対象

現在延滞状態にあり、延滞開始年月からの猶予事由に合った証明書は提出できないが、途中から現在の期間については証明書が提出できる方。
※「猶予事由に合った証明書が提出できない場合」には、猶予事由がない場合を含みます。

手続方法

「猶予事由に合った証明書を提出できない期間の返還分をご入金いただいた後」に、一般猶予の申請が可能となります。
「入金後の次回返還年月」から1年ごとに、猶予申請書類を作成し、本機構へご提出ください。

申請書類

一般猶予の申請書類は、各事由のページからご確認ください。