独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「奨学金」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

平成30年度進学者

給付奨学金【新制度】 平成30年度進学者(本格実施分)

平成30年度進学者に係る給付奨学金の申込受付は終了しました。

趣旨・目的

高等学校等において優れた生徒であって、大学等への進学の目的及び意志が明確であるにもかかわらず、経済的理由により進学が困難な生徒に対して、返還の必要のない給付奨学金を交付することにより、大学等への進学を後押しすることを目的とするものです。
進学を後押しするため、進学前に採用候補者を決定する予約採用により申込みを受け付けています。

平成30年度進学予定者用 給付奨学金案内

申込みは在学している高等学校等の奨学金窓口を通して行います。申込みの詳細や提出期限は、在学している学校へお問い合わせください。(平成30年度進学者の申込受付は終了しました。)

1.募集対象者

平成30年度に大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学を予定している人、および高等専門学校3年次から4年次に進級する予定の人であって、以下のア又はイのいずれかに該当する人

ア.住民税非課税世帯(市町村民税所得割額が0円)の人、又は生活保護受給世帯の人
イ.社会的養護を必要とする人(※1)

※1 社会的養護を必要とする人
18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設(平成29年4月~「児童心理治療施設」に改称)、自立援助ホームに入所している人若しくは入所していた人、又は、18歳時点で里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)委託者のもとで養育されている人若しくは養育されていた人

※2 平成30年3月末に高等学校等を卒業予定の人の他、高等学校を卒業後2年以内の人、高卒認定試験合格者で合格後2年以内の人が申し込めます。

2.基準

具体的な基準は、機構から提示するガイドラインを踏まえて各高等学校等が定めます。
各高等学校等は、定めた推薦基準に基づいて選考を行い、機構が示す推薦枠の範囲内で機構に採用候補者を推薦します。

3.給付月額

区分 自宅通学 自宅外通学
国公立 2万円 3万円
私立 3万円 4万円
国立で授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が減額されます。
社会的養護が必要な人は、別途一時金として入学時に24万円を支給します。

4.申込み

申込みは在学している高等学校等の奨学金窓口を通して行います。
なお、申込受付は大学等への進学前(高等専門学校生は4年次進級前)に行います。進学後の申込受付は予定していません。

高等学校卒業程度認定試験の合格者で合格後2年以内の人または合格する見込みの人は、機構に直接申し込みます。詳しくは次のページを確認してください。

採用候補者決定後の手続き

高等学校等からの推薦に基づき、機構にて審査のうえ採用候補者を決定します。
採用候補者決定の結果は、高等学校等を通じて通知します(10月下旬予定)。
不明な点は高等学校等の奨学金窓口に確認してください。

給付奨学生の採用候補者に決定した人は、進学後に、定められた期限内に「進学届」を進学先に提出する必要があります。
この「進学届」を提出しないと給付奨学生として採用されず、採用候補者としての権利を失います。
採用候補者に決定した後、学校から配付される書類をよく確認し、進学後の手続きに備えてください。

また、進学後、給付奨学生として採用後に交付される「誓約書」は、記載内容を確認のうえ署名・押印し、定められた期限までに提出する必要があります。期限までに「誓約書」を提出しない場合は採用が取り消されます。

奨学金受給中の手続き(平成29・30年度以降進学者共通)

【在籍報告】
奨学金受給中は、インターネットを通じて定期的に在籍状況及び通学形態について報告します(7月・10月)。
定められた期限までに報告がないときは、奨学金の支給が止まります。

【適格認定】
毎年度、翌年度の給付継続について申請し、資格について審査(適格認定)を受けることになります。
成績不振等の場合、奨学金の交付が止まること等があります。

ピックアップ

  • 奨学金貸与・返還シミュレーション
  • スカラネットパーソナル
  • モバイルサイト