1.学力基準

(1) 出身学校又は短期大学における学業成績が平均水準以上と認められる者
(2) 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
(3) 短期大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
(4) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる者

2.家計基準

家計の基準額は、世帯人員、就学者の有無等によって異なります。家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

<収入・所得の上限額の目安>
区分
給与所得者
給与所得以外
3人世帯
国・
公立
自宅
997万円 589万円
自宅外
1,044万円 636万円
私立
自宅
1,042万円 634万円
自宅外
1,089万円 681万円
4人世帯
国・
公立
自宅
1,081万円 673万円
自宅外
1,128万円 720万円
私立
自宅
1,126万円 718万円
自宅外
1,173万円 765万円
5人世帯
国・
公立
自宅
1,284万円 876万円
自宅外
1,378万円 970万円
私立
自宅
1,374万円 966万円
自宅外
1,468万円 1,060万円
給与所得者 ・・・ 源泉徴収票の支払金額(税込み)
給与所得以外・・・確定申告書等の所得金額(税込み)

収入に関する提出書類

○給与所得者 ・・・ 源泉徴収票のコピー
○給与所得以外
【確定申告を確定申告書の持参・郵送により行った場合】
確定申告書(第一表と第二表)(控)の写し(税務署の受付印があるもの)
※税務署の受付印がないものは、加えて市区町村役場発行の「所得証明書」又は「納税証明書」(有料)が必要です。
【確定申告を電子申告により行った場合】
申告内容確認票の写し(受信通知又は即時通知を添付)

※その他の提出書類については学校の指示にしたがってください。

(注) 学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。