申請者が日本人学生の場合における、支援金の申請から支給までの流れについて説明しています。
※ 外国人留学生以外の外国籍の学生等を含む。

【学生等が行う手続き】

支援金の支給を希望する学生等は、以下の書類を揃えて在学する学校に提出してください。

  • 本人及び学校から提出された書類については、支給の取り消し及び取り下げとなった場合を含め返却しません。

提出書類

1.「(JASSO支援金)様式1_申請書(日本人学生用)」

下記より申請書をダウンロードして、必要事項を記入してください。

2.罹災証明書等の公的資料

3.支援金の振込みを希望する口座の名義人及び口座番号がわかる通帳等のコピー

支援金の振込口座については下記の点に注意してください。
(1)申請者(学生)名義の普通口座のみとします。
(2)次の金融機関等は取り扱いません。
農協、外資系銀行、ネットバンク等(新生銀行、あおぞら銀行、セブン銀行等)
(3)インターネット支店、一定期間取引がない口座(休眠口座)は指定できません。

【学校が行う手続き】

学校等の事務担当者は、学生等から申請があった場合、以下の手順で本機構理事長宛に学校長名で推薦してください。なお、推薦には、本ホームページからのデータの送信と、書類の郵送の両方が必要となりますのでご注意ください。

1.申請資格等、申請内容の確認

以下について確認してください。

  • 申請書に記載の振込口座について、次のことに注意してください。
    ・申請者(学生)名義の普通口座が指定されていること。
    ・農協、外資系銀行、 ネットバンク等(新生銀行、あおぞら銀行、セブン銀行等)ではないこと。
    ・インターネット支店や一定期間取引がない口座(休眠口座)ではないこと。
  • 申請書の罹災住所について、次のことに注意してください。
    ・学校等の管理簿等に記された住所(学校届出住所)と同一であること。

2.推薦書類関係の作成及びデータ送信

  • 送信データは、暗号化された通信(SSL)で保護されます。

3.本機構への推薦(郵送)

  • 書類提出の際は、封筒の表に「JASSO支援金申請書等在中」と朱書きの上、申請期間内(消印有効)に簡易書留で送付してください。

4.申請者への審査結果の通知

【本機構が行う手続き】

その他

1.後日提出を約束した罹災証明書の提出がない場合、あるいは、その内容が申請資格を満たしていない場合、口座番号不一致や書類不備に関する照会に対し期限までに回答がなかった等の場合は、申請を無効とします。
2.災害の規模や状況により、支給時期、支給額等の変更が生じる場合があります。
3.支援内容の検討のため、学校及び支給者にアンケートへの協力をお願いする場合があります。