご確認ください。

1.対象となる「障害のある学生」とは

【学生とは】

我が国における大学等に入学を希望する者及び在籍する学生。学生には、科目等履修生・聴講生等、研究生、留学生及び交流校からの交流に基づいて学ぶ学生等も含まれます(「第一次まとめ」、「第二次まとめ」)。

【障害のある学生(以下、障害学生)とは】

障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にある学生(「第一次まとめ」、「第二次まとめ」)。ここでいう障害は、「身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害」を意味します。「その他の心身の機能の障害」には難病に起因する障害などが含まれます。また、「継続的に」には、断続的に又は周期的に相当な制限を受ける状態にあるものも含まれます(平成24年版『障害者白書』)。

【社会モデル】

障害学生の定義は、障害学生が受ける制限は、障害のみに起因するものではなく、社会における様々な障壁(社会的障壁)と相対することによって生ずるものという、いわゆる「社会モデル」の考え方を取り入れています。社会的障壁を除去するための手段のひとつが合理的配慮の提供です(平成24年版『障害者白書』、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」、「第二次まとめ」)。

【障害学生以外の障害者】

「第二次まとめ」は次のように記しています。「障害者差別解消法等において、大学等に不当な差別的取扱いの禁止や合理的配慮等の提供が求められている障害者の範囲は、例えば、障害学生以外の、大学等が主催するシンポジウムや学会への参加者、附属学校に在籍する児童生徒、病院等の附属施設への訪問者等も含まれ、本検討会の対象範囲よりも広くなっている。このため、実際には本まとめの内容よりも広い範囲での対応が求められることに十分留意することが必要である。」

事例講評

平成28年度「「障害者差別解消法」施行に伴う障害学生に関する紛争の防止・解決等事例集」(以下、平成28年度事例集)に所収された事例は210件あります。このうち大学等の事例が182例で、これを障害種別に分類すると、視覚障害7件、聴覚・言語障害48件、肢体不自由33件、病弱・虚弱11件、重複4件、発達障害31件、精神障害36件、その他の障害(発達障害と精神障害の重複等)12件となります。重複とその他の障害を除くと、視覚障害と病弱・虚弱の件数が比較的少ないことがわかります。

障害学生の範囲は、障害者手帳や診断書の所持者に限られず、より広い対象者を含むことがあります。この点につき、「第二次まとめ」は、次のように記しています。「障害の内容によっては、これらの資料[手帳や診断書など]の提出が困難な場合があることに留意し、障害学生が根拠資料を取得する上での支援を行なうことや、下記の建設的対話等を通じて、学生本人に社会的障壁の除去の必要性が明白であることが現認できる場合には、資料の有無に関わらず、合理的配慮の提供について検討することが重要である。」この記述は、障害者手帳や診断書の有無ではなく、むしろ社会的障壁の問題性(とそれを除去する合理的配慮の必要性)を特に強調する「社会モデル」の視点を採用している、と考えられます。平成28年度事例集においても、発達障害・精神障害のある学生が手帳や診断書を有しているかどうか定かではない事例が含まれています。

また、今日では、LGBTの人が精神障害のある人のなかに含まれるべきか否かという議論もなされていますが、より大切なのはLGBTの学生をとりまく社会的障壁の問題性に目を向けることです。「社会モデル」の視点を応用していえば、「障害学生に該当するか否か」はいったんカッコに入れた上で、LGBTの学生の直面する社会的障壁を除去し(合理的配慮を提供し)、就学機会を平等に保障していくことが重要です。この点、平成28年度事例集には、たとえば性別違和により学内ロッカールームを使用できず、着替えや教材の管理に苦慮した学生に対して、大学側が一定の配慮をした事例なども含まれています。この事例を含むLGBTの学生の事例は、さしあたり平成28年度事例集では「精神障害」の項目に分類されています。

2.対象となる学生の活動の範囲

【教育に関する事項】

入学、学級編成、転学、除籍、復学、卒業 授業、課外授業、学校行事への参加等

【学生の活動や生活面に関する事項】

通学、学内介助(食事、トイレ等)等