独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.87)

Japan Alumni eNews Vol. 87 2016年7月8日

Japan Alumni eNews Vol. 87

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名

「日本の7月」

7月号のLife in Japan by Photoは「日本の7月」をご紹介します。

七夕
七夕
海開き
海開き
風鈴(ふうりん)
風鈴(ふうりん)
灯篭(とうろう)流し
灯篭(とうろう)流し

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:訪日外国人観光客呼び込みのために、新たに観光周遊ルートを認定

観光庁は、訪日旅行客を増やすためのPR活動などを国が支援する「広域観光周遊ルート」として、北海道、関東、山陰、沖縄の4ルートを追加認定しました。 昨年認定された7ルートと合わせ、政府が4年後の目標とする「年間訪日客4千万人」の実現を目指します。今回認定したのは、(1)きた北海道(札幌から稚 内、旭川をつなぐルート)(2)東京回廊(関東11都県内の自然大回廊ルートと江戸回廊ルート)(3)縁の道~山陰~(出雲大社や石見銀山を含むエリア) (4)琉球列島(沖縄本島、宮古島、石垣島などの周辺離島)です。

NEWS2:世界最速の「日本版高度外国人材グリーンカード」創設へ

政府は、回り始めた経済の好循環を持続的な成長路線に結びつけ、「戦後最大の名目GDP600兆円」の実現を目指し、「日本再興戦略2016」を閣議決定 しました。高度外国人材の永住許可申請に必要な在留期間を現行の5年から大幅に短縮する世界最速レベルの「日本版高度外国人材グリーンカード」を創設する ことや、外国人留学生の日本国内での就職率を現状の3割から5割に向上させることを目指すことなどが盛り込まれています。

現役留学生紹介

キム ビョル

氏名:キム ビョル
国籍:韓国
出身大学:上智大学
専攻:国際関係法学科
学年:4年生
日本留学期間:2013年4月~2016年6月現在
日本語レベル:日本語能力試験N1




留学先を日本に決めた理由は、日本の大学の中に国際法・経済に特化している現在在籍している上智大学があることを知り、留学したいと考えました。また日本は他国と比べても治安がいいことや勉強に専念できる環境であったこともあります。
日本に来た当初の感想は、日本人はあまり本音を言わないとの印象がありましたが、生活してから気づいたのは、人によって異なることでした。また市民意識が 高いことにとても驚きました。ゴミを捨てないことはもちろん、お財布を拾ったら必ず交番に持っていくなども印象的でした。
大学のゼミでは国際法の中でも仲裁・交渉をメインにしていて、民法と金融商品取引法といった私法に絞って勉強しています。個人的に専攻を極力生かしてキャ リアを積みたい希望があったので私法・国際法以外の分野はあまり勉強してないです。また、毎年開催される大学対抗交渉コンペティション(INC/The Intercollegiate Negotiation Competition)へ出場しています。INCは、毎年1回、2日間にわたって行われる仲裁・交渉の大学対抗戦で、1日目には模擬仲裁を、2日目には 模擬交渉を行います。仲裁も交渉も、国際的なビジネスを題材とした問題であり、約2カ月かけて英文契約書を含む数十頁の問題に取り組み表彰される大会で す。
将来は、金融業界でキャリアを積みたいです。来年3月に卒業しますが、企業から内々定を頂くことができました。これからどんな社会人になりたいかよく聞かれますが、まずは一人前になりたいです。
これから日本の大学に入学する方には、新入生は「入試で苦労したから1年は思う存分遊んでもいい」と思うかもしれませんが、これから日本で気持ちよく勉強 できて、無事に就職できるかどうかは、入学した最初の1年で決まってしまうかもしれません。日本で就職するためには、皆さんの競争相手は同じ留学生ではな く日本人学生であることを忘れないでください。頑張って、めげないで楽しく日本の留学生活を送ってください。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

公益財団法人石川県国際交流協会 いしかわ同窓会

留学や研修などで石川県に暮らした経験があり、帰国後も石川県に関心と愛情を持ち続けている外国の皆さんとの相互交流を目的に1998年に発足しました。2016年3月31日現在、約80ヶ国、3,507名が会員として登録をしています。

実施内容
ホームページを通じ、以下の情報を提供
1. 多言語情報誌「石川エクスプレス」の配信(日本語・英語・中国語・ポルトガル語・ロシア語)
2. 同窓会員同士の近況報告等のやりとりを主としたメッセージボード「いしかわ同窓会会員交流ページ」を設置
3. 石川県内にいる留学生・研修生が中心となり、石川県の観光やイベント等の魅力を発信するメッセージボード「いしかわ旬の魅力発信ページ」を設置

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

国立大学法人長崎大学

【プロフィール】(2016年5月現在)
名称:国立大学法人長崎大学
所在地
 文教キャンパス:長崎市文教町1-14
 片淵キャンパス:長崎市片淵4-2-1
 坂本キャンパス:長崎市坂本1-1-2-4
在籍者数:学部生7,544名、大学院生1,551名
外国人留学生数:学部生87名、大学院生201名

国立大学法人長崎大学

1.大学の概要

長崎大学は、日本で最も歴史的な国際都市である長崎市にあり、9つの学部と6つの大学院、2つの研究所、そして、大学病院や数多くの研究施設を有する総合大学です。キャンパスは文教、坂本、片淵の3つに分かれ、それぞれに専門の研究機関が集中しています。
2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩(おさむ)博士は、長崎大学の出身です。 「長崎大学は、長崎に根づく伝統的文化を継承しつつ、豊かな心を育み、地球の平和を支える科学を創造することによって、社会の調和的発展に貢献する。」と の理念のもと、常に世界最高水準の研究に取り組み、世界にとって不可欠な「知の情報発信拠点」として発展を続けています。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

多文化社会学部
多文化の共生と協働が求められる現代世界において、政治・経済、文化、社会活動分野等で存在感をもって国際的に活躍できる人文社会系グローバル人材を、従 来にない斬新かつ特色ある教育を通して育成するため、「グローバル社会コース」、「社会動態コース」、「共生文化コース」、「オランダ特別コース」の4つ のコースを設けています。

熱帯医学・グローバルヘルス研究科
グローバル化が進む現代社会において、世界の人々の健康問題を解決できるグローバル人材を養成するため、「熱帯医学コース」修士(熱帯医学)、「国際健康開発コース」修士(公衆衛生学)、「ヘルスイノベーションコース」修士(医科学)の3つのコースを用意しています。

3. 外国人留学生への支援の取り組み(生活支援)

長崎大学には、留学生向けの宿舎として「国際交流会館」があり、最大160名の留学生を収容できます。また、2015年4月には、「国際学寮ホルテンシ ア」(日本人学生3名・留学生1名によるルームシェア)が完成し、多文化社会学部の日本人学生と留学生が共同生活を送っています。また、私費留学生(学部 学生・大学院生)向けの奨学金や授業料の減免制度があり、私費留学生の約60%が何らかの経済支援を受けています。
また、アパートを契約する留学生には、安心して契約ができるよう、連帯保証人の機関保証制度を設けるとともに、不動産仲介手数料、家賃の補助を行っています。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(その他)

長崎大学には、外国人留学生の互助組織として「長崎大学外国人留学生協会(NUFSA)」があり、同じように外国から来た留学生同士のネットワークづくり が活発に行われています。日本人学生との国際交流イベントに参加したり、長崎県や長崎市の地域住民との交流を行っています。特に、年に1度、学園祭の時期 に開催する「インターナショナル・カルチャー・デー」では、留学生による歌やダンスを披露したり、母国の料理を振る舞うなど、異文化交流を楽しんでいま す。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人 国際保険振興会

事業名:FALIA ESSAY COMPETITION 2016 (2016年度外国人留学生向け懸賞論文)
応募資格
 1:日本国内の大学・大学院に在学し、在留資格が「留学」であること
 2:公益財団法人 国際保険振興会が研修対象とする国の国籍を有していること
  例:中国、カンボジア、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、トルコ、ウズベキスタン、ベトナム等
  *詳細は、財団ホームページを参照下さい。
 3:賞の受賞時にも在学し、授賞式に必ず参加できること(授賞式は2017年初旬を予定)
概要
公益財団法人 国際保険振興会では、生命保険制度が成長しつつある国々の留学生を対象に、懸賞論文コンテストを実施いたしております。これにより、少しで も多くの方々が自国の金融・保険制度の発展に関心を持たれ、弊財団の理想の実現に向け、共に歩まれる事を期待いたしております。
論文テーマなど
テーマ:生命保険に関する内容
 *必ずしも保険に対しての認識度の高さを問うものではありません。
  様々な視点からの応募をお願いします。
論文言語:日本語又は、英語
応募期間:2016年9月30日 迄
賞金額
 1位・・・500,000JPY(1作品)
 2位・・・300,000JPY(1作品)
 3位・・・100,000JPY(数作品)
 4位・・・50,000JPY(数作品)
お問い合せ先
公益財団法人 国際保険振興会 懸賞論文係
〒244-0805
神奈川県横浜市戸塚区川上町91-1
BELISTAタワー東戸塚401
TEL: 045- 827- 2671
Mail: essay@falia.jp

特定非営利活動法人 エルエスエイチアジア

事業名:平成28年度(2016年度)奨学生事業
応募資格
以下に該当する学校を通じて募集するため、個人の直接応募は不可。
(1)2016年7月1日現在、在籍する在留資格「留学」を有する者(除く大学附属日本語別科、専門学校日本語科
(2)2015年4月30日以降の日本語学習コースに在籍する学生の在籍実数が20人を下回らない学校であること
概要
アジア諸国からの留学生(以下日本語学校生と記す)は経済面での負担が大きく、苦しい勉学生活を余儀なくされていますが、いずれ一人一人が日本とアジアの 架け橋になることが期待される人たちです。エルエスエイチアジア奨学会は、故李秀賢君の勇気ある行為を長く顕彰すると同時に、母国と日本の架け橋になろう と李君と同じ志を抱いて日本語学校に学ぶアジア諸国からの留学生を、経済面で支援すべく奨学金事業を行うことを目的に発足しました。
対象
 1. 学校が推薦する在留資格「留学」のアジア出身の学生
 2. 2016年7月1日現在に、推薦を受ける学校に3ヶ月以上在籍し、なおかつ同日より6ヶ月以上の在籍予定の者
 3. 2016年7月1日以前の出席率が90%以上で優秀な勉学姿勢を有しており、その後も同等以上であることが認められる者
 4. 将来の母国と日本の交流に資することを目的に日本語学習を行っている者
 5. 現在および本奨学金給付期間中、他の奨学金給付を受けておらず、また受ける予定のない者
募集期間:7月末日迄(消印有効)
助成額
2016年8月より同年12月までの5ヶ月分として一人10万円を以下に対し支給する予定です。
1. エルエスエイチアジア奨学生 概ね40人
2. 冠奨学生 若干名

シンポジウム紹介

第48回アジア太平洋公衆衛生学術連合国際会議(APACPH2016)
この国際会議はメインテーマを「過去をしのぐ未来へ:社会を変える保健医療専門職の力」‟Create a healthy future from the past with competent professionals”としてアジア太平洋地域における公衆衛生の研究者や実践者の成果を議論し、将来にわたり成果を社会に還元する人材育成につい て検討します。このほか、公衆衛生領域の様々な分野でのシンポジウムや一般演題発表が予定されています。

(英語のみ)

開催日:2016年9月16日(金曜日)~9月19日(月曜日)
会場:帝京大学板橋キャンパス

学会紹介

  • (文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)
  • (法律学、政治学)
  • (経済学、商学、経営学)
  • (理学)
  • (工学)
  • (農学)
  • (医学・歯学・薬学)

日本語試験紹介

  • 日本語能力試験(JLPT)
  • 第2回試験日:2016年12月4日(日曜日)
    申し込み受付期間:2016年9月1日(木曜日)~9月30日(金曜日)(当日消印有効)
  • 実用日本語検定(J.TEST)
  • 第128回
    試験日:2016年9月11日(日曜日)
    申込締切:2016年8月17日(水曜日)
    第129回
    試験日:2016年11月13日(日曜日)
    申込締切:2016年10月19日(水曜日)

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • 外国人材活躍推進プログラム
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
    プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等

就職活動体験談

ウェ ウェ ティン

名前:ウェ ウェ ティン
国籍:ミャンマー
出身大学:奈良産業大学
専攻:経営学部経営学科
日本留学期間:2008年4月~2014年10月
勤務先企業名:ヒューマンリソシア株式会社
日本語レベル:日本語能力試験N1



日本での留学を決めたきっかけは、日本は経済的、技術的にも発展しており、平和な国であることと、日本製品は長持ちで品質も良く評判が非常にいいからで す。また、日本は資源がない国なのにどうしてこんなに経済成長をしているのかを目で確かめ、日本で就職したいという気持ちがあり留学を決意しました。
日本に就職したいと思ったのは、元々日本での就職は夢であり、日本から遠く非漢字圏の国から来日し、一生懸命勉強した日本語を活かせる仕事がしたいと考え ました。日本で働くという夢を実現して、自分自身が成長したいと思い就職活動をし、現在勤務しているヒューマンリソシア株式会社から内定をもらうことがで きました。
弊社を選んだ理由は、人とコミュニケーションとることが好きで、人に役に立つ仕事や自分自身も大きく成長できる仕事をやりたいと考えていたこと、また、弊社が外国人を積極的に採用しており、部署の基盤やチームミッションにも自分の必要性を感じたからです。
弊社は人材会社であり、グローバル人材を対象とした人材紹介、派遣、採用代行、業務受託、バイリンガル求人サイトを展開しております。その中で私は、人材 紹介営業部にて機械、自動車部品に特化して営業しています。自社の強みである営業職、管理部門で営業実績を積んで、これから企業様と求職者ともに喜び合え る関係を築いていきたいと考えています。
就職活動での自己PRについては、学校で活躍したこと、各種の学外の活動のエピソード、アルバイトで得た知識、日本で成長した自分(精神的、人間関係、考 え方、日常生活)などをアピールしました。実際に体験したことですし、自分で頑張ったことだからこそ自分で表現できると思います。
また、面接でのポイントは、笑顔と元気な声でしっかり受け答えをすること、面接官の目を見て興味を持って話をすること、自己アピールできることが大事だと思います。
これから就職活動する外国人留学生の皆様にとって、日本で就職するチャンスは増えています。日本語をしっかり覚えて就職活動のために時間配分、情報収集、下準備を徹底することが大事だと思います。

就職情報コーナー

就職活動はまだ終わりではない

6月に選考が開始となり、就活中の学生は面接を受ける数がピークとなりました。内々定を獲得して就職活動を終了する学生も出てきます。
就職活動中の学生にとって7月は、試練のときです。内々定が出て就職活動が終わった学生を見ると、焦りや不安が強くなってしまい、就職活動を一時中止して しまう学生も毎年多くいます。「もうすぐ夏休みだし、休みが明けてから頑張ればいいか」と一旦就職活動を止めてしまうと、次に活動再開することが面倒に なってしまい、そのままずるずると就職活動から逃げてしまう学生もいます。
企業側は、採用予定人数が充足するまで選考を継続しますが、2017年卒の新卒採用は求人数が多く、学生にとって有利であるため、7月以降も選考を継続す る企業が例年よりも多いと予想されます。企業の採用意欲は非常に高いため、就活を休まずに続けていれば、内々定を獲得できる確率が高まります。就職活動は “落ちるもの”ですので、数社落ちたからといって歩みを止めるのではなく、周りの状況に振り回されず、前向きに就職活動を最後まで続けていきましょう。
この時期に必要なことはこれまでの就職活動の振り返りです。なぜ内々定を獲得できなかったのか考えてから7月以降の就職活動に挑みましょう。

5. Visit Japan

鹿児島県

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します!7月号は鹿児島県です。

屋久島
  • 屋久島

九州最南端の佐多岬(さたみさき)から南南西に60キロほどの位置に浮かぶ周囲約130キロメートルのほぼ円形の島で、日本では7番目に大きな島です。 1993年に世界遺産に登録されました。樹齢7200年といわれる巨大な縄文杉(じょうもんすぎ)など、日本有数の自然に恵まれた島です。屋久島にある、 白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)は美しい渓流と何百種類の苔に覆われた深い森で、映画「もののけ姫」において、深い原始の森のモデルになったといわ れています。

桜島
  • 桜島

「桜島」は、鹿児島市の市街地から沖合い約4キロメートルに位置しています。もともとは島でしたが、1914年の爆発により溶岩(ようがん)が流出し、大 隅(おおすみ)半島と陸続きになりました。海の中にそびえるその山の形は特に異彩(いさい)を放っており、鹿児島のシンボルの一つとされています。現在 も、年間1,000回近い小規模な噴火を繰り返す日本有数の活火山ですが、桜島には、5,000人の人が火山と共生して生活しています。

大島紬(おおしまつむぎ)
  • 大島紬(おおしまつむぎ)

「大島紬」は、鹿児島県南方の奄美大島(あまみおおしま)の特産品で1,300年の歴史があり、絹織物(きぬおりもの)の最高傑作(けっさく)といわれて います。30数工程もある緻密(ちみつ)な手作業により、図案から織り上がるまで半年から1年以上もかかります。大島紬独自の技法「テーチ木泥(どろ)染 め」は、7世紀中頃から行われていた古代染色の技法を取り入れたものです。緻密な絣(かすり)模様や、軽くて暖かく、しなやかで着くずれしないなどの優れ た特徴があり、女性の着物として高い人気があります。

さつまあげ
  • さつまあげ

魚肉のすり身を成型し油で揚げた料理で鹿児島では、「つけ揚げ」とも呼ばれています。さつま揚げの歴史は古く、1800年代に中国・福建省から琉球(現在 の沖縄)に揚げ物料理の一つとして伝った「チキアギ」が、やがて薩摩に渡り、「つけ揚げ」となったという説があります。揚げ物なのでカロリーが高いと思わ れがちですが、良質なたんぱく質が豊富で、低カロリー、低脂肪です。また、ビタミンB12が豊富で塩分も少ないヘルシーフードです。

おはら祭
「写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟」
  • おはら祭

「おはら祭」は、1949年に「鹿児島市政60周年」を記念して始まり、鹿児島市とともに発展を遂げ、鹿児島の秋の風物詩として定着しました。例年11月 2.3日に開催され、総勢2万人を超える踊り手が、郷土民謡「おはら節」や「鹿児島ハンヤ節」、「渋谷音頭」で練り踊る「総踊り」をメインとして、ダンス 「オハラ21」「音楽パレード&マーチング」などを踊ります。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

七夕

旧暦(きゅうれき)の7月7日の夜に行われる行事で、中国に古くから伝わる、牽牛星(けんぎゅうせい・わし座のアルタイル)、織女星(しょくじょせい・こ と座のベガ)の伝説に基づいた星祭りの説話と日本古来の信仰と結びついたものと言われています。牽牛星と織女星の伝説は、「天の神様の娘である織姫は、機 織りが上手であった。天の神様は、織姫(織姫星)の結婚相手にと、働き者の牛追いの牽牛(彦星)を引き会わせた。二人は結婚し、幸せに暮らしていたが、そ のうちお互いに結婚生活に夢中になり、仕事をしなくなってしまった。これを見た天の神様は怒り、二人を天の川を隔てて離れ離れにし、年に一度の7月7日に だけ会うことを許した」というものです。
毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊(たんざく)や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣が日本では1600年頃から広まり、今も残っています。
同じような行事は中国、韓国、ベトナムでも実施されています。

暮らしの情報

盆飾り

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言い、お盆は亡くなった先祖の霊を家に迎い入れ、供養する行事です。元々は旧暦の7月15日を中心としたものだったのですが、現在は月遅れにあたる8月15日が一般的になっています。
お盆には、先祖の霊が道に迷わず帰って来ることができるように、13日の夕刻にお盆で先祖を迎える時には、家の前で「迎え火」をたきます。燃やした煙に乗って先祖の霊が家に戻ってくると言われています。また、16日には先祖に帰ってもらうために「送り火」をたきます。
また、この世とあの世の行き来の乗り物としてキュウリやナスにマッチ棒やわりばしなどで足をつけて作った牛や馬を飾ります。きゅうりは馬のかわりとされ、 「早く家に帰ってくるように」という願いが込められています。なすは牛のかわりとされ、「少しでも遅く帰るように」「お供え物を持っていってもらうよう に」という願いがこめられています。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2016年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2016年7月号を7月11日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

宇都宮大学、奈良先端科学技術大学院大学

8. 編集部より

7月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
7月は、学期末試験など学内の行事が終わるといよいよ夏休みですね。暮らしの情報でもお伝えしましたが、お盆の前後には色々なお祭りが日本全国で開催され ます。本メールマガジンのVisit Japanを参考に夏休みに向けて旅行の計画などを立てて見てはいかがでしょうか?普段皆さんが住んでいる地域と違 う食生活や文化を体験できると思います。ぜひお休みの期間を利用して日本の色々な場所へ出かけて日本留学を満喫しましょう。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は8月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook