独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

学生生活支援

Q1 学生生活に関わる支援にはどんなものがありますか。

 支援の対象となる機会としては、学校が主催する教育行事(入学式、オリエンテーション、卒業式等)、学生寮等の学生支援関係施設の利用、学生相談 や就職指導、授業外の修学指導、学内移動、フィールドワークや学外実習における移動、またこれらに関する各種情報(開催案内、休講情報等)の入手、奨学金 の申請手続き等があります。
また、施設・設備の必要に応じた改修、危機管理に関する配慮、教職員や学生とのコミュニケーションに関する配慮、心理面・健康面に関する配慮等も重要です。

Q2 緊急時や災害時の対応や安全確認について教えてください。

 発作等の緊急時や災害時の対応については、学生の障害の様態や特性を考慮し、危機予測、安否確認、応急処置、関係連絡先、避難方法、人的体制等に関する 緊急対応マニュアルを整備しておく必要があります。避難訓練等も、障害の様態や特性を考慮して実施する必要があります。例えば避難指示の出し方について各 障害の特性に合わせた配慮を工夫することができます。車いす利用者等肢体不自由学生については、搬送法の検討が必要でしょう。また、障害学生の在籍につい て、地域の関係機関と情報を共有しておくことも重要です。

Q3 施設・設備のバリアフリー化について教えてください。

 障害のある学生が安全かつ円滑に学生生活を送ることができるよう、整備が必要となる場合があるものは、段差や階段、トイレ、ドア・出入口、食堂、 案内掲示、教室の構造やスペース、机やイス等多岐にわたり、施設改修には工事に要する時間や費用の問題もあります。また動線など物理的なバリアだけでな く、情報保障のための設備検討も重要です。障害学生の在籍状況等を踏まえ、施設に関する合理的な整備計画を立て、計画的にバリアフリー化を進めることが必 要です。
 また、図書館や情報処理室、実験・実習室、体育施設、学生寮等の共同利用施設の利用についても、他の学生と同様に利用できるよう、障害の様態や特性に応じた教育機器や支援技術の導入、人的支援体制の整備等が必要です。
 施設・設備の計画に際しては、ユーザーである障害学生や担当 教職員と施設整備担当職員の綿密な打ち合わせが必要です。整備後に、実際の使用に適さないと判明するようなことにならないよう、ニーズを詳細に把握すると ともに、現場で当事者とともにシミュレーションを行なう等、効果的な整備が行なえるよう留意しましょう.。

Q4 心理面・健康面に関する配慮について教えてください。

 障害のある学生が周囲と適切な人間関係を構築するためには、集団におけるコミュニケーションについて配慮するとともに、他の学生や教職員が障害について理解を深めることが重要です。
 学習の見通しが立てられるようにする、周囲の状況を判断できるようにする、健康状態に応じて学習内容や学習方法を柔軟に調整する等、障害に起因した不安感や孤独感の解消が図れるような配慮も必要です。
また、自らの障害について理解や自覚が不十分であったり、不安を抱いている人もいます。本人の障害理解と保護者の理解に差があることもあります。そのよう な学生については慎重に相談に乗りつつ、その学生がもつ具体的な困りごとの対応に向けて支援するようにします。
 個人情報の取り扱いについては、あらかじめ情報共有の範囲(授業担当教員、関連教職員、他学生、学外連携機関など)について確認しておくことも求められます。情報共有範囲の設定は、支援を適切に行うために必要場合がある点を理解してもらうことが重要になります。
 学生にとってわかりやすくアクセスしやすい相談窓口を設置し、いつでも相談に対応できる体制を整備しておきましょう。

ピックアップ

  • イベントカレンダー
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド