独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

ブラジル政府による「国境無き科学」計画のための覚書署名式について

報道関係者各位

ブラジル政府による「国境無き科学」計画のための覚書署名式について

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)では、ブラジル政府が推進する「国境無き科学」計画に協力するため、ブラジルの担当機関である「高等教育支援・評価機構(CAPES)」及び「国家科学技術審議会(CNPq)」との間で、協力に関する覚書への署名式を行います。

1.「国境無き科学」計画の概要
 ブラジル政府は、平成23(2011)年に、ブラジル国内の工学系人材の不足に対応するため、今後5年間に10万人の工学系学生の海外留学を目的とする「ブラジル工学系人材養成のための留学プログラム」を発表しました。

2.日本での取組み
 本計画に基づき、日本において、2013年4月から受入れを開始するべく、現在、準備を進めております。日本では、学部科目等履修生(1年間)、博士課程研究生(1年間)、博士課程(学位取得)での受入れを予定しています。

3.覚書の締結
 本機構では、本計画の実施にあたり、文部科学省及び日本の大学との連携の下、学部科目等履修生(1年間)の受入れに関する業務等を担当するため、ブラジルで本計画を担当している「高等教育支援・評価機構(CAPES)」及び「国家科学技術審議会(CNPq)」と、それぞれ覚書を取り交わすことになりました。覚書の締結後に、ブラジル側で大学生・大学院生に対し日本への留学に関する公募が行われる予定です。

4.覚書署名式
 日時:平成24年7月31日(火曜日)10時00分~10時30分
 場所:文部科学省11階省議室(東京都千代田区霞が関3-2-2)
 署名者:【ブラジル】高等教育支援・評価機構(CAPES)代表
     【日本】独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)代表

国家科学技術審議会(CNPq)からの来日はありませんが、本機構では、国家科学技術審議会(CNPq)との覚書にも署名を行います。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

本件についての問い合わせ先

留学生事業部 留学生事業計画課 吉野 利雄、森朴 憲治
  • 電話03-5520-6111
  • FAX03-5520-6121
  • E-mailinfoja【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。