対象

現在失業中であるものの、「次回返還期日の7か月以上前」に離職した場合で、さらに所得証明書等による年収(所得)が承認基準を超える場合。

  • 「失業中」を事由として申請できるのは、離職月とその翌月から6か月間です。

留意事項

猶予願の「願出の事由」欄は、「経済困難」にチェックしてください。

申請書類

所定の「猶予願&チェックシート&マイナンバー提出書」にあわせて、以下の証明書を本機構へ提出してください。
※「コピー」と記載がないものはすべて「原本」が必要です。

証明書の種類 (1)「経済困難」の証明書 【リンク先1】
(2)「失業中」の証明書 【リンク先2】
※(1)(2)については、マイナンバーの提出により、提出を省略できる証明書があります。詳しくはリンク先を確認してください。

以下のいずれか1点を(1)(2)に追加してください。
(3)健康保険証(国民健康保険証は不可)の被扶養者欄のコピー
※(3)については、マイナンバーの提出によりコピーの提出を省略できます。ただし、直近1年以内に被扶養者となった方は、健康保険証の被扶養者欄のコピーの提出は省略できません。
(4)国民健康保険証コピー+ハローワークカードコピー(最近4か月以内発行)
※(4)については、マイナンバーの提出により国民健康保険証コピーの提出を省略できます。(ハローワークカードコピーは省略できません。)