独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「奨学金」カテゴリのコンテンツです。

独立行政法人日本学生支援機構のサイト

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

第一種・第二種併用

1.学力基準

第一種と同じ。

2.家計基準

本人の収入(定職、アルバイト、父母等からの給付、奨学金、その他の収入により本人が1年間に得た金額)と配偶者の定職収入の金額の合計額が、下記の金額以下の時選考の対象となります。
配偶者が給与所得者の場合は、配偶者のみ下表の給与所得控除をしたうえで、本人の収入金額と合算します。
なお、定職収入が給与所得以外の場合は、収入金額から必要経費を控除した額となります。

<収入基準額>
修士・博士前期課程 博士後期課程
博士医・歯・薬(6年制学部卒)・獣医学課程
284万円 299万円

<給与所得の控除額>(配偶者のみ)
年間収入金額(税込)【A】 控除額
400万円以下 【A】×0.2+214万円
(ただし、収入金額が268万円未満の控除額は収入金額と同額である。)
400万円を超え781万円以下 【A】×0.3+174万円
781万円超 408万円

収入に関する提出書類

○定職収入がある場合
給与所得者・・・源泉徴収票のコピー
給与所得以外
【確定申告を確定申告書の持参・郵送により行った場合】
確定申告書(第一表と第二表)(控)の写し(税務署の受付印があるもの)
※税務署の受付印がないものは、加えて市区町村役場発行の「所得証明書」(有料)が必要です。
【確定申告を電子申告により行った場合】
申告内容確認票の写し(受信通知又は即時通知を添付)

○アルバイト収入
アルバイト先の収入証明

○奨学金を受けている場合
奨学生採用決定通知、 奨学金受給額を証明する書類の写し

(注)学力と家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されないことがあります。

※修士・博士前期課程には専門職大学院(法科大学院を含む)の課程を含みます。
※一貫制博士課程は、修士・博士前期、博士後期課程に準じます。

ピックアップ

  • 奨学金貸与・返還シミュレーション
  • スカラネットパーソナル
  • モバイルサイト