独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「学生生活支援」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

令和元年度障害学生支援実務者育成研修会

本研修会は、講義・演習形式のカリキュラムにより、障害学生支援の実務者を育成することを目的としています。基本的な知識の習得や対応の向上等を図ることを目的とした基礎プログラムと、障害学生支援を担当する教職員個々の専門知識の向上や実践面の向上を図ることを目的とした応用プログラムに分けて実施します。

基礎プログラム開催報告

障害学生の実務者を育成することを目的として、基礎的な知識の習得や対応の向上等を図ることを目的に、「障害学生実務者育成研修会(基礎プログラム)を開催しました。

【東京会場】
開催日:令和元年8月22日(木曜日)、23日(金曜日)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:153人

【兵庫会場】
開催日:令和元年8月29日(木曜日)、30日(金曜日)
会場:兵庫国際交流会館
参加対象:大学、短期大学、高等専門学校の障害学生支援に関わる教職員
参加人数:130人

1.開催内容

研修会当日は、障害のある学生の支援ニーズと学校の支援方法、支援者の育成、就職に関する講義のほか、グループに分かれての所属校の課題の発見等に関する演習(協議)等が行われました。
開催後に実施したアンケートでは「今回の参加にあたって、課題を整理するきっかけとなった。」「どのような支援を行なえばよいかが明確になるような内容となっており、大変勉強になった。」「他校がどのような支援を行なっているかなど、素晴らしい情報交換の場となった。」といった回答が寄せられました。

障害学生実務者育成研修会基礎プログラムの様子

2.プログラム

<1日目>(9時40分から17時15分)
障害学生支援に関する基本的な考え方
支援の流れと教職員の役割・相談体制
アイスブレーク(課題の共有)
学生のニーズと修学支援方法A~身体障害の事例を中心に~
学生のニーズと修学支援方法B~精神疾患等の事例を中心に~
1日目のまとめ

<2日目>(9時40分から16時50分)
アイスブレーク(課題の共有)
学生のニーズと修学支援方法C~発達障害の事例を中心に~
支援者の育成とICT活用
障害学生の就職支援
与えられた課題に対する解決策の協議

※兵庫会場では、1日目に学生のニーズと修学支援方法B~発達障害の事例を中心に~、2日目に学生のニーズと修学支援方法C~精神疾患等の事例を中心に~の講義を行ないました。

応用プログラム

障害学生支援を担当する教職員個々の専門的知識の向上や実践の向上を図ることを目的とした実践的演習中心のプログラムです。研修は前期2日間・後期1日の合計3日間行なわれます。

【前期】
開催日:令和元年9月17日(火曜日)、18日(水曜日)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター

【後期】
開催日:令和元年12月10日(火曜日)
会場:東京国際交流館プラザ平成

◆お申込受付は終了しました。
たくさんのお申込みありがとうございました。
受講の可否については、6月21日(金曜日)にメールにて通知しました。

本研修会を受講する皆様は、「研修会(応用プログラム)を受講する皆様へ(ご連絡事項)」をご閲覧ください。

【提出物・課題フォーマット】
ワークシート10・11(9月末日提出締切。メール又は郵送にて提出)

ワークシート12(12月10日研修会当日持参。持参部数は後日連絡)
※ワークシート11で提出された取組課題のテーマより変更された場合には、11月18日までに下記のメールアドレス宛にご連絡ください。

障害学生支援実務者育成研修会会場MAP

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 障害学生支援課
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6174
  • FAX03-5520-6051
  • E-mailkyoshoku2【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • イベントカレンダー