独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

日本留学経験者の声(タンチャノック・スィウシンさん/タイ)

タンチャノック・スィウシンさん

タンチャノック・スィウシンさん
○Saipanya School卒業
○高校1年次途中から1年間、奨学金プログラムで津田学園高校(三重県桑名市)に1年留学、高校2年次に奨学金プログラムでアメリカの高校に1年留学
○日本語能力試験(JLPT):N2(2010年度第1回)
○高校でのGPA:3.06(満点4.00)
○デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科入試に合格、2014年4月入学
○JASSOの学習奨励費給付予約制度(EJU成績優秀者枠・2013年度第1回)を利用、月額48,000円の奨学金の4年間(通常修業年限)の受給資格を得ている。
(2014年3月時点)

1.大学選び、受験、合格に関すること
(1)なぜ日本に留学しようと思ったのか?
高校時にAFS奨学金プログラムにより、三重県桑名市の津田学園高校に1年留学。日本の文化や社会に興味を抱き、日本がきちんとしていることに好感を抱いた。
(2)日本留学のどのようなところに魅力を感じたか?
特に高校留学のときに、先生の教え方について、生徒の興味を引き出すような、どこかからコピーしてきたようなものではない独自のアイデアで教えてくれるように思えた。生徒は授業以外にクラブ活動も含めて何かに夢中になり、クリエイティブだと感じた。
(3)どうやって合格大学の情報を得たか?
芸能関係の仕事をしている知人に、大学を紹介してもらった。
(4)他の日本の大学や、タイの大学への進学希望、情報収集は?
受験を検討した大学の情報はJASSOタイ事務所からの紹介等で得たが、タイの大学への進学については、デジタルハリウッド大学に合格したので情報収集しなかった。タイで進学するならば、チュラロンコン大学の教養学科に先輩がいて言語学を勉強していたので、ここに興味を持っていた。また、日本では、知り合いがいる慶應義塾大学や明治大学の文学部にも興味があった。しかし、出願に間に合わなかった。これらの情報は、知り合いやwebサイトを通じて探した。またJASSOのwebサイトも参照した。
(5)どうやって大学との連絡をとったか、またその時困ったことは?
日本語のメールで連絡を取り、十分に情報が得られた。たまに返事が遅れることがあったが、特に問題はなかった。
(6)大学での二次試験の内容、そのためにどんな準備をしたか?
出願書類としては、高校の成績証明書、卒業(見込)証明書、EJU結果(必須ではない)、JLPTのN2合格証、志望動機等のエッセイ。二次試験は面接。自己紹介、今まで何をしてきたか、将来何をしたいかなどを日本語で話した。その後、質疑等。
(タイには、デジタルハリウッドバンコク校があり、そこでの面接も可能と伺っていたが、敢えて東京に面接を受けに行った理由は。)
他校の受験のために渡日していたこともあり、用があるのなら直接会って話すのが当然のことだと思ったため。
(7)大学から合格通知を受け取ったときの気持ちは?
嬉しい。面接が終わった後、合格するのではないかなという気がしていた。家族も合格に喜んでくれている。
(8)入学できてよかったことは?
これから学ぶ場がはっきりできた、という気持ち。きっと好きになっていくと思う。CG、アニメ、デザイン、コミュニケーション論、言語など学んだことのない様々なことを学ぶことができそうで、ワークショップもあり、短期留学制度もあると聞いている。
(9)これらの進学の準備を進めるに当たり、JASSOタイ事務所のスタッフの対応はどうだったか?
ありがたかった。希望に合った進学先を自分で探すのは困難で、探してもらったほうが早いし、大学への連絡も代わりにしてもらったほうが便利で、わかりやすかった。
(10)その他、日本の大学の外国人留学生入試で望むことは?
出願の際の共通基準があったほうがよい。オンラインでの出願が望まれる。各大学のwebサイトを調べても、肝心の学費の情報はとても見つけにくかった。連絡を取ろうと思っても、メールアドレスも見つけにくく、担当者の名前も書いていない。
留学生入試のない大学もあったので、webに、留学生入試のある大学一覧があれば便利だと思う。また、英語で学べる大学一覧、EJUを利用する大学一覧があれば便利だと思う。(注:英語で学べる大学一覧とEJUを利用する大学一覧はJASSOのwebサイトに掲載しているが、本人は利用していなかったとのこと。)

2.EJUに関すること
(1)日本語の学習方法、難しいところは?
EJUについては、全ての科目、対策講座を行っているバンコクの塾で勉強した。
第1回試験は、試験日直前までアメリカ留学しており、父に申し込んでもらった。
帰国後、準備する時間がほとんどなかった。
読解は、内容を理解できても、選択肢を選ぶところで迷う。2つに絞っても、どちらにするかなど。「筆者はどういう考えか」などといった問いは、他に例がなく、難しい。聴解・聴読解は、JLPTのN2に比べて大変難しく感じる。聞いてわからなくはないが、内容は複雑で1回だけしか聞けないのが困難。聴解のマークシートを、選択肢毎に塗りつぶすのも大変な作業。
(2)総合科目の学習方法、難しいところ、タイで学習しないものは?
人名や社会制度等を覚えること、経済の知識を身につけること等が大変だった。
アメリカ留学時に、第1次世界大戦などについて学んだことが役に立った。
(3)数学(コース1)の学習方法、難しいところ、タイで学習しないものは?
大問のⅠ、Ⅱ、…毎に、マークシートの塗り始める位置を変えることに気付くまで時間がかかった。

3. その他
(1)将来は?
日本で仕事が見つけられたらと思っている。大学で何を専攻するかはっきりと決めていないが、いろいろなことが学べそうだから、そのうち一つを選んで仕事にし、あとは趣味にするなど。今やりたいと思うことをやっていきたい。
(2)同じように日本の大学(学部)に進学を希望する後輩に、一言メッセージを!
日本への進学の希望を抱いたら、1年前ぐらいから準備を十分に進めた方がよい。
どこへ行きたいかによって、何を準備しなければならないかも変わる。
そして、EJUは当日の試験に慣れるため、事前に過去問題を解き、試験を受けてみること。受けてみればどんな試験かわかるし、試験の考え方(何を問うているのか、何を求めているのか)もわかると思う。