独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol.92)

Japan Alumni eNews Vol. 92 2016年12月9日

Japan Alumni eNews Vol. 92

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名

日本の12月

12月号のLife in Japan by Photoは「日本の12月」をご紹介します。

雪
なまはげ
なまはげ
ポインセチア
ポインセチア
年越しそば
年越しそば

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:2015年外国人留学生の日本での就職数が過去最高に

法務省より、2015年の外国人留学生の日本企業等への就職状況についての統計情報がプレスリリースされました。それによると、2015年に外国人留学生が日本の企業等への就職を目的として行った在留資格変更許可数は15,657人となり、前年度の12,958人に比べ2, 699人(20.8%)増加しました。国籍別の上位3か国は、中国が9,847人(前年比1,500人、18.0%増)、韓国が1,288人(前年比53 人、4.3%増)、ベトナム1,153人(前年比542人、88.7 %増)となっています。特にベトナムからの留学生の増加に伴い、就職する学生も増えた傾向がみられます。

NEWS2:訪日外国人旅行者数 2000 万人突破

国土交通省は、今年日本を訪れた外国人旅行者が10 月30日までの累計で初めて 2,000 万人を突破したと発表しました。正確な数は現在、集計中ですが、去年1年間の1973万人を早くも上回り、過去最高を更新しました。日本を訪れる外国人旅行者は、ビザの緩和や免税制度の拡充、さらにはアジア各国との間で航空路線が拡大したことにより、中国、韓国、台湾を中心に大幅な伸びを続け、2013年に1,000万人を突破してから3年で倍増しました。 今後、日本政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に外国人旅行者を年間4,000万人に倍増することを目指しています。

現役留学生紹介

マコベツ・アニタ

名前:マコベツ・アニタ
国籍:スロベニア
出身大学:群馬大学大学院
専攻:社会情報学研究科
学年:修士1年生
日本留学期間:2015年10月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N2



 

私が日本に留学した理由は、日本語・日本文化専攻だったので、日本語能力を高めるため、そして中学生の頃からの夢だったためです。日本へは、3年前に1年間の短期留学を経て、2015年10月から、現在所属する群馬大学大学院社会情報学研究科に、正規学生として再来日しました。大学院では現在、日本の社会について学んでいます。研究テーマは、1988~89年の間に行われた連続幼女誘拐殺人事件とその犯罪者や日本の社会についてです。

初めて日本に留学した当初の感想は、バスや電車を待つ時、列に並ぶことに驚きました。母国では列には一切並ばないからです。また、日本人はどこでも携帯電話やスマートフォンを使っているので、無料Wi-fiが充実している国だと思っていたのですが、Wi-fiスポットも少なく、あったとしても有料だったので困りました。現在は少しずつ増えてきているので嬉しいです。

日本で一番お気に入りの場所は群馬です。人が優しくて、自然が豊かなところで、少し母国にも似ていて、とても好きです。特に気に入っているのは秋の伊香保(いかほ)です。紅葉もきれいで、こんにゃくや温泉まんじゅうがとてもおいしいです。私の大好物は、群馬県の名物の一つである「焼きまんじゅう」です。ふわふわした生地に甘いソースをかけ、焼いたものですごくおいしいです。

将来の夢は無事に卒業することですが、できればそのあと日本で働きたいと思っています。どこで働きたいかはまだ考えている最中です。もう一つの夢は北海道の雪祭りに行くことです。寒いところは苦手ですが、雪祭りの写真を見ると行きたくなります。とてもきれいなので、写真を通してではなく、自分の目で見たいと思います。

これから留学を希望する方で、日本での留学にするか悩んでいるのなら、勇気を出して、日本に来てみてください。私は約3年前、初めて1年間の留学を決めたとき、色んなことを心配していましたが、日本に留学したことを一度も後悔したことがありません。 今まで素敵な人にしか出会ったことがないですし、日本語も前より上達しているので本当によかったです。 留学は成長させてくれる良いチャンスだと思うので、そのチャンスを逃さないようにして決断してください。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

鹿児島大学友好大使

平成22年度(2010年)より留学情報、研究情報等を発信・収集し、留学生交流及び国際学術交流を図る目的で、帰国留学生等に友好大使を委嘱しています。

友好大使には協力できる範囲で以下の活動をお願いしています。
■ 友好大使の実施活動
1. 本学への留学希望者に対する留学情報の提供及び相談対応
2. 本学からの留学生等に対する受入れ支援
3. 本学の教育研究等に関する情報の海外への普及
4. 海外における教育研究等に関する情報の本学への提供
5. 国際共同研究の推進に関する情報
6. 帰国留学生のネットワーク形成に関する支援
7. その他本学の国際化推進に関する支援

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

学部・研究科紹介

日本の特色ある学部や研究科を紹介します。

立命館大学

立命館大学

【プロフィール】
学校名:立命館大学
衣笠キャンパス:京都府京都市北区等持院北町56-1
びわこ・くさつキャンパス:滋賀県草津市野路東1-1-1
大阪いばらきキャンパス:大阪府茨木市 岩倉町2-150
在籍者数:学部生32,580名,大学院生2,963名
外国人留学生数:学部生949名,大学院生673名

1. 大学の概要(歴史・理念等)

1869年(明治2年)西園寺公望公(さいおんじ・きんもち・こう)が私塾「立命館」を創立、1900年(明治33年)中川小十郎公(なかがわ・こじゅうろう)が「京都法政学校」を設立、1922年(大正11年)大学令により立命館大学が設置されました。
建学の精神は「自由と清新」、教学理念は「平和と民主主義」、京都(衣笠)(きぬがさ)、びわこ・くさつ(滋賀)、大阪いばらき(大阪)の3キャンパスに14学部、21研究科を設置し、豊かな学びの環境、世界に通じる人材の育成を目指す、3万人を超える学生が学ぶ日本最大級の総合大学です。
2018年度、食に関わる人類的な諸問題を解決する人材を育成するという社会の要請に応えることを目的とした「食科学部」を設置予定です。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

立命館大学の各キャンパス(京都・滋賀・大阪)では、59の国・地域から1,600名を超える正規留学生が学んでいます(2016年5月1日現在)。

計14の学部・21の研究科があり、多くの学部・研究科において日本人学生と共に日本語で学習するコースをご用意しています。
詳細は、下記のサイトでご確認下さい。

また上記の他に、英語で受験が可能であり、卒業まで全て英語で学べるコースもご用意しています。

・国際関係学部 グローバル・スタディーズ(GS)専攻
・政策科学部 Community and Regional Policy Studies(CRPS)専攻
・情報理工学部 情報システムグローバルコース(ISSE)
こちらにつきましても、詳細は下記のサイトで確認ができます。

(英語のみ)

3. 外国人留学生への支援の取り組み(住居奨学金・学費減免等の生活支援)

衣笠およびBKC所属の学部の入学予定者については、空室状況に応じて衣笠インターナショナルハウスおよびBKCインターナショナルハウス(国際寮)に入寮することができます。
また、在留資格「留学」の取得者(および取得予定者)で、入学試験成績上位者に対し経済的支援が必要な方を対象に、入学試験の際の成績に応じて授業料減免を行っています。
入学後も、本学が実施している各種奨学金や、日本学生支援機構の学習奨励費など、様々な奨学金を受給することが可能です。内容については、入学試験要項等を確認してください。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(その他就職・国際交流等)

日本での就職を希望する留学生に対しては、本学のキャリアオフィスが説明会(ガイダンス)の開催、企業の採用情報の提供、面接指導などの支援を行っています。
また、留学生を支援し交流を深めるための留学生チューター(TISA)を配置しているほか、歓迎企画、七夕まつり、ハイキング(京都・滋賀などの名所訪問)、国際交流バスツアー(宿泊企画)、異文化フェスティバル、スポーツフェスタなど、各キャンパスで、留学生と交流する多様な交流イベントを企画しています。
衣笠キャンパスとびわこ・くさつキャンパスには留学生と日本人学生が自由に利用できる国際交流スペースを設置しています。 また、各学部の事務室や各キャンパスの国際教育センター、学生オフィス、キャリアオフィスなどに留学生担当スタッフをおいて、留学生の皆さんの相談に応じています。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人 岩谷直治記念財団

事業名:岩谷国際留学生奨学助成
応募資格
応募者は、学業成績が優秀であって、留学生活上経済的援助を必要とし、次の全ての条件に該当する者。
1. 日本以外の国籍を有し、東アジア・東南アジアの国・地域(※1)から修学または研究のために来日している私費留学生
2. 大学院の修士課程および博士課程の在籍者、または入学決定者並びに博士課程3年終了者で博士学位取得のための継続在籍者
3. 自然科学系および関連する学際分野を専攻している者(※2)
4. 平成29年(2017年)4月1日時点の年齢が修士課程は満30歳未満、博士課程は満35歳未満の者
5. 平成29年(2017年)4月以降、他からの奨学金を受けない者
6. 年5回開催する奨学生例会(うち1回は2泊3日の研修旅行)に参加できる者
7. 奨学金支給終了後も当財団と通信等を継続する意志のある者
8. 国際交流と親善に貢献しうる者
9. 日本語で日常の会話ができる者
※1:対象の国・地域
東アジア・東南アジアの国・地域は、以下の範囲とする。(国・地域名は略称)
(1)東アジア:中国、韓国、モンゴル、台湾
(2)東南アジア:カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム
※2:専攻分野
自然科学系を中心とする専攻分野は、以下の範囲とする。
(1)工学、理学および農学の全般
(2)医学部の一部(分子病態学、公衆衛生学のみ)
(3)薬学部の一部(分子微生物学のみ)
概要
岩谷国際留学生奨学助成は、岩谷産業株式会社からの寄附金および当財団の基本財産運用利益により実施するものであり、海外から来日している私費留学生で、 将来わが国と親密な関係を保ち、親善・交流の実を期待しうる人材にその機会を提供し留学生活を援助することにより、国際間の相互協力と理解を深め、双方の 国民生活向上に寄与することを目的とします。
応募方法
以下の書類を提出すること。
1.提出書類
応募者は次の書類を作成または用意して当財団宛に提出して下さい。
様式1~4の書類は、当財団ホームページからダウンロード可能。
(1)申込書(様式1)
(2)経歴書(様式2)
(3)身上書(様式3)
(4)研究計画書(様式4)
(5)在学証明書 入学予定の留学生は、当該大学の入学許可証または合格通知書(コピー可)
(6)成績証明書 日本の大学および大学院の成績証明書(原本)、無い場合は母国のもの(コピー可)
(7)指導教官の推薦状 推薦状を入れる封筒は「親展」とし、指導教官により封がされたもの
(8)健康診断書 平成28年4月以降の健康診断書(項目:胸部X線、血圧、視力、身長、体重など)、または大学の保健センター等が発行する「健康診断証明書」
(9)写真(上半身近影:5×3.5cm) 裏面に記名し様式1に貼付して下さい。
(10)合否通知用返信封筒 定型封筒(235×105mm以内)に応募者の郵便番号、住所および氏名を記入し、82円切手を貼付したもの
応募締切
平成28年12月20日(火曜日)(消印有効とします。)
奨学金額
月額15万円/人 採択者数は15人とする。
別途、学会発表のための旅費などを補助する。
問合せ先
公益財団法人 岩谷直治記念財団
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-11八重洲h+ビル3階
電話:03-6225-2400 
FAX:03-3231-7070 
E-mail:information@iwatani-foundation.or.jp

公益財団法人電通育英会

事業名:学生を対象とした人材育成活動への助成事業
概要
当財団では、大学生を中心に高校生や大学院生に向けた人材育成に取組んでいる NPO法人や大学学内組織の活動に資金助成を行い、学生の人材育成を側面から支援します。
応募資格
応募できる団体は以下の項目をすべて満たしていることが必要です。
・大学生を中心に大学院生を対象とした人材育成を目的とした活動・プログラムを行なう団体(団体の活動の一部が人材育成活動でも可) 。
・非営利団体(NPO法人または大学学内公認組織など)
・首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)に、主たる事務所がある団体
・応募者の国籍は問わないが、日本語でのコミュニケーションが可能なこと。
助成対象活動
助成の対象となる活動は、以下の条件を満たしていることが必要です。
・大学生を中心に大学院生・高校生を対象とした人材育成を目的とした活動。
・地域として主に日本国内で行っている活動
・他の民間団体からの助成を受けていない、あるいは受ける予定のない活動。
尚、セミナーやシンポジウムなど単発の活動でも助成対象となります。
助成金額
大学・学生枠及び一般枠とも年額100万円を上限とし、大学・学生枠、一般枠に分けて選考。
■ 大学・学生枠 大学内ボランティアセンターなど学内組織、あるいは学生による活動を対象とします。但し、単位取得が可能な正課授業に関連した活動は除きます。学生による活動は、大学公認あるいは指導教員がいる事を前提としています。
■ 一般枠 上記以外のNPO法人などで1年以上の活動実績のある非営利団体を対象とします。
助成件数
それぞれの助成枠について、原則として5件程度(計10件程度)とします。
助成期間
4月から翌年3月の1年間。
応募方法
当財団のホームページから申請書をダウンロードし、必要事項を記入の上、当財団宛に直接送付
(注)申請書は日本語でご記入ください。
応募締切
2017年1月13日(金曜日)当財団必着
交付方法
2017年3月中旬に書類選考・面接選考を経て、採否を決定し申請団体に通知。
助成金の支給は指定口座振込みにより以下の通り行う。
・助成開始時:50%支払い
・活動6か月間経過後の中間報告書の受領・内容確認後25%支払い、最終報告書の受領・内容確認後25%支払い。
問合せ先
公益財団法人 電通育英会 事務局 担当:山本
〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル4階
電話: 03-3575-1386
FAX: 03-3575-1577
E-mail: josei@dentsu-ikueikai.or.jp

シンポジウム紹介

NINJAL国際シンポジウム 「日本語と世界諸言語のオノマトペ」

※オノマトペ:物が発する音や声を真似て字句で描写した語句(擬音語(ぎおんご))や状態や心情など音のしないものを音によって表す言葉(擬態語(ぎたいご))の総称

このNINJAL国際シンポジウムは、国立国語研究所(NINJAL)が主体となって実施する研究や、他機関との連携研究による優れた成果のうち、タイムリーな課題を取り上げ、さらに海外からの専門家も交え、議論の主旨を深めながら学術界に公表するために行われています。
今回のシンポジウムは、「オノマトペ」の研究に関して理論言語学からのアプローチと言語類型論からのアプローチをつなぐ共通の基盤を探ることを目的としています。

日時:2016年12月17日(土曜日)~18日(日曜日)
主催:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所
場所:国立国語研究所

学会紹介

  • (文学、哲学、教育学、心理学、社会学、史学)
  • (法律学、政治学)
  • (経済学、商学、経営学)
  • (理学)
  • (工学)
  • (農学)
  • (医学・歯学・薬学)

日本語試験紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • 外国人材活躍推進プログラム
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
    プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等
  • <外国人留学生対象イベント>
  • 外国人留学生就職ガイダンス 第10回 自己分析・業界企業研究
  • (株式会社クオリティ・オブ・ライフ)
    日時:2017年1月19日(木曜日)13時30分~16時30分
    会場:株式会社クオリティ・オブ・ライフ セミナールーム(東京都千代田区神田多町2-2-22 千代田ビル2F)
  • 留学生就職ガイダンス
  • (福岡新卒応援ハローワーク(福岡学生職業センター))
    日時:2016年12月22日(木曜日) 15時30分~17時30分
    場所:福岡新卒応援ハローワーク
    (福岡市中央区天神 1-4-2エルガーラオフィスビル12 階)
    対象:2018年3月卒業見込みのある外国人留学生
  • 自己分析ワークショップ
  • (福岡新卒応援ハローワーク(福岡学生職業センター))
    日時:2017年1月6日(金曜日) 15時30分~17時
    場所:福岡新卒応援ハローワーク
    (福岡市中央区天神 1-4-2エルガーラオフィスビル12階)
    対象:2018年3月卒業見込みのある外国人留学生
  • 業界・企業研究
  • (福岡新卒応援ハローワーク(福岡学生職業センター))
    日時:2017年1月12日(木曜日) 15時30分~17時
    場所:福岡新卒応援ハローワーク
    (福岡市中央区天神 1-4-2エルガーラオフィスビル12 階)
    対象:2018年3月卒業見込みのある外国人留学生
  • <就職情報サイト>※留学生採用企業の検索機能があるサイトです
  • あさがくナビ
  • (株式会社学情)
  • ダイヤモンド就活ナビ
  • (株式会社ダイヤモンドヒューマンリソース)
  • マイナビ
  • (株式会社マイナビ)
  • リクナビ
  • (株式会社リクルートキャリア)
  • 就職じゃぱん
  • (東京商工会議所/大阪商工会議所/特定活動非営利法人JAFSA(国際教育交流協議会)/ 株式会社プロシーズ)

就職活動体験談

コウ シエイ

名前:コウ シエイ
国籍:中国
出身大学:筑波大学大学院
専攻:人文社会科学研究科 国際地域研究専攻
日本留学期間:2013年3月~2015年3月
勤務先企業名:株式会社廣済堂
日本語レベル:日本語能力試験N1




 

小学生の頃に観た名探偵コナンという日本アニメをきっかけに、日本のポップカルチャーが好きになりました。その為、中国の大学では日本語を専攻しました。大学1年の夏休み時、早稲田大学への短期語学研修の参加者として初めて日本を訪れたことで、「もっと長く日本で生活し、自ら日本社会を体験したい」と考えるようになり、大学卒業後日本に留学しに来ました。

日本での就職を目指した理由は、二つあります。一つ目は、留学中のアルバイトにより、時間厳守と仕事に真剣に取り組む態度及び勤勉さという、日本人の働く姿の素晴らしさを感じ、是非日本人と一緒に働きたいという気持ちが強くなったからです。二つ目は、日本に留学したので、今まで習得したものをどのぐらい活用できるのかを試したいと考えたからです。

就職先として、現在働いている廣済堂(こうさいどう)を選択した理由は、まずは、社名に自分の名前が使われていて、ご縁を感じたからです。そして、海外で活躍するチャンスもあること、人材営業の仕事に人と企業の未来をつなげる架け橋の役割を果たすというやりがいを感じたことが理由です。

就職活動で効果的だった対策は、まずは、面接後に反省ノートを作ることです。面接が終わった後、答えることが出来なかった質問や、注意点、新しい発見などを記入しました。そのように振り返ることが、自分分析とつながります。次に、会社説明会に積極的に参加することです。どの日本企業が留学生を採用するのか、また留学生を採用する理由や基準等もわかりません。そのためには、人事の方からいろいろ話を聞き、企業側に積極的にアプローチしたほうが良いと思います。最後に、鏡を見ながら大声でゆっくり日本語を話し、面接を練習することです。この練習のメリットは自分の表情がチェックできること、日本語の発音が練習できることです。

これから就職活動を行う留学生の皆さんにお伝えしたいのは、重要なのは「為せば成る」とのことです。母国語ではない日本語を利用し、日本特有な就職活動に参加することの大変さをしみじみ感じていました。連続で失敗しても、絶対諦めずに最後まで頑張ってください。そして、自己分析をしっかり行うべきだと思います。特に「どうして日本で就職したいですか」との質問に対し、今まで起こる出来事を振り返り、「WHY」を伝える必要があります。また、インターンシップを積極的に参加したほうが良いです。日系企業のインターンシップで積んだ経験は面接の話題にもなりますし、インターンシップによって人とのネットワークを構築できるというメリットもあります。

就職情報コーナー

業界・企業研究、筆記試験対策をしよう

就活の準備として今の時期にできるものの1つに業界・企業研究があります。業界・企業研究は、業界や企業について調べ、どんな業界や企業に興味があるか、自分に合いそうかどうかを知ることを目的に行います。

業界研究のやり方は、1.どんな業界があるか調べる、2.興味のある業界を選び、業界の特徴、どんな企業があるかを調べる、3.興味ある業界の周辺にある(取引のある)業界を調べる、という流れで調べてみましょう。例えば、食品業界の場合、菓子や飲料等を製造するメーカーと、原材料を輸入したり完成した食品を扱ったりする卸(おろし)などがあり、数多くの企業が(食品)業界内に存在します。また、その周辺の業界としては、商品を販売するスーパーやコンビニなどの小売業界、商品を小売まで運ぶ流通業界、商品を世の中に知ってもらうための広告を打つ広告業界、インターネット上で商品を販売するためのIT業界…等があり、様々な他の業界と一緒に仕事をしていくことが分かります。

企業研究のやり方は、4.業界研究で調べた業界の中で興味のある企業を選ぶ、5.どんな商品やサービスを扱っているか、お客様(商品を売る相手)は誰か、どんな強みや特徴があるか、どんな人が働いているか(社長や社員)を調べる、6.競合となる企業についても同様に調べる、という流れでやってみましょう。

このように、1つの業界や企業を深く知り、周辺も調べることによってより深く知ることができます。就活で大事なことは、相手(=企業)を知り、相手に合わせて対策を練ることです。

就職活動で良く使われる筆記試験は、SPIという採用テストです。多くの企業が筆記試験を取り入れているため、対策は必要です。SPIを受験する方式としては、テストセンターという会場で受ける方式、自宅のパソコン等で受験する方式、企業にて紙で受験する方式など複数あります。

SPIは、言語(国語に相当)と非言語(数学に相当)の基礎的な能力をみる検査と、性格検査で構成されています。性格検査は対策ができませんが、言語と非言語は市販されている問題集を1冊解いて問題に慣れておくようにしましょう。特に言語の問題は難しく感じてしまう留学生が多いので、早めの対策を取りましょう。

5. Visit Japan

岩手県

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します!12月号は岩手県です。

中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)
  • 中尊寺金色堂(ちゅうそんじこんじきどう)

中尊寺にある仏堂です。奥州藤原氏(おうしゅう・ふじわらし)初代藤原清衡(ふじわら の きよひら)が1124年に建築したもので、当代の技術を集めたものとして国宝に指定されています。
「金色堂」という名の通り、堂の内外の全てが漆塗り(うるし・ぬり)の上に、金箔(きんぱく)を貼って仕上げられています。 奥州藤原氏は、当時東北地方で採れた砂金(さきん)によって栄華(えいが)を築いたとされています。その金をふんだんに使ったのが中尊寺金色堂でした。この「金でできた宮殿」の話は中国に伝わり、さらにマルコポーロを通じてヨーロッパに紹介されました。

厳美渓(げんびけい)
  • 厳美渓(げんびけい)

栗駒山(くりこまやま)を源としている川の浸食によって形成された、中流にある峡谷(けいこく)です。栗駒山の噴火によって堆積(たいせき)した岩が、数万年という年月をかけて水流に削られて形成された、奇岩(きがん)や深淵(しんえん)、滝など、美しい水流と奇石(きせき)の風景は、国の名勝天然記念物(めいしょう・てんねんきねんぶつ)にも指定されています。水の色は、川の底にある噴火物で出た堆積物の色や栗駒山の近くにある温泉の成分などが関係し、とてもきれいなエメラルドグリーンです。真冬になると、雪によって純白の綿帽子(わたぼうし)をかぶったかのような岩が連なる、幻想的(げんそうてき)な光景となります。

盛岡(もりおか)さんさ踊り
  • 盛岡(もりおか)さんさ踊り

盛岡市近郊各地で昔から行われていた様々な「さんさ踊り」を統合、観光イベント化して1978年から毎年8月1日から4日にかけて開催を継続しているのが現在の「盛岡さんさ踊り」です。東北の祭りの中においては歴史が浅いのですが、現在では知名度が向上し、「東北五大夏祭り」に数えられるようになりました。盛岡さんさ祭りに参加する各団体は、太鼓・踊り・笛のパートで構成されています。踊り手たちが個別に太鼓を持って踊るため「日本一の太鼓パレード」とも言われています。

南部鉄器(なんぶ・てっき)
  • 南部鉄器(なんぶ・てっき)

南部鉄器の主たる原料は鋳物用銑鉄(いものよう・せんてつ)で、その他漆(うるし)が使用されております。特徴は“質実剛健”(しつじつごうけん)“丈夫で長持ち”です。また、鉄瓶(てつびん)の錆(さ)びを防ぐため「金気止(かなけ・と)め」は、900度の炭火の中に30分位鉄瓶を入れて焼く、南部鉄瓶独特の技術です。南部鉄器は、17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師(かまし)を招き、茶の湯釜(ゆがま)をつくらせたのが始まりといわれます。以来、良質な原材料に恵まれたことや、藩が保護育成に努め各地より多くの鋳物師(いものし)、釜師を召し抱えたため発展し、その製造品も茶釜(ちゃがま)から日用品にいたるまで広い用途に応じています。

わんこそば
  • わんこそば

熱いそばつゆを通した一口大のそばを客のお椀に入れ、それを食べ終わるたびに、給仕がそのお椀に次々とそばを入れ続け、それを客が満腹になりふたを閉めるまで続けるというスタイルが基本となっています。もともと盛岡や花巻(はなまき)などの地域では客人をもてなすのに、そばを振舞う風習がありました。一度に大勢の客にゆでたてを振舞うには、少量ずつお椀に盛って出すしかありません。その作法が、わんこそばのルーツではないかといわれています。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

NIPPON Time Machine

大晦日(おおみそか)

大晦日(おおみそか)
1年の最後の日を「大晦日(おおみそか)」と言います。「晦日(みそか)」とは毎月の末日のことです。また、年越しの夜は除夜(じょや)ともいいます。かつて、除夜は歳神様(としがみさま)を迎えるため一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪(しらが)になる、シワが寄るなどの古い言い伝えがありました。

大晦日の夜ふけに、全国のお寺で鳴らされる108回打つ鐘を「除夜の鐘」といいます。これは仏教の儀式によるもので、江戸時代から日本全国で広く行われるようになりました。108とは仏教思想(ぶっきょう・しそう)に基づく百八煩悩(ひゃくはち・ぼんのう)を意味しています。煩悩とは「心を惑わし、身を悩ませる」ものを言い、鐘をつくことでこれらの煩悩を1つ1つ取り除いて、清らかな心で正月を迎えようという意味が込められているそうです。また、108回のうち最後の1回は年が明けてから突きます。これは、今年1年煩悩に惑わされないように、という意味が込められているそうです。

また、大晦日の風物詩(ふうぶつし)である「年越しそば」は、大晦日の夜に食べます。この風習は江戸中期、元禄(げんろく)時代頃から始まったといわれます。そばを食べることにより「そばのように細く長く幸せに生きる」という延命長寿(えんめい・ちょうじゅ)、そばは「胃腸を綺麗にする」から五臓の汚れを取り、無病息災(むびょう・そくさい)の願いが込められています。

暮らしの情報

年賀状

年賀状
年賀状とは日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、新年をお祝いする言葉を用い昨年の感謝と新しい年も変わらないお付き合いを依願する挨拶状です。 日本では昔から、新年を迎えると目上の人の家に出向きお祝いのご挨拶をする習慣がありました。ところが交際の範囲が広がり、遠く離れてしまいご挨拶を行えない遠方の人には代わりとして、新年への思いを込めて書状(しょじょう)を送りました。

明治時代に郵便制度が整い、郵便はがきが発行されると「はがきで年賀状を送る」という習慣が急速に広まっていき、その後、お年玉付年賀はがきが昭和24年(1949年)に発売され、遠方の方のみならず近しい方へも新年に送る年賀状の文化として定着し、今日まで続いています。

年賀状といえば、日本の文化のように考えがちですが、欧米でもクリスマスカードやイースターを祝うカードと並んで年賀状も盛んな時期がありました。ただ、欧米では年賀状のブームは、習慣として定着せず、1920年頃を境(さかい)に、ほとんどその姿を消し、クリスマスカードで年賀をかねる事が主流となっていきます。

年賀はがきの発行枚数は、2003年用の約44億5千万枚がピークであり、最近は減少傾向ですが、今でも約30億枚の年賀はがきが発行されており、一人当たり約23枚購入している計算になります。携帯電話やスマートフォン、インターネットの普及により若者の年賀状離れが進んでいるといわれています。しかし、デジタル化が進んでいる今の時代だからこそ直筆の年賀状をもらうと嬉しく思いませんか?皆さんも日ごろお世話になっている人や、過去にお世話になった人に年賀状を出してみたらいかがでしょうか。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2016年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2016年12月号を12月12日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

  • 2015年度採用者のレポート
  • 今月の新規掲載大学
    大阪市立大学、岐阜大学、京都大学、首都大学東京、千葉大学、鳥取大学、山形大学

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

8. 編集部より

12月号のJapan Alumni eNewsはいかがでしたか?
今年もあとわずかになりました。街はクリスマスのイルミネーション、音楽でにぎやかですね。これから、年末からお正月にかけて日本ならではの色々なイベントがあります。
NIPPON Time Machineでも紹介しましたが12月31日は大晦日と言い、除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べる風習があります。また、お正月は、初日の出を見たり、お雑煮(ぞうに)やおせち料理を食べたりと日本の古い文化を多く体験できます。
年末年始は学校もお休みなので、色々な場所で日本文化を体験してみてはいかがでしょうか。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は1月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook