独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

平成25年度 障害学生支援セミナー【1】 東海地区障害学生高等教育支援交流会 開催報告

平成25年度 障害学生支援セミナー【1】は、 障害学生支援に関する情報を広く提供することにより、障害学生支援の質の向上に資することを目的として、障害学生修学支援ネットワーク拠点校の日本福祉大学と愛知教育大学の協力を得て下記のとおり開催しました。

  • テーマ:共に見つめ直す障害学生支援
  • 日時:平成26年2月2日(日曜日)9時45分から16時30分
  • 会場:愛知教育大学
  • 主催:独立行政法人日本学生支援機構、日本福祉大学、愛知教育大学
  • 後援:愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
  • 参加対象:全国の高等教育機関の教職員、中部地域の地域関係機関(高等学校を含む)の教職員及び関連企業関係者、高等教育機関の障害学生及び支援活動をしている学生
  • 参加人数:100名

1.開催概要

 本セミナーでは、日本学生支援機構小山学生生活部副部長、愛知教育大学都築副学長の開会挨拶の後、午前は、文部科学省高等教育局学生・留学生課の辻課長補佐からの行政説明、筑波大学竹田教授による「障害学生の修学支援における合理的配慮」と題した基調講演を行ないました。
 午後からは「視覚障害学生支援」「発達障害学生支援」「聴覚障害学生支援」「肢体不自由学生支援」の4つの分科会に分かれて討論・意見交換を行ない、全体会議においての分科会報告、日本福祉大学障害学生支援センター長の柏倉教授より挨拶をいただき閉会となりました。
 本セミナーは高等教育機関教職員、高等学校教員、障害者支援機関、学生との交流を目的とする東海地区障害学生高等教育支援交流会との合同企画であり、参加者からは「多くの立場・視点から同じテーマで話し合うのは有効だと思う」「分科会に障害学生が参加しているのが大変よかった」などの感想が寄せられ、アンケート調査の結果、「概ね満足」「十分満足」をあわせて89.4%の満足度でした。

2.プログラム

以下の配付資料の無断転載を禁止します。著作権は講演者または各資料の作成者に帰属します。

開会・主催者挨拶

9時45分から10時00分
日本学生支援機構 学生生活部副部長 小山晴巳
愛知教育大学 理事・副学長 都築繁幸

行政説明「障害のある学生の修学支援状況」

10時00分から10時30分
文部科学省 高等教育局学生・留学生課 課長補佐 辻直人

基調講演 「障害学生の修学支援における合理的配慮」

10時30分から12時30分
講師:竹田一則先生(筑波大学・人間系教授、筑波大学障害学生支援室 室長)

障害学生支援に関する案内、パンフレットなどの展示

12時30分から13時30分

分科会

13時30分から15時45分

分科会1 「視覚障害学生支援」

テーマ:視覚障害学生への合理的な配慮について
コーディネーター:柏倉秀克(日本福祉大学)、青柳まゆみ(愛知教育大学)
話題提供者:安田真之(京都産業大学)

分科会2 「発達障害学生支援」

テーマ:発達障害学生への合理的な配慮とは?
コーディネーター :田倉さやか(日本福祉大学)

分科会3 「聴覚障害学生支援」

テーマ:共に見つめ直す障害学生支援
コーディネーター:藤井克美(日本福祉大学)、小田侯朗(愛知教育大学)

分科会4 「肢体不自由学生支援」

テーマ:肢体不自由学生の学外実習における合理的配慮とは?
コーディネーター:浅原千里(日本福祉大学)
話題提供者:渡邊忍(日本福祉大学)

分科会報告

16時00分から16時20分

閉会の挨拶

16時20分から16時30分

日本福祉大学 障害学生支援センター長・教授 柏倉秀克

閉会

16時30分

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

ピックアップ

  • イベントカレンダー
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド