2014年9月18日更新

今年に入り、日本国内で中国学歴認証業務を巡る情報について一部混乱が見られたことに鑑み、中国教育部から情報が発出されております。

中国教育部は2014年5月14日付けの公式サイトで、学歴認証業務が継続して行われていること、業務委託されたCHSI中国高等教育学生信息网 が唯一の学歴認証機関であり、同機関の証明書は就職、資格試験、留学において権威を持つ重要なものである旨の声明を発表しております。

また、これまで、日本における学歴認証業務の啓発を目的に学歴認証依頼の代行業務を行ってきたCHSI中国高等教育学生信息网日本代表事務局が、平成26年7月より日本における唯一の学歴認証代理機関としての任命を受け“学歴認証センター日本代理機構”が発足したことが案内されております。

詳しくは下記の資料中国高等教育・学生情報NETのホームページをご確認ください。