障害学生の修学上における場面ごとの支援(例)

入学まで

学習支援

学生生活支援

  • 障害のある学生が相談するためのわかりやすい窓口を設ける。窓口は一本化されているとなお良い。
  • 障害のある学生との話し合いを定期的に実施し、状況の把握や支援内容の見直しを行なう。
  • 窓口や支援内容について、機会があるごとに全学に周知して、学内の障害のある学生や教職員に伝わるように努める。
  • 学内各部署に障害学生担当者を置き、必要な情報共有や連携を常に行なえるようにしておく。

就職支援

  • 就職支援部署でも障害のある学生の状況を把握しておき、いつでも本人や企業に対応できるようにしておく。
  • 障害者雇用率制度や外部支援機関等、障害者雇用に関する情報を収集しておき、学生からの相談に備える。
  • 障害のある学生の就職活動に関する情報保障や配慮について、支援組織などと連携して支援を行なう。

「組織フローチャート」も併せてご覧ください。