障害のある生徒の大学進学に関する困難や課題とは そして、有効な支援とは

 本事業は、大学等における障害のある生徒の受入促進・支援を図ることを目的とし、文部科学省による「障害学生受入促進研究委託事業」に基づいた「障害のある生徒の進学の促進・支援のための高大連携の在り方に関する調査研究委託事業」として文部科学省における公募(公募要領 平成20年(2008年)9月9日)に対し、日本学生支援機構が応募、採択されたものです。平成20年度から22年度の3年間に調査研究を行ないました。

実施機関・大学

 日本学生支援機構及び「障害学生修学支援ネットワーク事業」における拠点校や拠点校に匹敵する実績のある7大学。
  宮城教育大学  筑波大学  東京大学  富山大学  同志社大学
  関西学院大学  広島大学

高大連携シンポジウム ※開催済み

平成23年1月、全国の高等教育機関等を対象に、上記7大学の調査研究成果に基づく、高大連携の具体的な在り方に関するシンポジウムを実施し、95機関120名が参加しました。
主催 日本学生支援機構
日時 平成23年1月28日(金曜日)
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター

実績報告

 平成20~22年度「障害のある生徒の進学の促進・支援のための高大連携の在り方に関する調査研究委託事業」報告書及び各大学の調査研究成果

日本学生支援機構の調査研究

1.最終報告書         
「障害学生受入促進研究委託事業―障害のある生徒の進学の促進・支援のための高大連携の在り方に関する調査研究―」報告書

障害学生受入促進研究委託事業報告書表紙イメージ

各大学の調査研究


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。