独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

日本語教育センター

日本語教育センター(東京・大阪)

日本語教育センターの役割

国の留学生政策の一端を担う観点から、日本の高等教育機関への進学を希望する外国人留学生に対し、日本語教育及び基礎科目の教育を行っている文部科学大臣指定の準備教育機関であり、日本政府国費外国人留学生や外国政府派遣留学生を中心に受け入れています。

日本語教育センターの目的

  • 日本語と日本文化を解し将来の良好な対外関係を担う人材の育成
  • 日本語と日本文化を解し国内外で活躍する外国人高度人材の育成
  • 日本語教育機関のモデルとなる教育の実施

日本語教育センターの特色

準備教育課程の指定校

本センターの「進学課程」は文部科学大臣から「大学入学のための準備教育課程」の指定を受けています。
日本の大学や専門学校に進学するためには12年間の教育課程を修了していることが必要ですが、国によっては教育期間がもっと短いところがあります。本センターの「進学課程」を修了することにより、日本の大学等への入学資格を得ることができます。

多様な学生の受入

毎年30を越える国と地域からの学生が入学しています。国費外国人留学生や外国政府派遣留学生など多数受け入れ、非漢字圏出身の学生を積極的に受け入れています。また、学生同士の切磋琢磨・異文化理解の促進を図るため、日本の大学・大学院等への進学を目指す私費外国人留学生も受け入れています。

大学院進学者に対応できる教育

日本の大学学部進学のための「進学課程」のほか、大学院進学希望者に特化した「大学院等進学課程」(東京日本語教育センターに設置)を設けています。大学院進学希望者には、大阪日本語教育センターにおいても大学院で通用するアカデミック・ジャパニーズに重点を置いた日本語の教育を行い、研究計画書の作成・発表、論文の書き方を指導しています。

学部進学では基礎科目を重視した教育

文系・理系の進路別と能力別のクラス編成及び日本留学試験に対応したカリキュラムなど、学生のニーズにあった日本語及び基礎科目(英語・数学・理科・総合科目など)の教育を行っています。

独自開発の日本語教材

長年の教育実績に基づき本センターが開発した日本語教材を使用しています。2009年2月には大学院入試で重要視されている研究計画書の作成のための『実践 研究計画作成法』という教科書を市販しました。また、2011年3月には 『留学生のための理科系専門用語辞典[数学・物理・化学・生物] 日本語-英語-アラビア語』も市販しました。

充実した指導体制

日本語、基礎科目の双方ともに進度別に分けて、 少人数クラス編成のもと全日制で毎日6時間の授業を実施し、クラス担任制により経験豊かな教員が日本語教育センター独自の教材を使用し、徹底指導します。また、専門スタッフがきめ細やかな受験指導を行い、毎年高い進学実績があります。

充実した施設・設備

LL教室、PC教室、図書室、理科実験室等に加え、ドミトリーもあります。また、東京日本語教育センターには談話室・ランチスペース・学生ホールを、大阪日本語教育センターにはコンピュータルーム・学生食堂を完備しています。

充実したサポート体制

病院への付き添い、避難訓練(火災及び地震)、交通安全・防犯講習会の実施など、留学生の安全に配慮して、さまざまな面で生活をサポートしています(24時間警備員を配備・監視カメラを設置)。

勉強以外にも多様な教育機会を用意

校外研修会、課外体育活動、ホームステイなどの多様な行事を行っています。また、留学生の日本の文化や社会に対する理解を促進するため、各種行事や交流会への参加、ボランティア活動などにより、地域の方々や小中高校生との交流を積極的に進めています。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 日本留学ポータルサイト
  • バナー Facebook