独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「JASSOについて」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

平成16年度外国人留学生在籍状況調査結果

平成16年12月
独立行政法人日本学生支援機構

1.留学生総数が11万人を超える

平成16年5月1日現在の留学生数 117,302人(過去最高)
(対前年度 7,794人 (7.1%)増)

2.学部及び専修学校の留学生数が大幅増加

大学院 29,514人 (972人(3.4%)増)
大学(学部)・短大・高専 62,311人 (4,400人(7.6%)増)
専修学校(専門課程) 23,833人 (2,600人(12.2%)増)
準備教育課程 1,644人 (▲178人(▲9.8%)減)

3.出身国(地域)の上位5ヶ国(地域)は変化なし 中国が大幅増加

中国 77,713人 (6,899人(9.7%)増)
韓国 15,533人 (▲338人(▲2.1%)減)
台湾 4,096人 (▲139人(▲3.3%)減)
マレーシア 2,010人 (8人(0.4%)増)
タイ 1,665人 (24人(1.5%)増)

注1) この調査は平成15年度まで、外国人留学生の在籍状況を把握し、もって留学生施策に関する基礎資料とすることを目的として、文部科学省が実施していたが、平成16年4月に独立行政法人日本学生支援機構の設立に伴い、本機構に移管されたものである。平成15年度までの数値は文部科学省調べ。
注2) この調査でいう「留学生」とは、「出入国管理及び難民認定法」別表第1に定める「留学」の在留資格(いわゆる「留学ビザ」)により、我が国の大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)及び我が国の大学に入学するための準備教育課程を設置する教育施設において教育を受ける外国人学生をいう。
注3) この調査でいう短期留学生とは、必ずしも(我が国の大学での)学位取得を目的とせず、我が国の大学等における学習、異文化体験、語学の実地習得などを目的として、概ね1学年以内の1学期又は複数学期我が国の大学等で教育を受けて単位を修得し、又は研究指導を受ける外国人学生をいう。
注4) 準備教育課程とは、中等教育の課程の修了までに12年を要しない国の学生に対し、我が国の大学入学資格を与えるために文部科学大臣が指定した課程をいう(平成11年に抜本的な制度改正を行い、新たに課程の指定を行った。)。
注5) 四捨五入した数を使用している表では、内訳の数の合計が、計欄の数と一致しない場合がある。

(1)留学生数の推移(各年5月1日現在)

留学生数の推移

(注) 外国政府派遣留学生は、マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、アラブ首長国連邦、クウェート、ウズベキスタン、ラオス、ベトナム、カンボジア、モンゴル、中国、ミャンマー、フィリピン、バングラデシュ及び大韓民国 の各国政府派遣留学生である。

(2)大学院・学部・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)・準備教育課程における留学生数の推移(各年5月1日現在)

大学院・学部・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)・準備教育課程における留学生数の推移

(3)出身地域別留学生数

出身地域別留学生の割合については、前年と大きな変化はみられず、アジア地域からの留学生が93.4(93.2)%、北米・欧州地域からの留学生が合わせて4.0(3.9)%となっている。
うち、短期留学生については、アジア地域からの留学生が59.0(61.4)%、北米・欧州地域からの留学生が合わせて34.9(31.6)%となっている。

地域名 留学生数 構成比 左のうち短期留学生
留学生数 構成比
アジア
109,520人
93.4%
4,074人
59.0%
(102,089)
(93.2)
(4,146)
(61.4)
欧州
2,974人
2.5%
1,214人
17.6%
(2,759)
(2.5)
(1,045)
(15.5)
北米
1,712人
1.5%
1,193人
17.3%
(1,553)
(1.4)
(1,090)
(16.1)
中南米
1,015人
0.9%
110人
1.6%
(1,019)
(0.9)
(141)
(2.1)
アフリカ
924人
0.8%
40人
0.6%
(914)
(0.8)
(40)
(0.6)
中近東
610人
0.5%
36人
0.5%
(629)
(0.6)
(44)
(0.7)
オセアニア
547人
0.5%
240人
3.5%
(545)
(0.5)
(244)
(3.6)
117,302人
100.0%
6,907人
100.0%
(109,508)
(100.0)
(6,750)
(100.0)
(   )内は平成15年5月1日現在の数

(4)出身国(地域)別留学生数

国(地域)名 留学生数 構成比 国(地域)名 留学生数 構成比
中国 77,713人
(70,814)
66.3%
(64.7)
オーストラリア 348人
(340)
0.3%
(0.3)
韓国 15,533人
(15,871)
13.2%
(14.5)
フランス 339人
(276)
0.3%
(0.3)
台湾 4,096人
(4,235)
3.5%
(3.9)
ブラジル 330人
(353)
0.3%
(0.3)
マレーシア 2,010人
(2,002)
1.7%
(1.8)
インド 327人
(264)
0.3%
(0.2)
タイ 1,665人
(1,641)
1.4%
(1.5)
ドイツ 315人
(311)
0.3%
(0.3)
ベトナム 1,570人
(1,336)
1.3%
(1.2)
カンボジア 283人
(261)
0.2%
(0.2)
アメリカ 1,456人
(1,310)
1.2%
(1.2)
ラオス 263人
(236)
0.2%
(0.2)
インドネシア 1,451人
(1,479)
1.2%
(1.4)
カナダ 256人
(243)
0.2%
(0.2)
バングラディシュ 1,126人
(974)
1.0%
(0.9)
エジプト 237人
(255)
0.2%
(0.2)
モンゴル 806人
(714)
0.7%
(0.7)
イラン 227人
(217)
0.2%
(0.2)
スリランカ 764人
(608)
0.7%
(0.6)
トルコ 157人
(168)
0.1%
(0.2)
ミャンマー 591人
(492)
0.5%
(0.4)
パキスタン 143人
(143)
0.1%
(0.1)
フィリピン 525人
(508)
0.4%
(0.5)
メキシコ 133人
(129)
0.1%
(0.1)
ネパール 462人
(344)
0.4%
(0.3)
ブルガリア 128人
(123)
0.1%
(0.1)
ロシア 366人
(360)
0.3%
(0.3)
その他 3,331人
(3,144)
2.8%
(2.9)
イギリス 351人
(357)
0.3%
(0.3)
117,302人
(109,508)
100.0%
(100.0)
(   )内は平成15年5月1日現在の数

うち、短期留学生をみると、中国・韓国・台湾からの留学生を合わせると、50.3(53.2)%に達する。

国(地域)名 留学生数 構成比 国(地域)名 留学生数 構成比
中国 1,858人
(2,003)
26.9%
(29.7)
フィリピン 40人
(42)
0.6%
(0.6)
韓国 1,268人
(1,252)
18.4%
(18.5)
イタリア 38人
(23)
0.6%
(0.3)
アメリカ 1,082人
(990)
15.7%
(14.7)
ブラジル 37人
(55)
0.5%
(0.8)
台湾 345人
(336)
5.0%
(5.0)
フィンランド 34人
(30)
0.5%
(0.4)
ドイツ 224人
(207)
3.2%
(3.1)
スペイン 29人
(16)
0.4%
(0.2)
フランス 208人
(177)
3.0%
(2.6)
メキシコ 28人
(34)
0.4%
(0.5)
オーストラリア 208人
(207)
3.0%
(3.1)
ニュージーランド 26人
(34)
0.4%
(0.5)
タイ 186人
(188)
2.7%
(2.8)
マレーシア 26人
(30)
0.4%
(0.4)
イギリス 185人
(186)
2.7%
(2.8)
ウズベキスタン 23人
(13)
0.3%
(0.2)
カナダ 111人
(100)
1.6%
(1.5)
ミャンマー 22人
(8)
0.3%
(0.1)
インドネシア 98人
(100)
1.4%
(1.5)
スリランカ 20人
(17)
0.3%
(0.3)
スウェーデン 98人
(73)
1.4%
(1.1)
オーストリア 20人
(15)
0.3%
(0.2)
ベトナム 84人
(51)
1.2%
(0.8)
トルコ 20人
(31)
0.3%
(0.5)
ロシア 70人
(66)
1.0%
(1.0)
ベルギー 18人
(6)
0.3%
(0.1)
モンゴル 49人
(48)
0.7%
(0.7)
ウクライナ 18人
(12)
0.3%
(0.2)
ポーランド 42人
(39)
0.6%
(0.6)
その他 351人
(324)
5.1%
(4.8)
オランダ 41人
(37)
0.6%
(0.5)
6,907人
(6,750)
100.0%
(100.0)
(   )内は 平成15年5月1日現在の数

(5)男女別留学生数

男女別では、男性と女性の留学生数の差が縮まってきている。

性別 留学生数 構成比
59,616人
(56,101)
50.8%
(51.2)
57,686人
(53,407)
49.2%
(48.8)
117,302人
(109,508)
100.0%
(100.0)
(   )内は平成15年5月1日現在の数

(6)国公私立別・在学段階別留学生数

    国立 公立 私立 合計
留学生数 構成比 留学生数 構成比 留学生数 構成比 留学生数 構成比
在学段階 学部 9,084人
(8,344)
15.6%
(15.8)
1,406人
(1,348)
2.4%
(2.5)
47,834人
(43,289)
82.0%
(81.7)
58,324人
(52,981)
100.0%
(100.0)
大学院 19,518人
(19,618)
66.1%
(68.7)
1,302人
(1,262)
4.4%
(4.4)
8,694人
(7,662)
29.5%
(26.9)
29,514人
(28,542)
100.0%
(100.0)
短期大学 12人
(18)
0.3%
(0.4)
51人
(57)
1.5%
(1.3)
3,418人
(4,404)
98.2%
(98.3)
3,481人
(4,479)
100.0%
(100.0)
高等専門学校 422人
(368)
83.4%
(81.6)
0人
(0)
0.0%
(0.0)
84人
(83)
16.6%
(18.4)
506人
(451)
100.0%
(100.0)
専修学校 0人
(2)
0.0%
(0.01)
35人
(40)
0.1%
(0.19)
23,798人
(21,191)
99.9%
(99.8)
23,833人
(21,233)
100.0%
(100.0)
準備教育機関 0人
(0)
0.0%
(0.0)
0人
(0)
0.0%
(0.0)
1,644人
(1,822)
100.0%
(100.0)
1,644人
(1,822)
100.0%
(100.0)
合計 29,036人
(28,350)
24.8%
(25.9)
2,794人
(2,707)
2.4%
(2.5)
85,472人
(78,451)
72.9%
(71.6)
117,302人
(109,508)
100.0%
(100.0)
(   )内は平成15年5月1日現在の数

(7)専攻分野別留学生数

専攻分野 留学生数 構成比
社会科学 40,551人
(36,245)
34.6%
(33.1)
人文科学 28,106人
(26,990)
24.0%
(24.6)
工学 15,415人
(14,472)
13.1%
(13.2)
教員養成等 3,508人
(3,292)
3.0%
(3.0)
医歯薬学等 3,010人
(3,149)
2.6%
(2.9)
芸術 3,000人
(2,821)
2.6%
(2.6)
家政 2,904人
(2,485)
2.5%
(2.3)
農学 2,700人
(2,583)
2.3%
(2.4)
理学 1,384人
(1,433)
1.2%
(1.3)
その他 16,724人
(16,038)
14.3%
(14.6)
117,302人
(109,508)
100.0%
(100.0)
(   )内は平成15年5月1日現在の数

(8)地方別・都道府県別留学生数


(人)
地方名 留学生数 都道府県 留学生数 地方名 留学生数 都道府県 留学生数
北海道 1,957
[1.7%]

(1,960)
([1.8%])
北海道 1,957(1,960) 近畿 20,375
[17.4%]

(19,118)
([17.4%])
三重 812(739)
滋賀 339(281)
京都 4,734(4,532)
大阪 9,728(9,033)
兵庫 3,752(3,522)
奈良 835(876)
東北 3,168
[2.7%]

(3,165)
([2.9%])
青森 424(390) 和歌山 175(135)
岩手 261(259) 中国 5,010
[4.3%]

(4,912)
([4.5%])
鳥取 211(218)
宮城 1,805(1,809) 島根 175(166)
秋田 125(131) 岡山 1,727(1,595)
山形 223(251) 広島 1,991(1,968)
福島 330(325) 山口 906(965)
関東 59,585
[50.8%]

(54,293)
([49.6%])
茨城 2,872(2,648) 四国 1,699
[1.4%]
(1,895)
([1.7%])
徳島 336(352)
栃木 1,401(1,182) 香川 512(512)
群馬 1,457(1,361) 愛媛 628(797)
埼玉 5,353(4,824) 高知 223(234)
千葉 5,828(5,260) 九州 11,632
[9.9%]

(10,912)
([10.0%])
福岡 5,466(5,136)
東京 38,041(34,625) 佐賀 299(308)
神奈川 4,633(4,393) 長崎 1,182(1,162)
中部 13,876
[11.8%]

(13,253)
([12.1%])
新潟 1,596(1,599) 熊本 608(579)
富山 487(473) 大分 2,726(2,336)
石川 1,138(1,023) 宮崎 241(289)
福井 285(287) 鹿児島 562(573)
山梨 670(668) 沖縄 548(529)
長野 663(609) 計 117,302 [100.0%] 109,508 [100.0%])
岐阜 1,625(1,699)
静岡 1,440(1,252)
愛知 5,972(5,643)
(   )内は 平成15年5月1日現在の数

(9)留学生宿舎の状況

○留学生総数 117,302人 (前年度比 7,794人増)
○公的宿舎入居留学生数 27,623人 (前年度比 264人増)

設置者別留学生宿舎の状況

参考

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

問い合わせ先

留学生事業部留学情報課 企画調査係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6111
  • FAX03-5520-6121
  • E-mailsurvey【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。