独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「JASSOについて」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

平成24年度 優秀学生顕彰 選考結果

1. 選考結果

今年度は、106名の応募があり、44名の入賞が決定いたしました。 その内訳をお知らせします。

応募者数と入賞者数

(単位:人)
  応募者数 大賞 優秀賞 奨励賞
学術 19 4 3 4
文化・芸術 31 2 1 6
スポーツ 44 6 4 11
社会貢献 12 1 1 1
合計 106 13 9 22
※奨励金:大賞…50万円、優秀賞…30万円、奨励賞…10万円

2. 入賞者一覧

学術

《大賞》4名

城野 悠志  山梨大学 医学部 4年
糸球体腎炎の治癒過程および腹膜透析に合併する細菌性腹膜炎の発症における小胞体ストレス(応答)の生理学的および病理学的役割を分子レベルで解明。国際学術誌に筆頭著者として、2報発表。国内学会で発表。

戸谷 重幸  長野大学 企業情報学部 4年
画像から肌の表面状態を計測しCG再現できる技術を開発したことで、スマートフォン等で撮影した患者のヘモグロビン、血中酸素飽和度を推定し、貧血症状等の循環器系疾患を手軽に医療診断できるシステムを開発。

廣瀬 裕介  千葉大学 工学部 3年
熱力学と流体力学の両分野に関わるパルスジェットエンジンの実験的研究。自立運転の条件を確立し、推力の高出力化や周波数の増加などに成功。国内学会発表。国際学会発表。日本航空宇宙学会学生賞受賞。

堀 佑輔  札幌医科大学 医学部 6年
ポリフェノールの一種である レスベラトロールが筋ジストロフィー症の治療薬として有用である事を世界で初めて報告。国際学術誌掲載(Highlighted Paper)。国内・国際学会発表多数。

《優秀賞》3名

勇 地有理  大阪府立大学工業高等専門学校  総合工学システム専攻 2年
大学の学部3年生と同じ年に国内の学会で1度発表し、国際学会では2度発表し、国際学会での成果を認められ学会誌に英語で掲載。国際展示会のプレゼンテーション大会で研究内容を発表し1位を受賞。

小市 良祐  長野工業高等専門学校 生産環境システム専攻 2年
RoboCup 2009 Graz Junior Soccer B ・Superteam 3.Place、ロボカップジャパンオープン2009・リーグ優勝、ロボカップジュニア2008蘇州 Junior Soccer・出場、ロボカップジャパンオープン2008・準優勝。

高見 佳志  岡山大学 工学部 4年
鉄とゼオライトから触媒の設計を行ない、有機臭素化物の合成に成功。触媒の進行メカニズムの解明、反応条件の最適化、基質適用範囲の調査、触媒構造を解析。国際学術誌掲載、国際・国内学会発表。

《奨励賞》4名

金子 隆則  旭川医科大学 医学部 6年
掌蹠膿疱症におけるKallikrein-related peptidase 5、7、14の病態関与を明らかにした。国際学会発表及び国際学術雑誌原著論文掲載。掲載雑誌の"Editor's choice"に選出。

亀沢 知夏  東京学芸大学 教育学部 4年
放射線教育。中学校理科「科学技術と人間」にて使用する授業用パンフレット「放射線の軌跡」を作成して出版。表紙に使用された自然放射線による手形画像の撮影条件を決定。国内学会発表(若手優秀講演賞)。

木下 真直  山梨大学 医学部 6年
アストロサイトは細胞間情報伝達物質としてのATPを用い、脳内の恒常性維持や抗うつ薬の薬理学的作用に関与し、脳内環境を調整する重要な役割を担っていることを示した。計6つの主要な国内学会発表。国際誌掲載。

鈴木 尋  岩手大学 農学部 6年
獣医学。赤血球寄生性マイコプラズマの疫学研究を行い、従来より簡便で検出感度が高い手法を開発。また、牛の新たなマイコプラズマ性中耳炎の臨床例についても研究を行い、国内英語学術誌及び国内外の学会で発表。

文化・芸術

《大賞》2名

藤原 晶世  東京芸術大学 音楽学部 3年
〔ヴァイオリン〕第1回東京芸術センター記念ヴァイオリンコンクール・第1位、ウィーン・ベートーヴェン国際コンクール ヴァイオリン部門 18歳以上の部・第2位。   
 
松木 さや  東京芸術大学 音楽学部 4年
〔フルート〕第29回日本管打楽器コンクール フルート部門・第1位。

《優秀賞》1名

田中 伸幸  立命館大学 政策科学部 4年
〔囲碁〕第4回宝酒造杯クラス別チャンピオン戦全国大会名人戦の部・優勝、第22回国際アマチュア・ペア碁選手権大会・第3位、第10回全日本学生囲碁王座戦・優勝、第10回世界学生囲碁王座戦・第6位。

《奨励賞》6名

笠島 未来  富山大学 芸術文化学部 4年
〔デザイン〕Student Starpack Design Award 2012 Brief H Busy Chocolate Sponsor Nestle(イギリス)・Gold受賞、 Recreate Packaging Contest 2012 Category 2 Primary packaging for liquid beauty care product (フィンランド)・Finalist。

佐藤 祐介  昭和音楽大学 音楽学部 4年
〔ピアノ〕第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan 大学・一般部門 全国大会・第1位及び審査員特別賞、第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan 特級部門 全国大会・第2位、第9回チェコ音楽コンクール・第1位、第2回ヨーロッパピアノコンクール in japan 特級部門 全国大会・第2位及び審査員特別賞。

高村 大器  筑波大学 人文学類  4年
〔英語ディベート〕第39回 All Japan Debate Tournament個人・第1位、外務省後援第30回 NAFA Tournament・個人2位、2011年 NAFA褒章表彰会・最優秀選手賞。日米ディベート日本代表として米国チームに勝利。

堀本 範子  立命館大学 産業社会学部 3年
〔囲碁〕第46回全日本女子学生本因坊決定戦・準優勝、第47回全日本女子学生本因坊決定戦・優勝。第22回国際アマチュア・ペア碁選手権大会・第3位。第10回世界学生囲碁王座戦・日本代表第14位。

宮城 志帆  長崎外国語大学 外国語学部 4年
〔スペイン語〕高円宮杯第46回全日本スペイン語コンクール・準優勝、朝日新聞社賞。

横山 大樹  立命館大学 産業社会学部 4年
〔将棋〕第39回全国支部将棋名人戦・優勝、第24回、26回全国オール学生将棋選手権戦・優勝。第5回朝日杯将棋オープン戦1次予選1回戦突破。

スポーツ

《大賞》6名

飯塚 翔太  中央大学 法学部 3年
〔陸上競技〕2010年世界ジュニア選手権大会200m・金メダル、2010年関東学生陸上競技対校選手権大会4×100mリ レー・学生新記録、2011年日本学生陸上競技対校選手権大会200m・優勝、2012年日本選手権大会200m・2位、2012年ロンドンオリンピック 4×100mリレー・5位。

佐藤 冴香  日本体育大学 体育学部 4年
〔バドミントン〕2012年ロンドンオリンピック女子シングルス・ベスト16。

鈴木 聡美  山梨学院大学 経営情報学部 4年
〔水泳〕2012年ロンドンオリンピック200m平泳ぎ・銀メダル(日本タイ記録)、100m平泳ぎ・銅メダル、400mメドレーリレー・銅メダル(日本新記録)。

ディーン 元気  早稲田大学 スポーツ科学部 3年
〔やり投げ〕2012年ロンドンオリンピック・日本代表、2011年世界ジュニア選手権大会・2位、2012年日本陸上競技選手権大会・優勝(大会新記録)、2012年セイコーゴールデングランプリ川崎・優勝。

堀畑 裕也  日本体育大学 体育学部 4年
〔水泳〕2011年世界選手権400m個人メドレー・銅メダル、2012年ロンドンオリンピック・6位。

吉田 胡桃  追手門学院大学 国際教養学部 3年
〔シンクロナイズドスイミング〕2010年シンクロナイズドスイミング日本代表入り、2012年ロンドンオリンピック・5位。

《優秀賞》4名

石橋 千彰  中央大学 総合政策学部 3年
〔水泳〕2012年ロンドンオリンピック男子800mリレー(第3泳者)・9位。

加藤 和  山梨学院大学 法学部 4年
〔水泳〕2012年ロンドンオリンピック 200m個人メドレー・14位、2012年日本選手権水泳競技大会 200m個人メドレー・1位。

清水 亜久里  専修大学 商学部 3年
〔スキー〕ノルディック複合。2011年冬期ユニバーシアード個人マススタート・優勝、2012年開催国内主要大会(全日本スキー選手権、全日本学生スキー選手権大会、国民体育大会冬季大会等)のすべてのタイトルを獲得。

前田 佳代乃  鹿屋体育大学 体育学部 4年
〔自転車競技〕2012年ロンドンオリンピック女子トラック種目出場。世界選手権、ワールドカップ、アジア大会、ユニバーシアード大会等の国際大会で入賞多数。個人種目、団体種目の4種目で12回の日本記録更新。

《奨励賞》11名

糸数 陽一  日本大学 文理学部 3年
〔ウェイトリフティング〕2010年国体・優勝、2011年世界ジュニア大会クリーン&ジャーク・銅メダル、2011年ユニバーシアード大会・6位、2012年全日本選手権大会・大会新記録優勝、2012年アジア選手権大会・5位。

上田 真穂  日本体育大学 体育学部 3年
〔エアロビック〕2011年ユニバーシアード競技大会・5位、2011年全日本学生エアロビック選手権女子シングル部門・優勝。

大竹 舞  日本女子体育大学 体育学部 4年
〔競技ダンス〕2011年ユニバーサルグランプリ・優勝、2011年東部日本ダンス選手権・第3位、2012年東部総局ダンス競技会・優勝、2012年 Tokyo International Open Dance Sport Championships・準優勝、2012年日本インターナショナルダンス選手権・準決勝。

塩浦 慎理  中央大学 法学部 3年
〔水泳〕2011年ユニバーシアード競技大会4×100mメドレーリレー・1位、50m自由形・3位、100m自由形・3位、第87回日本学生選手権水泳競技大会50m自由形・1位(日本記録)、JAPAN OPEN 2012 50m自由形・1位。

新竹 優子  羽衣国際大学 産業社会学部 3年
〔体操〕北京五輪以降、日本代表決定競技会において常に5位以内に入賞。2012年ロンドンオリンピック女子団体・8位。

舘野 哲也  中央大学 商学部 3年
〔ハードル〕2010年日本ジュニア選手権大会400m・優勝、2010年日本学生陸上競技対校選手権大会400m・4位、2011年日本学生陸上競技対校選手権大会400m・3位、2012年日本陸上競技選手権大会400m・3位、2012年ロンドンオリンピック400m出場。
 
田中 幸太郎  早稲田大学 社会科学部 4年
〔レスリング〕2010年ジュニア世界選手権・準優勝、2011年はダン・コロフ国際大会・3位、2011年プレオリンピック・準優勝、2012年アジア選手権・5位、2012年全日本選抜大会・優勝。

仲村 理奈  金沢学院大学 経営情報学部 4年
〔ウェイトリフティング〕2009年世界ジュニア女子選手権・6位、2009年全日本選手権・優勝、第20回世界女子選手権・14位、2011年ユニバーシアード大会・6位、2011年全日本大学対抗選手権大会・優勝。

宮沢 大志  早稲田大学 スポーツ科学部 3年
〔スキー〕2012年FISワールドカップファイナル1.0kmスプリント・11位、2011年FISジュニア世界選手権20kmパシュート・5位、 2012年全日本スキー選手権1.4kmスプリント・1位、2011年全日本クロスカントリー音威子府大会10kmクラシカル・1位、2012年札幌トヨタ杯全日本クロスカントリーレース10km・1位。

山根 エレナ  日本体育大学 体育学部 4年
〔ハンドボール〕2010年女子世界ジュニア選手権・16位、2009年女子アジアジュニア選手権・2位、JAPAN CUP 2012 TOYOTA GAME・1位(MVP受賞)、2012年ヒロシマ国際大会・1位、2011年全日本総合選手権大会・5位。

渡部 善斗  早稲田大学 スポーツ科学部 3年
〔スキー〕2011年FISワールドカップノルディックコンバインド・オーストラリア大会・8位、フィンランド大会・14位、2011年FISワールドカップ団体戦・6位、2011年FISコンチネンタルカップ・4位。2012年全日本コンバインド・3位。

社会貢献

《大賞》1名

加久本 真美  東洋美術学校 クリエイティブデザイン科 4年
地方とのデザイン協働。島根県飯南町『笹塩』企画提案(専門誌掲載)。 福岡県大牟田市『大牟田のいろ』クレヨンづくり デザイン提案・実行(年度内商品化)。自ら団体を設立し、企画・運営。 

《優秀賞》1名

本間 寛人  東北大学 工学部 3年
科学や工学を親子へわかりやすく伝える活動に従事。2010年より宇宙教育ボランティア活動に参加。公民館や小学校、大学研究室と共同開催のイベントを行い、理科を通して次世代を担う少年少女の育成活動を行う。東日本大震災後は被災各地で分団代表として被災地域の子どもたちへ科学実験や工作を行う遊び場を提供する活動に従事し、宇宙子供ワークショップキャラバン実行員会から感謝状授与。

《奨励賞》1名

高野 光輝  長野大学 環境ツーリズム学部 4年
地域の小学生を対象とする環境教育(開放講座・出張授業)を学内外で実践。大学敷地内の森を舞台に「堆肥作り」・「草木染め」イベントなどを実施、教育を通じて環境保全の理念を発信。


(各分野毎に五十音順、敬称略)

3. 選考委員

阿江  通良   筑波大学副学長・教授
今市  涼子   日本女子大学理学部長
尾山  眞之助 大阪大学理事・副学長
川西  正志   鹿屋体育大学副学長・教授
北川  昌伸   東京医科歯科大学教授
栗田  充治   亜細亜大学国際関係学部教授
小林  欣吾   独立行政法人情報通信研究機構 R&Dアドバイザー
齊藤  ゆか   聖徳大学准教授
髙橋  健夫   日本体育大学大学院研究科長
宝木  範義   美術評論家、明星大学造形芸術学部教授
照屋  浩司   杏林大学教授
冨江  伸治   筑波大学名誉教授
丹羽  正明   音楽評論家
長谷山  彰   慶應義塾常任理事
森   利枝   独立行政法人大学評価・学位授与機構准教授
森田  昌嗣   九州大学大学院芸術工学研究院教授
渡辺  健二   東京芸術大学理事・副学長
(五十音順、敬称略)

《日本学生支援機構関係選考委員》
遠藤  勝裕   理事長
髙塩  至 理事長代理
藤江  陽子   政策企画部長

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 政策企画部 広報課
  • 〒162-8412 東京都新宿区市谷本村町10-7
  • 電話03-6743-6011(広報課直通)
  • FAX03-6743-6662

ピックアップ