独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.106)

Japan Alumni eNews Vol. 106 2018年2月9日

Japan Alumni eNews Vol. 106

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名
  • 上記内容を明記のうえ、次のアドレスまでお送りください。
  • alumni-newsletter【@】jasso.go.jp
    ※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

日本の思い出(読者からの写真)

2月号のLife in Japan by Photoは「日本の思い出」をご紹介します(敬称略)。

1月の紅葉

マリア ハステュティ(インドネシア)
高知学園短期大学
タイトル:1月の紅葉

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:東北の文化や経済、復興を学ぶ「訪日教育プログラム」を開始

復興庁が実施する「『新しい東北』交流拡大モデル事業」において、海外の大学に在籍する外国籍学生、国内留学生を対象に、東北地方の伝統文化や東日本大震災からの復興状況を、ワークショップや地元住民との交流を通じて学ぶ「訪日教育プログラム」が2018年1月から開始しました。6つの体験型プログラムを通じて、母国への情報発信や交流人口の拡大を目指します。

現役留学生紹介

プラット マリヤ

名前:プラット マリヤ
国籍:アメリカ合衆国
所属大学:立命館大学
専攻:国際関係学部
学年:4年生
日本留学期間:2014年4月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1


 

留学先を日本に選択した理由は、小学生1年生の時から海外駐在の日本人の子供が通う学校で、週に1回日本人学生と共に国語、算数と社会を学ぶことができました。また、それだけではなく、多くの日本人の方に助けてもらいながら日本語を学ぶことができ、日本人と日本文化にたくさん触れ合ってきました。そこで、日本に住むことでしか知ることができないことを知り、日本のより深い理解を求めて日本に留学を決めました。

大学での研究内容については、国際政治の中の「個人」に注目しています。特に個人の経験や考え方の違いがどのようにして国際社会に影響を及ぼしているのかに関心があります。例えば、テロリストは私たちと共通点のない他人でしょうか?もちろん、彼らの行為は悲惨なものです。しかし、彼らの行為のもとにはどのような経験や考え方があるのかを知ることも誤解を解く第一のステップです。そして、この研究の精神「相手を深く知ろうとする思い」は国内外問わず、人間関係の中で信頼が生まれるために優先させなければいけないものであると考えています。

日本で好きな場所は京都です。休日は、自転車や徒歩で今まで通ったことのない道をサイクリングや散策をするのが好きです。今まで知らなかった遺跡や店と出会うこともできます。

将来の夢は、日本で働くことを通して一緒に働く日本人や顧客となる日本人のアメリカ人に対するイメージをよりポジティブなものにすることです。また、私自身が日本をより理解してアメリカの人と分かち合うことでアメリカ人の日本への印象をよりポジティブなものにすることができたら良いと思います。

日本への留学を考えている方へのアドバイスとしては、留学するのであれば、ぜひ日本人の友達をいっぱい作ってくださいということです。また、学生だけではなく、その他の現地の方と仲良くなってください。地域の方々と出会うには、日常的に行くお店の人やボランティア、インターンシップやアルバイトのように様々な機会があります。私は、これらと同時に教会や児童館の方にも半年ほど通いました。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

名古屋大学全学同窓会 海外支部

名古屋大学全学同窓会は、国内に3支部、海外に15支部(韓国、バングラデシュ、上海、タイ、北京、ベトナム、カンボジア、モンゴル、ウズベキスタン、台湾、ラオス、ミャンマー、インドネシア、フィリピン、マレーシア)を設置し、各地で活動を行っています。留学生を含む同窓生等の活動を把握し、大学と連携しながら情報交換と人的交流を促進する拠点を形成しています。

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

関西学院大学

関西学院大学

【プロフィール】(2017年10月現在)
学校名:関西学院大学
西宮上ケ原キャンパス:兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
西宮聖和キャンパス:兵庫県西宮市岡田山7-54
神戸三田キャンパス:兵庫県三田市学園2-1
大阪梅田キャンパス:大阪市北区茶屋町19-19
在籍者数:学部生 24,180名、大学院生 1,025名
外国人留学生数:学部生 428名、大学院生 127名

1. 大学の概要(歴史・理念等)

関西学院は、伝道者の育成とキリスト教主義に基づく青少年教育をめざし、1889年にアメリカ・南メソジスト監督教会の宣教師、W・R・ランバスによって創立されました。ランバスは、「世界市民にしてキリストの使徒」というランバス家の記念碑銘どおり、グローバル・サーバントとしての生涯を送りました。今日、関西学院は「世界市民」というランバスの生き方を現代に受け継ぎ、積極的に国際交流・国際貢献に取り組んでいます。2017年現在、関西学院大学の外国人留学生は約700名、協定を締結している海外の大学は約200校。こうした環境のもとで世界的に社会貢献する人間を育成します。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

関西学院大学は、11学部(神、文、社会、法、経済、商、人間福祉、国際、教育、総合政策、理工)と14研究科で構成される総合大学です。

また、「グローバル・アカデミック・ポート構想」を2015年からスタートし、副専攻プログラムとして、学部では「国連・外交プログラム」、大学院では「国連・外交コース」を新設しました。「国連・外交コース」では、全科目英語での授業(演習形式)が行われ、国際機関等でのインターンシップに2~3ヶ月程度参加することを必修としています。

3. 外国人留学生への支援の取り組み(住居奨学金・学費減免等の生活支援)

・関西学院大学私費外国人留学生授業料減免
私費外国人留学生(在留資格「留学」を有し、一定の条件を満たすもの)を対象に本学が授業料の一部を減免する制度です。減免額は授業料の30%です(2018年度の減免額は未定)。

・関西学院大学大学院外国人留学生奨学金
成績優秀で経済的援助を必要とする外国人留学生に、奨学金を支給します。
一定の条件を満たす新入生全員が対象者です(2年生以上は外国人留学生数の50%を上限に採用)。学部生の場合、奨学金支給額は授業料の20%相当額です。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(その他就職・国際交流等)

日本での就職を考えている外国人留学生の方は、「日本語でのコミュニケーション」が最も大切です。そのため学内では、ガイダンスや実践的な練習ができる個人面談、筆記試験対策のプログラムを用意しています。学外では、大阪雇用サービスセンター、大学コンソーシアムひょうごと連携して、外国人留学生のインターンシップを実施し「日本の企業」に触れる機会を設けています。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人 生命保険文化センター

事業名
2018年度 生命保険に関する研究助成
1. 概要
公益財団法人 生命保険文化センターは生命保険制度の健全な発展のためのさまざまな事業を通じて、国民生活の安定向上、国民の利益の増進に寄与することを目的に事業を実施しております。本研究助成は、若手研究者の生命保険及びこれに関連する研究を支援すること、並びに当該研究の成果を日本国内へ還元することを目的としています。
2.助成対象者
日本国内の大学の大学院生(博士後期課程)、助教、講師、准教授、その他これに準ずる研究者とします。(共同研究の場合も、すべての研究者研究者全員がこれ上記のどれかに当てはあまる必要があります。)
さらに、以下の(1)から(4)に当てはまること。
(1)大学院生の場合は、将来日本国内の大学で活動することを志望している方
(2)同一(類似)テーマで本研究助成又は他の研究助成団体から過去にどの団体からも助成を受けていないこと(初めて助成申請するテーマであること)
(3)個人研究及び共同研究の代表者の場合は、本研究助成での過去の助成回数が4回までであること
(4)研究形態は個人研究・共同研究いずれでも可。ただし、共同研究の場合の研究者数は代表者1名を含め5名以内
3. 助成対象テーマ
生命保険およびこれに関連する分野の研究を対象とします。当該関連する分野とは、例えば、生命保険事業や生命保険を取り巻く法制、会計、IT・金融、ファイナンス等の様々な制度に関するもののほか、生活保障や生活設計、消費者行動に関する研究など生命保険にアプローチが可能な分野も含まれます。具体的には、商学・経営学、経済学、法学、家政学、社会学、消費者教育学、数学・統計学といった幅広い学問分野による「生命保険及びこれに関連する」研究が対象です。
4. 助成の申請手続
「7.問合せ先」に記載のURLより所定の研究助成申請書類をダウンロードし、ご提出ください。なお、大学院生については、個人研究又は共同研究代表者の場合、指導教授の推薦書を添付してください。
5. 助成金額
50 万円(上限)
6. 応募締切
2018年4月30日(月曜日)まで(必着)
7. 問合せ先
(公財)生命保険文化センター保険研究室 研究助成係
〒100-0005 千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル3階
TEL:03-5220-8512
FAX:03-5220-9090
E-mail:gakujutsu【@】jili.or.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

M&Aフォーラム

事業名
第12回M&Aフォーラム賞
1. テーマと条件
・M&Aに関わる著書、研究論文(M&Aと法律・経済・経営・会計・税務・社会・文化等との関係について論じたもの)で、理論的・実証的・実務的な分析を論じたものとします。
・日本語で書かれたもので、原則として2017年4月から2018年3月までに発表された著書、論文で、経済専門誌、総合雑誌、各種機関誌等に掲載された論文も可とします。
また、大学院、大学、各種専門学校を含めた学生の方々につきましては、修士論文、博士論文、卒業論文も対象に加えます。(外国人留学生の応募も可能)
・対象となる著書および論文いずれも、執筆者ご自身の応募による作品に限定いたします。
2.提出方法
・「6.問い合わせ」に記載のURLをアクセスし、所定の応募用紙(A)(B)にご記入のうえ、作品要旨(1,000字程度、様式自由)もあわせてURL記載の提出先にご提出ください。
・応募の著書(論文)は必ず同じものを2部ご提出ください。応募された著書、論文は返却できませんので、あらかじめご了承ください。
3. 応募締切
2018年4月30日(月曜日)までとし、当日の消印も有効といたします。
4. 審査・発表・表彰
・応募著書、応募論文は、M&Aに関するさまざまな分野の主導的な研究者や実務者の第一人者で構成される選考委員会で審査を行います。
・入選者には2018年8月末を目途に本人宛に通知するとともに、M&Aフォーラムのホームページにて発表を行います(通知は入選者のみに行います)
・入選者の表彰および賞の贈呈は2018年9月下旬から10月上旬を予定しております。
5. 賞金
・M&Aフォーラム賞正賞「RECOF賞」1篇 賞状・副賞50万円
・M&Aフォーラム賞奨励賞「RECOF奨励賞」1篇 賞状・副賞10万円
・M&Aフォーラム 選考委員会特別賞「RECOF特別賞」(社会人を含む学生対象)
 1篇 賞状・副賞10万円
6. 問い合わせ
M&Aフォーラム 事務局
〒102-0082 東京都千代田区一番町10番地 ソテイラビル3階
一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 内
TEL:03-5216-7315
FAX:03-5216-7316

シンポジウム紹介

陸前高田グローバルキャンパス大学シンポジウム2018

本シンポジウムは、主に陸前高田市内及び周辺で活動・研究してきた学生や研究者など、大学関係者同士の相互理解の増進と関係性の深化を目的として開催しています。今年度は気仙地域管内の高校生、中学生や市民団体等の方々にも発表の場を広げ、大学関係者との理解と交流を深めることにつなげられればと考えております。

日時:2018年3月3日(土曜日)~3月4日(日曜日)
場所:陸前高田グローバルキャンパス

学会紹介

日本語試験紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • <外国人材活躍推進プログラム>
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
     プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等
  • <外国人留学生対象イベント>
  • JOB博 東京
  • (株式会社パソナ)
    日時:2018年3月16日(金曜日)12時~18時
    場所:JOB HUB SQUARE
    (東京都千代田区大手町2-6-2)
    対象者: 大学・大学院を卒業または卒業予定の方(2019年卒、2018年卒見込、既卒)
  • 外国人留学生 JOBFAIR
  • (株式会社ワークス・ジャパン)
    日時:2018年3月20日(火曜日)10時~17時
    場所:秋葉原 UDX GALLERY
    (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F)
    対象者:外国人留学生(日本の大学・大学院を2018年4月~2019年3月卒業・卒業予定の方)
  • ランズジョブフェア 2019
  • (株式会社ロジックアンドサプライズ)
    日時:2018年3月21日(水曜日)13時~18時
    場所:ブリーゼプラザ小ホール
    (大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7、8F)
    対象者:2019年3月卒業見込の方、2019年9月卒業見込の方
    2018年3月卒業後も就職活動を継続される方、第二新卒者
    研究機関等で勤務するポスドク・研究者の方

就職活動体験談

王玮(オウウェイ)

名前:王玮(オウウェイ)
国籍:中国
出身大学:広島修道大学
専攻:商学研究科(修士)
日本留学期間:2002年4月~2010年3月
勤務先企業名:広島修道大学
日本語レベル:日本語能力試験N1

 

私は2002年4月に来日しました。中国では師範学校を卒業後、ビジネスやマーケティングなどについての専門知識を勉強する為に、留学することを決心しました。留学先を日本に選択した理由は、日本は中国の隣国であり、当時アメリカに次いで、第二の経済大国であったからです。

在学中、学業以外に一番力を入れたことは日中の友好に関わる活動でした。卒業後も日中友好の架け橋になる仕事をしたく、まず日本で就職することを決めました。日中友好の仕事は中国でもできますが、せっかく日本で8年間留学したので、日本での就業経験を積み重ねたいと考えました。

現在は広島修道大学の職員として国際センターで働いています。主に留学生の受け入れや、日本人学生の派遣などの業務を担当しています。他に本学の多文化交流・多言語学習施設「iCafe」で活動するiCafeピア学生と一緒にiCafeで開催する交流イベントなどの企画、iCafeの運営に携わっています。将来の夢は、広島修道大学を全国の中でも学生満足度が高い大学にする事です。

就職活動での自己アピールは、在学中に学業以外に行ったボランティア活動への参加や、日本人に中国語を教えた事、日中友好のために頑張った事などをアピールしました。そして、自分の性格をPRするために、アルバイトのエピソードを話しました。

私が就職活動の準備で一番力を入れた事は、自己分析と企業研究です。企業側にとって、なぜうちに入りたいのか、入社後企業にどんな貢献ができるのか、そして社風に合うかどうかは採用されるポイントだと思います。

これから就職活動を行う後輩へのアドバイスとしては、まず、「将来自分は何をしたいのか」、「なんの為に就職したいのか」を考える事が大切だと思います。そして、自分に自信を持ち、就職活動を楽しみながら、目標に向かって頑張ってほしいと思います。

就職情報コーナー

OB・OG訪問

就職活動では、興味のある業界や企業の研究を行うことが重要です。業界や企業のことをより詳しく知るためには、ホームページや書籍で調べるだけでなく、実際にその業界や企業で働いている人に話を聞くことも必要です。OB・OG訪問とは、在籍している学校の卒業生の中で、興味ある業界や企業に所属している方に連絡を取り、話を聞きに行くことを言います。

訪問する先輩を探すには、1.学校から紹介してもらう、2.企業から紹介してもらう、3.自身が所属しているサークルやアルバイトなど周囲から紹介してもらうなどの方法があります。

業界や企業のイメージアップにもつながるため、多くの企業が積極的に取り組んでいます。また、学生との接点でもあるため、訪問時の面談の内容を採用担当部署に共有するなど選考材料の一つとして考えている企業もあります。そのため、「先輩だから何でも聞いてよい」と思い、遠慮せずに聞きすぎた結果、礼儀を欠くような態度で失礼だと受け取られてしまい、その後の選考に悪影響を与えることもあります。聞きたい質問は事前に考えておき、相手の時間を割いてもらっていることへの感謝を伝えましょう。

5. Visit Japan

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します!2月号は大阪府です。

大阪府

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

東のディズニーランド、西のユニバーサル・スタジオ・ジャパンと言われるほど人気のテーマパークで、多くの大ヒット映画の世界観が再現されています。アジアからの観光客も多く、年間800万人以上が訪れる大阪最大の観光スポットです。

黒門市場(くろもん・いちば)
  • 黒門市場(くろもん・いちば)

黒門市場は、地元の人だけでなくプロの料理人も利用する庶民的な市場として親しまれてきました。難波(なんば)駅から徒歩5分の商店街は、魚や肉などの食料品店、日用品店や飲食店などおよそ180の店があります。最近は、外国人観光客が集まる活気のある市場としても有名です。高級食材の河豚(ふぐ)の刺身、マグロ、生カキ、ほたて貝の天ぷら、焼きたての神戸牛などが食べ歩きできることで外国人観光客から人気があります。

お好み焼き
  • お好み焼き

西日本地域、特に大阪のソウルフードとして有名です。水に溶いた小麦粉の生地に、野菜、肉、魚介類など好みの材料を入れ、鉄板の上で焼き上げ、ソース・マヨネーズ・青のりをかけて食べるものです。お好み焼きには、広島風と関西風があり、関西風はみじん切りにしたキャベツと具材を全て混ぜ合わせた後に鉄板で焼きます。また、食感を軽くするために生地の中に山芋を混ぜ込むことが多いです。そうすることで生地が厚く、ふっくらとした軽い食感を楽しむ事ができます。

堺刃物(さかい・はもの)
  • 堺刃物(さかい・はもの)

16世紀後半にポルトガルから伝わったタバコが国内で栽培され、タバコの葉を刻む包丁が大量に必要になり、堺で初めて「タバコ包丁」が作られるようになりました。その切れ味の良さから、江戸時代には、幕府から「堺極(さかいきわめ)」の印を受け、専売品として全国各地に販売されました。
堺刃物は、伝統的な火造り、刃付け、研ぎ(とぎ)の手法を完全な分業体制にすることで作られており、丁寧に仕上げられた堺の包丁は、プロの料理人からも高く評価されています。

岸和田(きしわだ)だんじり祭
写真提供:岸和田市
  • 岸和田(きしわだ)だんじり祭

大阪府岸和田市で行われる祭りで、だんじりとは祭礼に奉納される山車(だし)の呼び方です。山車というのは、祭礼の際に引いたり担いだりする出し物のことで、祭りでは、だんじりを2本の綱をつけ大人数で勢いよく走りながら進みます。祭りの花形は両手にうちわを持ってだんじりの屋根の上に乗る大工方(だいくがた)で、その指示によって、4トンを超えるだんじりを勢いよく走りながら直角に向きをかえる「やり回し」が有名です。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつりは、1950年に、北海道の札幌(さっぽろ)で地元の中・高校生が6つの雪像を大通(おおどおり)公園に設置したことをきっかけに始まりました。雪合戦や雪像展、カーニバル等を合わせて開催し、その後は札幌の冬の行事として市民に定着しました。
現在は、毎年2月の上旬に開催され国内外から約200万人以上が訪れる札幌の冬の一大イベントとなりました。大通公園では約1.5キロメートルに渡り大小さまざまな雪氷像が並び、日没から22時までライトアップされます。また、1974年から国際親善を目的に、海外都市からの派遣による「国際雪像コンクール」が開催され、国際色豊かな雪像を見ることもできます。2018年はフィンランド、ハワイ、インドネシア、オーストラリア、マカオ、ポーランド、シンガポール、タイ、アメリカ、中国、大田広域市(韓国)、ポートランド市(アメリカ)のそれぞれの国・地域・都市を代表する12チームが参加します。

暮らしの情報

花粉症

花粉症

日本では2月になると毎年花粉症に悩む方が増えてきます。花粉症はアレルギー性鼻炎の1つで、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが主な症状です。日本では花粉症を引き起こす植物はおよそ50種類ありますが、スギ花粉症患者がもっとも多く、症状が重くなると、皮膚のかゆみや頭の重苦しさ、だるさや不眠、集中力の低下など、全身にさまざまな症状があらわれることがあります。

花粉症の対策
・マスクやメガネをかけて花粉を取り込む量を軽減しましょう。また、花粉が付着しやすいウール素材の衣類は避けましょう。
・帰宅の際は玄関で上着や髪についた花粉を振り払い、手洗いやうがい、洗顔をして花粉を洗い流しましょう。
・花粉症の症状を悪化させないためにも、正常な免疫機能を保つことが大事です。睡眠をしっかりとって1日3食バランスの取れた食事を心がけましょう。

政府広報誌等

文化・スポーツ等を含む日本の広報資料の紹介です。

  • We are Tomodachi Vol.26 Autumn 2017
  • 世界中の友人に日本の魅力と世界との関係性を紹介する広報誌です。秋号では、国際貢献をテーマに、日本型教育の海外展開、アフリカにおける農業支援、そして日本の中小企業による途上国開発支援を紹介しています。また、日本人女性で初めて国連事務次長をつとめる中満泉氏からの寄稿のほか、大阪2025世界万博、福島県の食の安全などの記事を掲載しています。
  • Highlighting Japan #113 October
  • 海外の方に日本のことをもっと知ってもらいたいとの思いで発行している広報誌です。「安全・安心の技術」、「和食」、「日本の文化遺産」など様々なテーマを取り上げながら、月に一度発行しています。10月号の特集は「対日投資」。より魅力的な投資環境とするための様々な政策、テーマパークやインテリア雑貨店など最近の投資事例などもご紹介します。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2018年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。
文部科学省による留学コーディネーター配置事業との連携も行っています。
2018年度の日本留学フェア開催予定については、2月中旬に以下のページにて発表予定です。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2018年2月号を2月13日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

8. 編集部より

2月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
2月4日は、春が始まる日「立春(りっしゅん)」と呼ばれています。古い日本の暦(こよみ)の上では、この日から春になります。梅の花が咲き始め、徐々に暖かくなり、春の始まりとなります。今月のNIPPON Time Machineでは、北海道で開催される「さっぽろ雪まつり」を紹介しています。暮らしの情報では、「花粉症」について紹介しています。
日本では、2019年3月に卒業する学生向けの就職活動が3月1日から本格的に始まります。本メールマガジンでも就職活動に役立つコラムやイベント等の情報を提供していますので、日本での就職を考える方は参考にしていただき、しっかり準備してください。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は3月9日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook