事例紹介

事例が起きた時期

令和元年度
発生時期:受験時

事例が起きた学校

国立大学、学校規模:5,000から9,999人

対象学生

学科(専攻):理学、年次:記入なし、障害種:発達障害(発達障害の重複)

支援の申し出

1.支援の申し出の受付

  • 支援の申し出:有
  • 申し出を受けた部署(者):学生生活支援担当部署
  • 支援の申し出を受け付ける申請書(様式):有
  • ニーズ聴き取りのための面談:実施なし

2.支援が必要とされた場面

受験・入学 授業・研究指導 実習、フィールドワーク等

申し出への対応

1.配慮内容の決定について

  • 配慮の提供に関する学内関係部署の検討・協議:実施した
  • 検討協議に参加した部署(者):障害学生支援部署 入試担当部署 教務担当部署 教育部門
  • 配慮内容の決定過程: 当該学生は参加せず、決定後に通知した
  • 学内関係部署への配慮依頼文書の配付:実施なし

2.配慮内容決定後のモニタリング・フォローアップ

  • 特にフォローアップは行なっていない
  • フォローアップを行なっていない理由:受験したが不合格だったため

相談内容

記入なし

申し出内容と配慮の提供

申し出内容1:本人が作成する出願書類の拡大使用。

申し出内容2:視覚過敏、聴覚過敏のため個人面接による面接試験。

申し出内容3:試験室入り口までの付添者の同伴。

申し出内容4:注意事項、試験中の伝達事項の文書による伝達。

申し出内容5:必要単位の具体的な指示、日々のスケジュールの管理。

申し出内容6:フィールドワーク、実験等の専門の人によるサポート。

申し出内容7:授業中のデジカメ使用許可

申し出内容8:授業資料のプリント配布やデータ提供

配慮内容決定後の不服、不満、苦情の申し立て

不服、不満、苦情等申し立て:なかった

その後の経過、課題等

入学に至らなかったため、特になし。

【参照】