独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Q&A

東京日本語教育センター
授業

Q. 出願手続き、出願書類について教えてください。

A1.このウェブサイトの入学案内をご参照ください。

ただし、法務省入国管理局の方針に従い、国籍・最終学歴等により提出物に異なる部分、これらに加えて必要となる書類等々があります。
そのため、出願ご希望の方は、事前に本センター校務まで、入学を希望される方の国籍と最終学歴を明記のうえで、電子メールにてお問い合わせください。出願される方の条件に合致したご案内をいたします。

Q2. ビザはどうなりますか?

A2.本校は大学・大学院に進学する準備機関のため、全員留学ビザが取得できます。

ビザの取得には「在留資格認定証明書」が必要ですが、証明書交付申請の手続きは本校が代行しています。ビザ取得の手続きは以下のとおりです。

1 . 出願の際には出願書類と併せて「在留資格認定証明書」交付申請に必要な書類も提出していただきます。本校が入国管理局へ代理申請します。↓
2 . 「在留資格認定証明書」の交付を受けたら、連絡者に送付しますので、連絡者から受け取ってください。↓
3 . 在外日本大使館・領事館に「パスポート」「在留資格認定証明書」「入学許可書」を提出して、ビザを取得します。

Q3. 連絡者とは何ですか?

A3.「連絡者」は出願手続き、入学手続きなど学生と本校との様々な連絡をしていただく方です。
また、留学中安心して勉強に専念できる環境作り、健康管理、進学・生活指導等においてもご協力をいただいております。

「連絡者」は原則として留学生一人につき一人とし、都内または近郊にお住まいの、学生本人と緊密な関係にある方をお願いしております。
なお、本校が例外的に「連絡者」を置かない場合で入学を許可することがありますが、その場合の取扱いについては個別に相談しますので、出願前に本校校務(下記)にお問い合わせください。

Q4. 費用はいくらくらいあればいいですか?

A4.該当するコースの学納金(1年コースは\799,760、1年半コースは\1,157,940)と、毎月の生活費の月数分(1年コースの場合は12か月分、1年半コースは18か月分)の合計が、最低限必要な金額となります。

生活費の部分につきましては、アパート等にて自活するのか、あるいは通学圏に身内の方があり、そこに住まわせていただいて通うのかによって、金額が変わってきます。

Q5.高校卒業まで学歴年数12年に満たないというのはどういうことですか?

A5.国・地域により、高校卒業まで12年未満の場合があり、最終学歴が高校卒業の場合、日本の大学受験に必要な要件を満たさないことになります。そうした方々は、当センターを含めた準備教育機関で学んで所定の条件を満たして卒業することにより、大学の受験資格を得ることになります。

しかし、あくまでも「高校を卒業している」ことが大前提となります。例えば、高校2年生まで通った後に中退し、学歴11年といった場合は、この対象とはなりませんのでご注意ください。

Q6. 奨学金について教えてください

A6

成績優秀で、かつ経済的に困難な学生のために、本センター奨学金をはじめ、さまざまな団体のご協力による奨学金制度を設けております。当センター在学期間中の所定の時期に応募・選考が行われます。昨年度の実績は以下の通りです。

奨学団体 人数 金額/年
東京日本語教育センター 8 24万円
守屋留学生交流協会 2 24万円
東京馬場先門ライオンズクラブ 1 12万円
戸田ロータリークラブ 1 10万円
昭和池田記念財団 20 10万円
高山国際教育財団 2 60万円
文部科学省外国人留学生学習奨励費 若干 57.6万円
マブチ国際育英財団 若干 150万円

お問い合わせ

独立行政法人 日本学生支援機構 東京日本語教育センター 校務
  • 〒169-0074 東京都新宿区北新宿3-22-7
  • 電話03-3371-7267
  • E-mailkoumu【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 日本留学ポータルサイト
  • バナー Facebook