独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

支援ガイド_共通_災害時の支援

 障害のある学生には災害時に一層の困難が生じることを認識し、普段から本人と対策を話し合っておくことが大切です。また、日常の支援を通して地域の役場、近隣の大学等や関係機関との間で構築される連携が、災害時に大きな助けになると考えられます。各大学等の実状に合わせて、障害のある学生一人ひとりの特性に配慮した支援計画を立てておくことが重要です。

障害種別参照先

障害種別に応じた災害時の支援に関する詳細は、各章を参照してください。

共通確認事項

確認事項
学内支援体制 障害のある学生本人からの申告に基づき、災害時に必要な支援を把握した上で、必要な範囲で関係の教職員等に周知しておく。
避難方法と経路、及び被災場面に応じた支援方法を決めておく。
緊急時の所在や安否情報、被災状況等を確認するための体制を構築し、関係者間で連絡手順を確認しておく。
障害のある学生本人の同意のもと、保健管理センター等と医療情報を共有しておく。
情報取得・配信 大学等が、緊急の情報をリアルタイムで受信できるシステムを構築する。
障害のある学生と大学等で、連絡手段となるツールを相談しておく。
インターネット等を活用して、学生への情報発信に努める。
設備・訓練等 避難時に必要な設備・機材等を適切な場所に配置し、使用方法を周知した上で、シミュレーションをしておく。
障害のある学生の避難方法や経路を確認するための避難訓練を実施する。
教職員や周囲の学生を対象とした理解啓発講座や、障害のある学生自身の防災・減災意識を高めるための防災教育を実施する。
緊急時に、必要な支援の要望を周囲に適切に伝えることができるよう、本人の主体性を育てると共に具体的な方法を確認しておく。
連絡先の確認 ・避難や支援等に関わる情報の入手先や、医療機関・支援機関等の連絡先を確認しておく。
・市区町村役場(防災担当課)
・災害時拠点病院
・周辺医療機関
・近隣の大学等
・支援団体

ピックアップ

  • イベントカレンダー
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド