独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.78)

Japan Alumni eNews Vol. 78 2015年10月9日

富士山と紅葉

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名

「日本の10月」

10月号のLife in Japan by Photoは「日本の10月」をご紹介します。

竜田川
竜田川
竜田川 秋の田んぼ
竜田川 秋の田んぼ
アケビ
アケビ
菊の花
菊の花

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

「留学生ニュース」

NEWS 1:大阪NPO団体、留学生ボランティアガイドを採用

急増する外国人旅行者らに対応するため、大阪城公園を中心に無料で観光ガイドを続けているNPO法人「大阪観光ボランティアガイド協会」が、今夏に中国、台湾、ベトナムからの留学生11人をボランティアガイドとして採用した。無償で交通費も支給されないが、「自分の成長につながる」「大好きな大阪を伝えたい」と多くの留学生から応募があったという。留学生ガイドの募集は今後もおこなう予定。

NEWS 2:留学生の就職者数、過去最高に

2015年7月の法務省発表によると、外国人留学生が日本での就職を目的におこなった在留資格変更の申請数が1万4170人、許可数が1万2958人に達し、過去最高を記録したことがわかった。主な就職業種は上位から「翻訳・通訳」「販売・営業」「情報処理」「教育」で、全体の約6割が従業員数300人以下の中小企業への就職。最終学歴は大学卒が5872人、大学院卒が4483人となっている。

「現役留学生」紹介

氏名:鄭雅方(Zhen Ya Fang)さん
国籍:台湾
留学先大学:早稲田大学 大学院商学研究科
留学期間:2012年4月~
日本語能力レベル:日本語能力試験1級

私が中高生のころ、台湾では日本のテレビ番組が多数放送されていたこともあり、日本への興味はずっと持っていました。大学に進学し、台湾と日本の学生の交流を目的とした団体「台湾日本学生会議」に参加し、日本人の友人もでき、実際に留学したいと考えるようになりました。
ただ、大学での専攻は音楽で、日本に留学する機会がなかったため、卒業後は、オーケストラの楽団員になりました。打楽器の担当として2年ほど働いていたのですが、まわりの楽団員との演奏技量の差を感じることが多く、自分はずっとこの仕事を続けられないだろうと感じていました。そこで、思い切って仕事をやめ、大学生のときにできなかった日本への留学をしようと決めたのです。
まず千葉県の麗澤大学留学生別科日本語研修課程に研究生として留学しました。知っていたのはひらがなだけで、話すことも書くこともまったくできなかったのですが、なんとか半年ほどで日本語能力試験1級を取得することができました。語学学校とは異なり、大学の施設を利用でき、寮にも入れるので、日本人学生との交流もあり、日本語の勉強がしやすい環境だったのがよかったと思います。
別科の在籍期間は1年だけなので、その後は自力で大学院の受験勉強をしました。ビジネスに関わる研究をしたいと考えていたのですが、ゼロからの受験勉強に苦労しました。昨年無事に早稲田大学大学院に進み、今はエンターテインメント業界の成功事例を分析し、どうすればイノベーションが起こせるか、という研究をしています。無事に修士課程を修了したら、博士課程に進み、最終的には日本で就職もできれば素晴らしいですね。
留学は学生のときにするものと思われていますが、私がそうであるように、社会に出てからでも、異なる専攻でも、挑戦してみるとなんとかなるものです。諦めてしまった、という人も今から再挑戦してみてはどうでしょうか。

帰国留学生会リスト

  • スペイン
  • 在スペイン元文部科学省留学生の会
  • URL:
  • http://www.aemej.org/
  • (スペイン語のみ)

帰国留学生対象事業紹介

在日本留学生会協議会(CISA)

在日本留学生会協議会(以下CISA)は、省庁や企業と交流しつつ、ビザや雇用の側面も含めて留学生の生活環境向上に加え、日本人学生と留学生同士の交流、そして留学生同士間の交流促進を目指して、2013年4月に設立されました。
各国留学生会による協議機関であり、現在、在日モンゴル留学生会、台湾留日東京同学会、在日マレーシア留学生会、在日ベトナム学生青年協会、在日シンガポール留学生協会、在日ネパール青年協会、在日スリランカ留学生協会、在日インドネシア留学生協会、在日本トルコ人留学生協会、在日本パキスタン留学生協会、在日本サウジアラビア王国留学生会、在日ペルー人学生・卒業生協会の12留学生会に参加いただいており、日本側代表としては日本学生会議所(UNISC Japan)が参加、運営の支援をおこなっております。

