Japan Alumni eNews Vol. 97 2017年5月10日

Japan Alumni eNews Vol. 97

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

日本の5月

5月号のLife in Japan by Photoは「日本の5月」をご紹介します。

三社祭

三社祭

カーネーション

カーネーション

柏餅

柏餅

茶摘み

茶摘み

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:訪日観光客の全体の消費額が3兆7千万円に

2016年の訪日外国人全体の旅行消費額は3兆7,476億円と推計され、前年(3兆4,771億円)に比べ7.8%増加した。国籍・地域別の旅行消費額では、中国が1兆4,754億円(39.4%)と最も大きい。次いで、台湾5,245億円(14.0%)、韓国3,577億円(9.5%)、香港2,947億円(7.9%)、米国2,130億円(5.7%)の順となっており、これら上位5カ国で全体の76.5%を占めた。費目(ひもく)別に旅行消費額をみると、買物代(38.1%)が最大となったが、前年(41.8%)に比べ減少した。一方、宿泊料金、飲食費及び交通費が前年に比べ増加した。

NEWS2:留学生インターン受入企業を募集開始

(公財)日本賃貸住宅管理協会が、同協会の会員企業を対象とした、第8回「JPM留学生インターンシップ制度」受入企業の募集を開始した。
同制度は、不動産管理会社が主にアジア圏の留学生に実際の業務を体験させ、就職活動の支援を目的に2010年から実施している。インターンシップの対象者は、日本で就職を希望する者、かつ日本語レベルが日常会話以上ある大学2・3年生、大学院生、専門学校生。7月中旬から8月までの2~4週間が就業期間となる。

現役留学生紹介

禹 梨奈(ウ リナ)

名前:禹 梨奈(ウ リナ)
国籍:韓国
出身大学:関西大学大学院
専攻:心理学専攻
学年:博士課程前期課程 2年
日本留学期間:2011年1月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1



 

日本は、父の仕事により幼いころから親しみのある国でした。父も留学にいくなら日本にした方が安心すると勧めてくれたので、留学先に日本を選ぶことにしました。また、私の専門分野である心理学は、韓国より日本の方が学びの道が広いため、日本で勉強した方がより夢のためにも役に立つと思いました。

日本に来た当初の感想は、親しみのある国だと思っていたのに、意外と外国のイメージでした。街はきれいで、飲食店やコンビニエンスストアなどはとても親切でした。一方で、映画やドラマで見た風景と似ているところも多くて、すごくワクワクした覚えがあります。

現在所属する関西大学大学院では、「ひとり親家庭における子育て支援の在り方」について研究をしております。大学の授業では、1年次には、必修科目と理論から統計、実習まで幅広く心理学に関する授業を取りました。今年は、興味のある発達障害に関する授業や実習の多い授業を主に取りたいと思います。 将来は、育児支援に役立つ有能な児童心理士になりたいと思います。遠い将来には、専門知識や技術を覚えて在日韓国人のための心理クリニックを創り、先進国である日本の多文化政策にも役に立ちたいと思います。

日本でのお気に入りの場所は大阪の天王寺です。渡日後に、最初の一年間通っていた日本語学校がある天王寺に行くと、初めて作った外国人の友達やお世話になった日本人の先生達のことを思い出すからです。当時は、その友達と一緒に京都・神戸・USJ等、色々な場所に遊びに行きました。たくさんの思い出が詰まっている天王寺は、私の大好きな場所です。

好きな日本の食べ物は、あらゆる定食類です。韓国では、ほぼすべての飲食店に行くとおかずは食べ放題です。そのため、おかず一個一個にお金が必要な日本の文化に最初は驚きました。しかし、日本の定食は、他の食べ物に比べて大変な丁寧さが伝わります。一口食べるごとにその丁寧さが伝わり食事が終わるまで幸せな気分になります。

これから留学する学生へのアドバイスとして、自分への挑戦として留学に来ることはとても良いことですが、あまりにも計画なく夢なく来ることは、ただの時間とお金の無駄遣いになると思います。 自分がどうして留学に行く必要があるのか、留学を通して何が得たいのかを留学に来る前に明確に描いてみることもいいと思います。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

