移動全体

困難さ・考えられる支援の観点

 車いす使用の場合、または杖使用の場合によって、困難の内容や程度は異なってくる。屋外の道路では、幅は十分か、段差、舗装のでこぼこ、両側の斜面、坂道、階段、横断歩道の段差の有無、駐車や駐輪の状態等々の多様な観点からチェックする必要がある。もちろん、学内の施設等で行けない場所はないかの確認も必要である。そのため、車いすで実際に移動してみて確認すると良い。さらに、杖の場合には両手での杖使用及び片手での杖使用で実際に移動してみることが大事である。
 意外に気がつかないことだが、点字ブロックが車いすの移動困難の一因になることもあるので、点字ブロックの敷設の仕方を工夫することが必要である。

 屋内においても上記と同様の確認が必要である。屋内の場合には、通路に荷物が置いてあって通りにくくないか・机やテーブルやいすが移動の邪魔にならないか・出入り口に段差はないか・建物にアクセスするスロープはあるか、さらに複数階の建物では、エレベーターや階段昇降機が設置されていて使いやすいか、各ドアは開けやすいか(車いす使用時、杖使用時には両手がふさがって開けにくさが増すことがある)についての確認が必要である。

屋外

困難さ・考えられる支援の観点

a.道路―段差

困難
小さな段差でも、車いすや杖の場合には動きが困難になることが多い。
支援
道路の段差、建物の入り口やドア付近の段差をチェックする。

b.道路―溝

困難
溝のふたが鉄柵の場合、その隙間に車いすの前輪がはまって動けなくなる恐れがある。車いすの前輪は小さいことに留意してほしい。
支援
コンクリート製のふたにする。あるいは、鉄柵の幅を狭くして、車いすの前輪がはまらないようにする。

c.道路―舗装道路と未舗装道路

困難・支援
道路はでこぼこでなく、滑らかで水平な舗装にする。マンホールなどがあって、くぼんでいると車いすを動かしにくい。チャッターバー(道路鋲)も障害となる。

d.道路―車止めのある道路

困難
車止めをよけて通るときに、「端に溝があって落ちそうで危ない、車いすで通れる広さの幅がない」などの困難がある。チャッターバー(道路鋲)も同様である。

バリカータイプの車止めイメージ

チャッターバーを避けようとして溝に落ちそうになる車いすのイメージ

e.坂道

困難・支援
車いすでの登りは大変であるので、傾斜を緩やかなものにし、途中にフラットで小休止できる場所を設置する。杖使用者についても同様に考える。
【参照】

f.階段

困難
車いすや杖を使用している場合には、階段の利用は著しく困難になる。車いすや杖を使用しない肢体不自由学生では、階段に手すりがあると昇降の助けになる。階段の段の端に滑り止めのゴムがついている階段があるが、この滑り止めゴムが厚い場合には、足が引っかかって転倒などが起こりやすいので注意が必要である。階段は、すれ違うときに余裕があるように十分な横幅がほしい。また、急な階段は望ましくない。また、壁が鉄柵などで向こう側が見えると怖いといった主観的な困難がある場合も認められるので本人に確認が必要である。
支援
スロープを設置することが求められる。
【参照】

g.スロープ

困難・支援
車いすでの登りは大変であるので、以下の配慮が求められる。

  • 傾斜を緩やかなものにする。
  • 車いす操作のために、幅を十分にとる。
  • カーブや曲がり角では特に幅を広くする。
  • 長い距離のスロープでは、途中にフラットで小休止できる場所を設置する。

【参照】

h.障害者向けの入構許可証、駐車スペースとその表示

困難・支援
車の利用が必要であることが多い。そのために、優先的に駐車できるスペースと許可証が必要となる。車への乗降や車から車いすや杖を出す作業には広いスペースが必要である。車の前後左右にゆったりとしたスペースの確保が望ましい。障害者専用駐車スペースの標示も欠かせない。また、学内規則で障害学生の優先使用を規定しておくことも大事である。

屋内

困難さ・考えられる支援の観点

a.建物・部屋への出入り

困難
出入り口やドア付近に段差があるとドアを開けながら、あるいは、手でドアを開けた状態を保ちながら、車いす操作を同時にしなければならなくなり、移動が困難になる。
支援
ドアの真下の床面をフラットにしておくことが良い。
【参照】

b.ドア

困難・支援
開閉が一方向のドア(入るときは「押す」、出るときは「引く」というドア)は出入りが困難である。車いすを使用している場合、ドアの前まで行ってドアを引こうとすると、車いすがあるためにドアが引けないので、ドアは両方向開きのものが良い。ドアが両方向開きであっても、重いドアは押して開けることが困難である。さらに、軽いドアであっても、押して開いた状態で固定できるドアでないと、開けた状態で車いすを前に進めながらドアが閉まらないように片手で固定しなければならず、両手で車いすの車輪を操作できない。
スライド式のドアでは上記の「押す」と「引く」の問題はないが、たとえスライド式ドアであっても、重くて車いすに座った状態や両手で杖を使用しているときには開けにくいドアもあるので、軽い力で開けられるものが良い。
ドアの取手も通常のノブ式のものは使いにくい。レバー式で軽くカチャッと押し下げると開くものが良い。なおかつ、開けた後で開いた状態が固定できるものが良い。

【参照】

スライド式開閉ドア

スライド式ドアの例

レバー式開閉ドア

レバー式ドアの例

c.ドア-自動扉

支援
自動扉の設置が望まれる。
【参照】

d.廊下

困難
手すりがあると車いす移動の妨げになることがある。
支援
手すりがあっても車いすでの通行に十分な広さにする。また、手すりの前に物を置かない。通路に荷物が置いてあって通りにくくないか確認する。

e.階段

困難・支援
車いすや杖を使用している場合には、階段の利用は著しく困難になる。車いすや杖を使用しない肢体不自由の学生では、階段に手すりがあると昇降の助けになる。滑り止めのゴムがついている階段があるが、この滑り止めゴムが厚い場合には、足に引っかかって転倒などが起こりやすいので注意が必要である。階段はすれ違う時に余裕があるように十分な横幅がほしい。また、急な階段は望ましくない。階段のみでは車いす等を利用する学生は上階に移動できないためエレベーター等の設置が必要である。
【参照】

f.スロープ

支援

屋内・建物の中にもスロープが設置できるのであれば、設置した方が望ましい。ただし、既存の建物に新しくスロープを設置する工事は、費用が多大なものとなる点、工事中に大学の業務に支障をきたす場合もあることや、建物の構造がスロープ設置に耐えられるかなどの多くの点を考慮した上で、実現に向けての検討が必要である。
【参照】

g.エレベーター

困難
障害者用エレベーターが普及してきている。障害者用エレベーターにも幅が狭いものがあり、入る時にスムーズに入れないことがある。また、入り口に少しの段差があると入りにくい。エレベーター内の広さは、方向転換が余裕を持ってできるぐらいに十分な広さのあるものが望ましい。障害者用エレベーター内には手すりがついていることが多いが、エレベーター内の広さが十分でない場合には、この手すりが車いすの出入りや方向転換に差し支えることがある。
支援
事務棟、図書館、共通講義棟、学生センター等、利用頻度の高い建物には障害者用のエレベーターを設置する。ドアが閉まるまでの時間は、30秒程度は必要である。普通の開閉ボタンは手が届きにくいので、車いす用の開閉ボタンがあると良い。なお、車いす用の開閉ボタンには「閉」のボタンがないものがあるが、利用の便を考えると開ボタンと閉ボタンの両方があると良い。さらに、車いす用の緊急時用呼び出しボタンがあると良い。
【参照】

h.室内移動

困難・支援
教室、研究室、事務室等の室内においても様々な困難があり、注意が必要である。机といすなどの配置は車いす移動に十分か確認が必要である。また、床に電気関係などの配線があると車いす移動の妨げになったり、杖が引っかかって転倒する危険がある。事務室では学生に対応するためのカウンターがある場合には、カウンターの学生の側のスペースが十分であるかどうかについても注意する必要がある。
【参照】


関連ページ