留学生向けの起業支援

CISAには設立以降、留学生や帰国留学生の中から「日本でビジネスをするには何が必要か」「工場を作るから支援してほしい」「母国に帰国後、日本でビジネスを展開するサポートがほしい」などのご相談が多く寄せられました。
そこで2015年2月より、留学生・帰国留学生向けの起業相談、ビジネスサポートをおこなうことになりました。各国留学生会の中央組織だからこそ可能な、すでに日本でビジネスを成功させている在日外国人や元留学生、各国外交官などとの人的交流の支援といった部分から、ビジネス日本語の習得や銀行口座の開設まで、幅広いサポートをさせていただきます。

在日本留学生会協議会(CISA)
在日本留学生会協議会(CISA)

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

東京都市大学

  • 【プロフィール】(2014年5月1日現在)
  • 名称:東京都市大学
  • 所在地:
  • 世田谷キャンパス:東京都世田谷区玉堤1-28-1
  • 等々力キャンパス:東京都世田谷区等々力8-9-18
  • 横浜キャンパス:神奈川県横浜市都筑区牛久保西3-3-1
  • URL:
  • http://www.tcu.ac.jp
  • 在籍者数:学部生7231名、大学院生565名
  • 外国人留学生数:学部生40名、大学院生14名

東京都市大学は、1929年に創立された武蔵工業大学と1938年に創立された東横学園女子短期大学という2つの学校の統合によって、2009年に誕生しました。統合によって工学系、文理複合系学部に文系学部を加え、科学技術から生活福祉までの幅広い領域を網羅する6学部18学科体制となりました。
本学はかつて、「工業教育の理想」を求める学生たちが中心となって創設された、学生の熱意が創り上げた大学です。この優れた精神を継承しながら、新しい時代と社会の要請に応えるため、現在は「持続可能な社会発展をもたらすための人材育成と学術研究」を理念に掲げています。
「持続可能な社会発展」というのは、環境を損なうことなく社会を発展させることです。単に、自然環境、地球環境という狭義の意味ではなく、社会的な環境も含んだ広義の環境です。

最先端の研究領域をそろえた大学院

大学院は工学系の研究領域をカバーする工学研究科、環境や情報、都市に関わる研究を深化させるための環境情報学研究科の2つの研究科で構成されます。
工学研究科は、1966年に開設され、修士課程・博士後期課程(9専攻)に加え2010年に早稲田大学との間で共同原子力専攻 (修士課程・博士後期課程)が設置されました。専門学力を生かし、国際的に活躍できる語学力を養い、社会構造の変化に迅速に対応できる幅広い応用力と実践力を身につけ、課題を解決できる能力を有する技術者・研究者を「育成すべき人材」としての目標とし、他大学や研究機関あるいは企業との共同研究などを積極的におこない、高い教育レベルと充実した研究内容を誇っています。
環境情報学研究科は、 2001年に開設され、現在、修士課程(1専攻・4領域)・博士後期課程(1専攻・2領域)が設置されています。一言でいえば、「地球環境と調和する人間活動」や「人にやさしい情報活動」および「都市生活環境における持続可能な諸活動」を対象にして、これら活動を可能とするための本質を探求し、具体的な活動をどうデザインし、どう実践していくかを研究するとともに、その研究の体験を通して行なう総合的な高等教育によって、これからの社会で必要とされる広い視野をもつ実行力のある人材を育成することを目指します。

東京都市大学
東京都市大学
東京都市大学
東京都市大学
東京都市大学
東京都市大学

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人日本科学協会

  • 事業名:笹川科学研究助成
  • 概要:
  • 本助成は1988年度から日本財団の助成金を受けて実施している研究助成事業です。人文・社会科学及び自然科学(医学を除く)に関するものを対象にし、課題の設定が独創性・萌芽性をもつ研究、発想や着眼点が従来にない新規性をもつ若手の研究を支援します。
  • 対象となる研究:
  • 1. 学術研究部門
  • 一般科学研究
    人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究を対象とします。
  • 海洋・船舶科学研究
    「海洋学および海洋関連科学」ならびに「船舶および船舶関連科学」の研究を特別に奨励するもので、その成果が海洋・船舶関係に直結する研究を対象とします。 なお、「海洋・船舶科学研究」には海洋の物理、化学、水産、地学、環境、船舶、海洋機器など理学系および工学系の研究テーマの他に、経済、法律、政治、歴史、文化など人文・社会科学系の研究テーマも助成対象に含まれます。
  • 2. 実践研究部門
  • 学校、NPOなどに所属している者が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向けて行う実践的な研究や、学芸員・司書等が、博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を対象とします。
  • 助成額: 1件あたりの助成額の上限は、学術研究部門は100万円、実践研究部門は50万円とします。
  • 応募期間:
  • 学術研究部門 2015年10月1日~2015年10月15日(17時)必着
  • 実践研究部門 2015年11月1日~2015年11月16日(17時)必着
  • 注意事項:
  • 申請方法については協会該当ページを確認してください。
  • 研究計画は、期間内(2016年4月1日~2017年2月10日)に達成し、成果をとりまとめられるものとします。
  • 問い合わせ:
  • 公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
  • 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル5F
  • TEL:03-6229-5365
  • FAX:03-6229-5369
  • e-mail:josei@jss.or.jp
  • URL:
  • http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

奨学金・助成金・招へい等紹介・体験談

  • 財団名:公益財団法人 みずほ国際交流奨学財団
  • 事業名:外国人留学生奨学生
  • 応募資格:
  • 外国の国籍を有し、在留資格が“留学”の者。
  • わが国の大学学部に在籍する正規学生、もしくは大学院正規生または同課程相当の研究に従事する研究生で、専攻分野が人文・社会科学系列である者。
  • 本財団奨学生となった場合、奨学金給付期間中は他の奨学金を受けないこと。
  • 推薦を受ける大学に2016年4月より2年間は在籍し、国内で就学すること。
  • 応募方法:在学中の大学が本財団からの推薦依頼を受けているかを大学担当窓口に確認し、推薦が確認できたら、応募用紙一式を大学事務局より入手、記入のうえ、大学長(事務局)宛に提出のこと。
  • 募集期間:大学の担当窓口に確認。(財団締切は2015年11月末日予定)
  • 支給金額:月額12万円
  • URL:
  • http://homepage1.nifty.com/fbifyume/index.html
  • 財団名:公益財団法人 長谷川留学生奨学財団
  • 事業名:長谷川留学生奨学財団2016年度奨学生
  • 応募資格:
  • アジア各国からの留学生。
  • 都内の私立、国公立大学に在籍する学部生および大学院生で、学長または学部長の推薦を得た者。
  • 都内に在住の留学生。
  • 応募方法:奨学生志願者は所定の申請用紙、写真、評価基準の明記された在籍大学既習成績証明書(修士課程・博士課程前期の1年次の場合、大学4年生時の成績証明書)、出身国最終学歴における成績証明、在籍大学の学長または学部長の推薦状、その他専攻により現在の研究テーマを有する場合はその研究概要の書類、資料を用意し、在籍する大学を通じて、本財団事務局に提出すること。
  • 募集期間:大学の担当窓口に確認。(財団締切は2015年11月末日予定)
  • 支給金額:月額8万円
  • URL:
  • http://www.hasegawa-zaidan.or.jp/

学会紹介

  • (文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)
  • 産業・組織心理学会
  • http://www.jaiop.jp/

「日本語試験」紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • 外国人材活躍推進プログラム
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を今年度から新たに実施します。
     プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 東京外国人雇用サービスセンター

就活体験談

マヌエラ・レオン(Manuela Leon)さん

氏名:マヌエラ・レオン(Manuela Leon)さん
国籍:ブラジル
出身校:東京都市大学
専攻:電気電子工学
日本留学期間:2006年4月~2013年3月
会社名:ソニー株式会社
日本語能力レベル:日本語能力試験1級

高校卒業後すぐに来日し、2年間日本語学校に通ったあと、武蔵工業大学(現東京都市大学)に入学しました。電子工学を学んでいましたが、エンジニアや研究者になるのではなく、ブラジルで多くの革新的な商品を流通させているソニーの本社で働きたいという希望があり、そのためには工学分野を専攻しておく必要があるのだろうと考えたのです。
日本語はブラジルでも勉強していたのですが、「しゅうかつ」の意味が「就職活動」の略語だと知ったのは、3年生になり、学内で就活セミナーが開催されるようになってからです。「業界研究」や「エントリー」など、知らない言葉ばかりで無事に日本で就職できるのかと不安でしたが、経験の有無に関係なく一斉に採用活動がおこなわれるシステムはよいと思いました。
就活セミナーでは少しでも疑問があれば、質問をどんどんしました。就職活動は独特のルールや言葉があるので、曖昧なままにしないではっきりさせることが重要だと考えたのです。また、情報を共有するために、就活をしている学生や企業の担当者と話ができる機会が多い合同説明会に頻繁に参加していました。
基本的には教えられたとおりに就職活動をしていましたが、リクルートスーツを着るのには納得がいかず、ジャケットにベスト、スラックスの3ピーススーツで面接や説明会に出ていました。ソニーの面接では「自分を一番表す私服を着てくるように」と指定されていたので、かなり派手で目立つワンピースを着ていった記憶があります。入社してからも感じることですが、留学生を採用する企業が欲しいのは日本人のような外国人ではありません。普段は外国人として、日本人らしく振る舞ったほうがよいときは日本人らしくできるのが、留学生の武器ではないでしょうか。
結果が出るまではとても不安でしたが、最初の内定が出てからは、やればできると考えられ、就活を楽しむことができました。皆さんも、貴重な日本での就職活動を、楽しむつもりで頑張ってください。

就職情報コーナー

OB・OG訪問について

「OB・OG訪問」とは、その名の通り興味のある業界や企業で働いている大学などの先輩を訪ね、実際の仕事内容、社内の雰囲気についてたずね、業界、企業研究の参考にすることです。
会社紹介のパンフレットやウェブサイト、説明会で提供される情報はもちろん、インターネット上でも基本的な企業情報や業界についての話を得ることはできますが、こうした情報は不特定多数の人に向けたものであり、業界や企業のすべてが把握できるわけではありません。実際に働いている人から、業界の実態や企業の社風など、生きた情報を得るのが理想的ですが、簡単に企業の社員に質問をする機会は得られませんし、面接や説明会で人事担当者に聞きにくいテーマもあります。そうしたときに活用したいのが、OB・OG訪問です。
OB・OG訪問に必要なのは、当然ですが訪問する先輩です。「OB・OG」とは、自分が所属している学校組織の卒業生を指し、学校の就職課や在籍する研究室の教員の紹介をはじめ、部活やサークルの先輩にあたってみるという方法が一般的です。面識のある先輩でなければ訪問してはいけないわけではないので、留学生協会や学会組織など、自分の持つ人脈を上手く活用し、紹介を依頼することも可能です。
アポイントを誰かが手配してくれるわけではないので、自分でメール、電話などで訪問する先輩にコンタクトを取り、訪問日時を決めます。相手は忙しい社会人なので、気を使うべきポイントやマナーがあることを忘れないようにしましょう。
訪問を受ける先輩は、基本的にはボランティアとして引き受けてくれています。就活生ということでお話をきく機会は学生の特権ですが、それに甘えず、礼儀を欠かさないようにしましょう。

5. Visit Japan

愛知県

日本を旅行してみませんか? 日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します! 10月号は愛知県です。

博物館明治村
  • 博物館明治村

犬山市にある野外博物館で、明治時代の貴重な建築を保存するため1965年につくられた。
現在では約100万平方メートルの敷地に、札幌電話交換局、京都聖ヨハネ教会堂など12件の重要文化財を含む67件の建造物が移築復元されている。村内では明治時代初期の電車や蒸気機関車に乗ることもできる。

香嵐渓(こうらんけい)
  • 香嵐渓(こうらんけい)

豊田市足助にある渓谷で、イロハカエデ、ヤマモミジなど約11種類、4000本のもみじが色づく紅葉の名所。1634年、この地にあった香積寺の三栄和尚が「美しい自然をより美しく」との願いを込めて植えたのが始まりといわれる。11月1日~30日には、「香嵐渓もみじまつり」が開催され、期間中は日没から21時までライトアップされる。

味噌煮込みうどん
  • 味噌煮込みうどん

土鍋に出汁と豆味噌をベースにしたつゆ、うどんを入れて煮込む愛知県の郷土料理のひとつ。歯ごたえのある硬めの麺と濃厚なつゆが絶妙にマッチする。熱いので土鍋の蓋を取り皿にして、冷ましながら食べるのが一般的。残ったつゆにごはんを入れて雑炊にしてもよい。

瀬戸染付焼(せとそめつけやき)
  • 瀬戸染付焼(せとそめつけやき)