流通科学大学 同窓会(有朋会)ベトナム支部発足

2016年12月にベトナム ホーチミン市にて、有朋会ベトナム支部発足会を開催致しました。 近年、ベトナムからの留学生が増加し、本学にも多くのベトナム人が留学をしてきております。今後も本学に入学、卒業をする留学生が増え、日本国内をはじめ母国での活躍を期待し、ベトナム支部設立に至りました。 現地在住の同窓生同士の交流、今後の留学生に向けた母国での就職採用情報の提供といった就職支援など様々な面で、同窓会と大学への支援に取り組んでいく予定です。

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

岡山大学

岡山大学

【プロフィール】(2016年5月1日現在)
学校名:岡山大学
所在地:岡山市北区津島中1-1-1
在籍者数:学部生10,148名、大学院生2,951名
外国人留学生数:学部生194名、大学院生408名

1. 大学の概要

岡山大学は約150年の歴史を有し、11学部・1コース・7研究科・3研究所・附属病院・附属学校を備える全国屈指の国立大学です。岡山大学は、2007年に、持続可能な開発のための研究と教育を推進するため、ユネスコチェアの設置をユネスコに承認されています。また、2015年には、文部科学省から、国際化を進め世界レベルの教育研究を行う大学として、「スーパーグローバル大学」に選ばれています。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

2017年10月から英語で学位が取得できる学士課程プログラムが始まります。 このプログラムでは、世界各地から集まった留学生・帰国生、日本国内の高校出身者など、多様な背景と経験を持つ学生達が協力し、ともに学ぶ姿勢を大切にしています。また、既存の学部・学科の枠にとらわれず、現在の関心や将来の目標にマッチした幅広い科目履修を通じて専門知識を身につけ、グローバルな課題解決に向けて行動できる人を育てます。

3. 外国人留学生への支援の取り組み(住居奨学金・学費減免等の生活支援)

学部生・大学院生で経済的理由により授業料の納入が困難で、かつ学業成績が優秀な者について、授業料の全額または半額が免除されます。

大学を通して、外部の団体による奨学金(文部科学省外国人留学生学習奨励費など)に応募することができます。

岡山大学には4つの留学生寮があり、1年間入居が可能です。また、アパートに入居するための賃貸借契約をする際、「連帯保証人」を見つけることが困難な外国人留学生を対象に、大学が「連帯保証人」となる制度もあります。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(その他就職・国際交流等)

外国人留学生に対し、学習や日常生活について、日本人学生のチューターが助言・協力を行うチューター制度があります。

岡山大学にはL-caféという、日本人学生と外国人留学生が集まり、会話したり、お互いに学び合い、様々な交流活動をする多目的スペースがあります。また、学内外での交流イベントの機会もたくさんあります。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人日中友好会館

事業名:第5回 日中友好岸関子賞

1. 応募資格
中華人民共和国 東北三省(遼寧省・吉林省・黒竜江省)出身の留学生。
2. 審査対象
2016 年~2017 年 3 月の間に日本の大学院の修士論文学位審査に合格した人文・社会科学系の論文。
3. 提出する書類(以下は返却いたしません)
・修士論文コピー2 部(大学院修了年月を明記)
・論文要約 1,500 字以内
・指導教授の推薦状
・パスポートコピー(東北三省出身がわかるページ)
・在留カードコピー
・住所、Eメールアドレス等の連絡先
※論文要約と指導教授の推薦状は任意の書式(A4)
4. 概要
公益財団法人日中友好会館は日本と中国の学術交流に貢献する人材育成のため、故岸関子氏の遺志のもと「日中友好岸関子賞」を設立いたしました。岸関子氏は 「満洲国」の日本人官僚の妻として激動の歴史を生きぬき、自らの体験から正しい歴史認識を伝えていくことの大切さ、「日中友好」の重要性を痛感し、自ら実 践しただけでなく、その志を若い世代が継いでくれることを願っていました。そこで没後の 2013 年より当賞を設立致しました。
5. 奨励金
20万円/件(1あるいは2点表彰予定)
6. 募集締め切り
2017年5月31日(水曜日)当日消印有効
7. 応募書類
郵送先・問い合わせ先:
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-5-3
第5回『日中友好岸関子賞』選考委員会事務局 宛
Tel:03-3814-1261
E-Mail:kourakuryo-k@jcfc.or.jp

公益信託斉藤稜兒イスラム研究助成基金

事業名:公益信託斉藤稜兒イスラム研究助成基金 2017年度奨学生

1. 応募資格
我が国に留学中のイスラム諸国からの大学生または大学院生で、次の条件の全てに該当する者。
(1)学業・人物ともに優秀であり、かつ健康である者
(2)日本語による意思伝達が可能である者
(3)学資の支弁が困難と認められる者
(4)我が国との相互理解と友好親善の促進に関心を持ち、貢献を期する者
なお、本人または配偶者が下記に該当する者は応募できません。
ア.他の奨学金制度の受給者
イ.国費留学生
2. 支給額・支給期間・募集人員
支給額:40万円/人
支給期間:2017年4月から1年間
募集人員:6名以内
3. 応募方法
奨学金を希望する者は、下記の提出書類を所属大学の留学生担当部署から受託者(三井住友信託銀行)へ提出してください。
(1)願書(パスポートの旅券番号・発行年月日・氏名・写真ページのコピー)
(2)在学証明書
(3)成績証明書(日本語習得目的の留学生別課分は除く)
(4)推薦書(学長または所属学部長)
なお、願書等は受託者(三井住友信託銀行)のHPからダウンロードできます。
※応募書類は返還いたしません。また、書式の変更は認められません。

4. 概要
当基金は1990年に設定された公益信託で、イスラム諸国から我が国へ留学中の大学生に対する奨学援助、我が国のイスラム学術研究者に対する助成を行なう ことにより、イスラム学術研究のより一層の振興、及びイスラム諸国との友好親善の促進に寄与することを目的としています。
5. 募集締め切り
2017年5月26日(金曜日)当日消印有効
6. 備考
2018年度以降の本基金実施有無については7. 申請書の郵送先・照会先へ要確認のこと。
7. 申請書の郵送先・照会先
〒105-8574
東京都港区芝 3-33-1
三井住友信託銀行 リテール受託業務部 公益信託グループ
公益信託斉藤稜兒イスラム研究助成基金 申請口
TEL 03-5232-8910(受付:平日 9 時~17 時)
FAX 03-5232-8919

シンポジウム紹介

第11回歴史都市防災シンポジウム

文化遺産や歴史都市を自然災害や人災等から守ることについては、まだまだ早急に解決すべき課題が多いのが現状です。本シンポジウムでは文化遺産や歴史都市の防災に関する討議を行います。

日時:2017年7月1日(土曜日)9時30分〜18時(予定)
場所:立命館大学 衣笠キャンパス (京都府京都市北区等持院北町56-1)

学会紹介

日本語試験紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

就職活動体験談

徐 文昌(ジョ ブンショウ)

名前:徐 文昌(ジョ ブンショウ)
国籍:中国
出身大学:横浜国立大学
専攻:経営学部会計情報学科
日本留学期間:2004年10月~2010年3月
勤務先企業名:ケイ・システム株式会社
日本語レベル:日本語能力試験N1


 

日本での就職を決めた理由は、学生時代に日本での生活は楽しかったので、日本で長く生活したいと思いました。起業するほどのアイデアと資金がなかったので、周りの日本人学生と一緒に就職活動の波に乗って、自己分析と企業研究に没頭しました。 ケイ・システムに就職先を決めたのは、大学で会計情報学科を専攻しており、学んだ会計知識をいかして会計分野のキャリアを築いていきたいと思い、商社・メーカーの経理財務部門を志望しました。

ケイ・システムという会社はシステム系の会社ではなく、キユーピーグループの会計労務業務を全般的に担当している会社です。仕事の主なミッションはキユーピーグループの連結財務諸表を投資家の皆様に無事に開示することです。そのため、海外現地法人の経理財務部門をサポートするのは私のメインの仕事になります。将来の夢は、「経理財務、ERPシステム、英語、中国語」を同時に分かる人材は世の中にまだ少ないと思いますので、私はそれらのレベルを伸ばして自分の存在価値を高めていきたいと考えています。

自己PRと志望動機を書くのは難しかったです。自己分析は、しっかりと自分に向き合って自分の過去を思い出して自分のことを深く考えてみてください。なお、自己分析は一度きりのものではなく、今後のキャリアと生活において、都度に見直していくことが大事です。 また、悩んだときに周りの友人と会話したり、留学生の就活をサポートしてくれる団体の担当者に相談したりしていました。一人で悩まずに周りと共有することによって新しい情報、ものごとの新たな見方を得られました。

企業分析で重要なのはまず足を運ぶことですね。スケジュールがパンパンに埋まるまでに各種セミナー、合同説明会や個別企業説明会などに参加しました。この会社は何のビジネスをやっているか、顧客の需要は何か、企業の供給は何かなど疑問を持って参加することは重要だと思います。

エントリーシート・履歴書はキーワードを絞って簡潔でわかりやすい文書で書きました。 会社人になってからはいかに難しいことをわかりやすい言葉で説明できる能力が問われますので、就職活動の時に意識したほうが良いと思います。

これから就職活動に入る学生さんへのアドバイスとして、就職活動は新たな人生に向かう入り口です。初任給、会社名や勤務地などの見栄えのいい会社を優先的に選ぶのではなく、しっかり自己分析して自分に一番合う企業を選んだほうが仕事は長く続くし、やりがいを感じると思います。

就職情報コーナー

筆記試験

就職活動で行われる筆記試験は、留学生にとって難関の1つになります。多くの企業が選考の始めに筆記試験を取り入れています。何も対策せずに受けても次に進むことはなかなかできないので、事前に対策を取るようにしましょう。

◇筆記試験の種類
就職活動で良く使われる筆記試験は、SPIという適性検査です。受験方法は企業によって異なり、テストセンターという会場に行って受ける方法、自宅のパソコンで受ける方法、企業内の会場にて紙で受ける方法があります。SPIは、言語(国語に相当)と非言語(数学に相当)の基礎的な能力をみる検査と、性格検査で構成されています。似たような適性検査として、玉手箱やGAB・CAB試験といったものもあります。また、企業によっては、独自の筆記試験(作文を書かせる等)を実施するところもあります。志望する企業がどのような筆記試験を使用しているのかを事前に調べ、その企業にあわせた対策を取ると良いでしょう。

◇筆記試験の対策方法
SPIといった適性検査は市販されている問題集がありますので、1冊解いて問題の傾向に慣れておくとよいでしょう。適性検査はいくつかの項目から答えを選択し回答する方式です。制限時間のわりに問題数が多く、時間内で1問あたり1分未満で考え答えを出さなくてはいけない問題が続きますので、問題を解くスピードをあげておくことも大事になります。

留学生にとって筆記試験は、日本語で問題が出ること、そして国語の問題が出ることが壁となります。いきなり試験を出されて慌てないためにも、早めの対策を取るようにしましょう。

5. Visit Japan

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します!5月号は福井県です。

福井県

天空の城 越前大野城(えちぜん・おおのじょう)

越前大野城は、山々に囲まれた大野盆地にある亀山(かめやま)にそびえる城です。麓(ふもと)には城下町(じょうか・まち)が広がり、この城下町が雲海(うんかい)に包まれ亀山だけが浮かんで見える日に「天空の城 越前大野城」が現れます。天空の城は、出現条件が整った日にしか見ることができません。10月~4月末頃の明け方~9時頃まで、さらに前日の湿度が高いこと、前日との気温差が大きいこと、風が弱いことなどの気象条件を満たした時に見ることができます。

福井県立恐竜博物館

福井県は、1989年から勝山市北谷(かつやまし・きただに)で、多くの恐竜化石を発見してきましたが、この成果をもとに、2000年に恐竜に関する国内最大級の博物館としてオープンしました。銀色に光るドームの内部にある展示室は、「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の3つのゾーンから構成されており、42体もの恐竜の全身骨格(こっかく)や、忠実に再現されたジオラマ(diorama=風景の模型)などが展示されています。また、2014年には、恐竜化石の発掘(はっくつ)現場一帯をそのまま展示に活かし、発掘体験ができる全国で初めての施設として「野外恐竜博物館」がオープンしました。

若狭(わかさ)ぐじ

若狭湾で獲れるアカアマダイは「若狭ぐじ」と呼ばれ、昔から京に運ばれており、今なお京料理には欠かせない高級食材として有名です。背開きにしたぐじの鱗(うろこ)を落とさずに、じっくりと焼き上げ調理します。うろこが狐色になるまでこんがり焼いていくと、身と一緒にパリパリとうろこも食べられるようになります。若狭くじをそのまま焼き上げる「若狭焼き」が有名です。京ではこの若狭焼きの善し悪しが、板前(いたまえ)の腕の目安とされるほど伝統のある料理です。

越前(えちぜん)打刃物(うちはもの)

近年、海外でも高く評価されている越前打刃物は、約700年前、京都の名高い刀匠(とうしょう)である千代鶴国安(ちよづるくにやす)が刀を鍛(きた)える水を求めて越前を訪れ、近郊の農民のために鎌(かま)を作ったことから始まりました。現在の越前打刃物は、調理用の包丁や農業・園芸用(えんげいよう)の鎌、鉈(なた)、鍬(くわ)を主製品として造り続けています。

若狭(わかさ)たかはま漁火想(いさりび・そう)

大漁、漁の安全を願う想いから2003年に誕生したイベントです。漁火(いさりび)とは夜間、魚を集めるために照らす漁船(ぎょせん)の火のことです。夜になると水平線に浮かぶ灯は、若狭の夏の風物詩(ふうぶつし)であり、その灯を見た人は、大漁・漁の安全を願っていました。海岸を埋め尽くすキャンドルやおもちゃの花火だけを使った花火師によるショー、水中花火など毎年8月の中旬に行われているお祭りです。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

天ぷら

天ぷら

日本食の代表である天ぷらは、魚介類や野菜等の食材を、水と小麦粉、卵等をあわせた衣をつけて、油で揚げる料理です。 天ぷらは、1573~1603年頃に、キリスト教の宣教師(せんきょう・し)とともに、日本に伝わったと言われています。庶民の料理となるのは、菜種油(なたね・あぶら)の製造が増えた1800年頃からであり、屋台で提供されていたようです。屋台では、手が汚れないように、「天ぷら」を串に刺して提供されていたようです。

天ぷらには、関東風と関西風があり調理方法や食べ方が異なります。関東風の天ぷらは、卵を入れた衣を胡麻油(ごまあぶら)で揚げたもので、こんがりキツネ色に仕上がるのが特徴です。一方、関西風の天ぷらは卵を入れない衣をサラダ油で揚げたもので、白い天ぷらが特徴です。また、関西では野菜中心であったため、自然の味を生かすため天つゆではなく食塩をつけて食べるようになったと言われています。

天ぷらは「たね七分(ななぶ)に腕三分(うで・さんぶ)」といわれます。まずは調理する素材(たね)が上質であることが求められます。あとは技術です。単純な調理方法にみられますが、中身をジューシーに衣をカリッと揚げるためには、非常に難しい技術を要します。ある天ぷらの名人は「天ぷらは蒸し料理だ」と言うように、天ぷらの調理は熱い油で素材を加熱するのではなく、衣の中に素材を閉じ込めて蒸す状態で加熱する料理です。その為、本当においしい天ぷら屋さんは「余熱」を考えながら秒単位で最善(さいぜん)の状態で提供してくれます。

暮らしの情報

便利な情報サイト

災害時情報提供アプリ「Safety tips」(観光庁)
訪日外国人旅行客、および在住している外国人向けに観光庁が作った、災害時に役立つアプリです。英語・中国語(繁・簡)・韓国語・日本語の5言語で提供しています。国内における緊急地震速報(きんきゅう・じしん・そくほう)及び津波警報(つなみ・けいほう)、気象特別警報(きしょう・とくべつ・けいほう)、噴火速報(ふんか・そくほう)をプッシュ型で通知できる他、周囲の状況に合わせた避難行動を示した避難フローチャートや周りの人から情報を取るためのコミュニケーションカード、災害時に必要な情報を収集できるリンク集等を提供しています。

NEWS WEB EASY(NHK)
分かりやすい言葉でニュースを伝えるウェブサイトです。日本語の勉強にも使えます。漢字には全部ひらがなで読み方がつけてあり、難しい言葉には辞書の説明を見ることができます。できるだけやさしい言葉でニュースを書いています。またニュースは音で聞くこともできます。

他言語対応している病院を調べるツール(JNTO)
2月号の本メールマガジンで紹介した、外国人を受入れ可能な病院をしらべるツールが、従来の英語サイトに加え、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、日本語サイトを開設しました。 このサイトは、病院のかかり方や主な症状と診療科目、他言語対応している病院の検索ができます。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2017年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2017年5月号を5月10日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

8. 編集部より

5月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
日本の暦(こよみ)では大型連休であるゴールデンウィークも終わり、5月は、「風薫(かぜ・かお)る五月」といわれるように爽やかな日が増え、1年でも過ごしやすい時期のひとつです。
今月のNIPPON Time Machineでは、日本食の代表である「天ぷら」を取り上げました。天ぷらは家庭でも作られる料理ですが、衣をカラッと揚げるのは難しいですね。これから数ヶ月に一度は日本の食文化を取り上げるので楽しみにしてください。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は6月9日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。