「日本語」及び「英語」により出題します。(ただし、「日本語」の科目は日本語による出題のみ。)
 なお、試験問題の問題冊子は、「日本語」と「英語」とでそれぞれ別なので、受験者は、受験希望の大学等の指定に基づき、出願時に、どちらか一方を選択してください。
 また、「英語」を選択する人は、試験会場が限られていますので、試験会場を選ぶときに注意してください。