瀬戸市とその周辺の地域で生産される陶磁器。藍色を基調にして、鳥、花などの自然画が繊細に描かれている。窯の温度を一定時間高温のまま維持する「ねらし」の工程を入れ、釉薬を熟成させるのが特徴。これにより、下絵が柔らかく潤いのある製品となる。1997年、国の伝統工芸品に指定された。

名古屋まつり
  • 名古屋まつり

1955年に始まった名古屋市最大の祭り。日本の歴史をつくった織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑役が一般公募から選ばれ、約600人を従えて名古屋市の中心部を行進する。郷土芸能祭などの行事や、名古屋城・東山動植物園をはじめとした観光施設の無料開放も行われ、街全体が祭り一色に染まる。2015年は10月17日、18日に開催予定。


愛知県観光ガイド
http://www.aichi-kanko.jp/

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

季節を感じる月の呼び名「和風月名(わふうげつめい)」


日本では通常、月の名前は「1月」「2月」と数字で表しますが、別の呼び方として、「睦月(むつき)」や「如月(きさらぎ)」といった和風月名があります。旧暦をもとにしているので、現在の暦とは1、2か月のずれがありますが、季節の移ろいを感じさせることから、その月にふさわしい呼び名として親しまれています。名前の由来はさまざまな説がありますが、代表的なものをいくつかご紹介します。
睦月の「睦」は「仲睦(なかむつ)まじい」の意味で、1月は正月で親戚一同が集まり、仲睦まじく過ごすことに由来しています。2月の如月は現在の暦では3月の半ばで、まだ寒さが残っているため、衣を更(さら)に着る「衣更着」が「きさらぎ」になったと言われています。
10月は神無月(かんなづき)。「無」を「の」の意味ととらえ、「神の月」とする説と、「ない」の意味として「神がいない月」とする説があります。10月は年に1度、全国の神々が島根県にある出雲大社に集まり、会議を行う大切な月とされています。神様が留守になるので全国的には「神がいない月」ですが、出雲では逆に「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。神々の会議のテーマは「人の縁にかかわるすべて」であるという言い伝えから、出雲大社は縁結びのご利益があるとして有名です。

暮らしの情報

行楽シーズン到来! アウトドアで楽しもう

日本は世界有数の工業国であると同時に、豊かな自然に恵まれた国です。山脈が日本列島の背骨のように南北に連なり、山岳部を中心に広がる森林の面積は、国土の3分の2を占めています。また、海に囲まれ、南北に長く複雑な地形を持つ日本列島は、気候も変化に富んでいます。同じ国でも亜寒帯から亜熱帯まで、地域によって気候が異なるため、多様な生き物や植物を見ることができます。
東京や大阪などの大都市から少し離れると、ハイキングやトレッキングに適した小高い丘や山、キャンプや川遊びを楽しめる渓流がたくさんあります。そのため、アウトドア・アクティビティ(以下、アウトドア)も盛んで、キャンプ場で家族や仲間とバーベキューをしたり、川や湖でカヌーやラフティングをしたり、本格的な山登りに挑戦したりと、年齢や体力に応じたさまざまなアクティビティが楽しめます。
気軽にアウトドアを楽しむなら、全国各地に点在するキャンプ場がおすすめ。なかにはキャンプ用品のレンタルや食材の準備までしてくれる施設もあり、手ぶらで出かけてもアウトドア体験ができます。涼しくなり、蚊や蜂などの虫が少なくなる秋は、アウトドアに最適な季節。色づき始めた木々を眺めに出かけてみませんか?

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2015年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」のお知らせ

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。   

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページについて

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2015年10月号を10月9日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国で教育、研究、行政の分野で活躍している帰国留学生が、日本の大学で短期研究を行います

  • 今月の掲載大学
  • 東京大学/鳴門教育大学/広島大学/兵庫県立大学/北海道大学/北海道大学

8. 編集部より

◆◆◆編集部より◆◆◆
10月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
2016年卒業の人の就職活動スケジュールでは、10月は採用活動が一段落する時期です。すでに内定が出て落ち着いている、という人もいるかもしれません。まだ内定をもらっていない方は、最後まであきらめずに頑張ってください。今年の就職活動では選考期間が短くなりすぎたという企業からの声も聞かれ、2017年卒業の採用では、スケジュールの見直しや独自の採用活動をする企業も増加するとする報道も出ています。早くから情報収集をしなければ、志望する企業の採用活動が終わってしまう可能性もあります。すでに開設されている2017年就活支援サイトなど活用し、しっかりと準備をしてくださいね。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は11月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、
    http://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/enews/index.htmlの「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook