独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

実技2

【内容】
 ノートテイカー(メイン、サポート)の連携やサポートの方法に関する知識と習得のための実技を行なう講習用教材です。他に、ディスカッションでのノートテイク方法や、ノートテイク中の困ったケースなどの対応方法についても説明します。

【カリキュラム】

時間配分(分)
累計時間(分)
内容
5
5
導入 講習のポイント
10
15
説明 交代やサポートについて
25
40
実技
10
50
説明 ディスカッション等のノートテイク
10
60
説明 ノートテイカーのマナー、こんな時どうしたら?Q&A

【運営にあたって】

1.スタッフ

講師
 実技に関する説明を行なう。実技を巡回確認し、アドバイスを行なう。

聴覚障害学生
 参加者のノートテイクについてコメントをする(評価をする)。

ノートテイク経験者
 実技を巡回確認し、アドバイスを行なう。

2.座席等レイアウト

聴覚障害学生が参加できるなら、聴覚障害学生の両脇に参加者を着席させる。

3.資料

1枚を講習会用、もう1枚は支援を始めてからの振り返り用に使用するよう説明する。

4.使用物品 ( )内は使用場面

黒板またはホワイトボード (実技説明および模擬講義用)
OHCまたは書画カメラ (ノートテイク投影用)
プロジェクター (ノートテイク投影用)
スクリーン (ノートテイク投影用)
紙、ペン (ノートテイク用)

ピックアップ

  • イベントカレンダー
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド