東京日本語教育センターでは在学生のための行事を年間を通じて実施しています。
このページでは、東京日本語教育センターが実施する行事について紹介します。

夏季校外研修会

2016年9月8日(木曜日)から9日(金曜日)まで神奈川県の箱根地域で夏季校外研修会を実施しました。
当センターの授業の一環として、工場等施設を見学し、豊かな自然に触れるとともに、伝統芸能・工芸等を通じて日本の文化等を体験することなどを通して、彼らの留学先であるこの国をより深く理解してもらうことを目的としています。

夏季校外研修会

伝統芸能鑑賞

芦ノ湖遊覧船

国地域別演芸会

秋季校外研修会

2016年11月11日(金曜日)には2016年10月生(1年半コース)対象に秋季校外研修会を実施しました。
新宿駅西口からバス2台で出発し浅草寺にて全員で記念撮影をした後、仲見世散策しました。
その後、お台場に向かい昼食をとり、日本科学未来館を見学しました。日本の伝統文化に触れたり、日本の最新科学技術を体験したりすることによって、今後の日本での学習に意欲を覚え留学生活を積極的に送れるようにするとともに、学生同士の交流を促進させることを目的としています。

秋季校外研修会_浅草寺

秋季校外研修会_日本未来科学館

スピーチコンテスト

2016年9月28日にスピーチコンテストが行われました。1年半コースの学生15名、1年コースの学生8名が参加し、聴衆の前で日頃の日本語学習の成果を発表しました。

スピーチコンテスト

校外授業

5月から6月にかけて日本事情の勉強のために、クラスごとに東京近郊の教育文化施設などに出かけます。
近年は防災学習のため、全クラス東京都の防災館に行っています。 
防災館では、地震の揺れを体験して、地震が起きたときどうすればよいかを学びます。

卒業式

2017年3月13日に、本センターの学生ホールにて、2015年度1年半コース(10月入学)および2016年度1年コース(4月入学)の卒業式が執り行われました。学生たちは、本センターからの卒業と、大学や大学院への進学を祝いあうとともに、先生や学友との別れを惜しんでいました。

卒業式

卒業証書授与