独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

Japan Alumni eNews (Vol. 117)

Japan Alumni eNews Vol. 117 2019年1月10日

Japan Alumni eNews Vol. 117

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

  • 投稿方法
1 . 写真と写真のタイトル(15文字以内)
2 . 氏名(カタカナ及びアルファベット)
3 . 国籍
4 . 留学先の学校名
  • 上記内容を明記のうえ、次のアドレスまでお送りください。
  • alumni-newsletter【@】jasso.go.jp
    ※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

日本の思い出(読者からの写真)

1月号のLife in Japan by Photoは「日本の思い出」をご紹介します(敬称略)。

富士宮の浅間神社の穏やかな景色

フェン テイ タオー(ベトナム)
静岡英和学院大学短期学部
タイトル:富士宮の浅間神社の穏やかな景色

羽形の雲――天使からのメッセージ

リュウ レイハイ(中国)
徳島大学
タイトル:羽形の雲――天使からのメッセージ

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:2019年卒の留学生採用率は11.7%

2018年11月、株式会社マイナビが「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」の結果を発表しました。それによると、「外国人留学生を採用した(する予定)」とする日本企業の回答は全体の11.7%となりました。新卒採用実績のある日本国内8,000社を対象とし、回答数は3,013社でした。2020年卒予定の留学生では、「採用する予定」が10.7%、「検討中」が28.8%となり、採用率は今年より高まる可能性もあります。「採用をしていない(または予定がない)」企業に理由を聞いたところ、「外国人が活躍できる環境が整っていない(43.2%)」「現場の受け入れ体制が整っていない(43.8%)」と、企業側の準備がまだ不足している実態が浮き彫りになりました。

NEWS2:JARC-NetがJSPS-Netに統合

2009年7月に日本学術振興会(JSPS)によって運用が始まった、アジア留日経験研究者データベース(JARC-Net)が2018年12月末に廃止され、この1月から同JSPSが運用しているソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)「JSPS-Net」に統合されました。JARC-Netは、日本への留学・滞在経験を持つアジアの研究者や、アジアとの研究協力に関心を持つ日本人研究者などの情報を集めたデータベースです。アジアにおける共同研究者とのネットワークの維持や、新たな共同研究のパートナー探しの目的で運営していました。JSPS-Netが、SNSを利用して研究者の国際的な交流や活動をサポートすることを目的としているため、JARC-Netの機能を補完できると見て統合することとしました。

現役留学生紹介

タン ホン チュアン

名前:タン ホン チュアン
国籍:マレーシア
所属大学:東京経済大学
専攻:コミュニケーション学部コミュニケーション学科
学年:4年生
日本留学期間:2014年4月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1

日本に興味を持ったきっかけは、日本に留学していた叔母さんの話です。子供の時から、叔母さんが日本に留学していた話をたくさん聞きました。日本の人達は優しい、電車は時間通りに来る、電車はとても便利だ、などの話をしてくれました。そこで日本が叔母さんの言った通りかどうか自分の目で確かめるために、日本に絶対行くと決めました。

来日前は電車や人が多いという印象がありましたが、来日後、人の歩くスピードが速すぎることにびっくりしました。ある時、駅のホームへ行くためダッシュで階段を上っていたところ、ハイヒールを履いている女性に抜かれたことにショックを受けました。これがきっかけとなり、週3回ランニングをするようになりました。夜間走る人が多いことも印象深かったです。

来日前にしておくべきことは、やはり日本語を少しでも勉強しておいた方がいいと思います。日本に来て少しでも日本語ができるとより便利だと思うからです。

大学4年生になった今、就職先の仕事の内定も得ることができ、あとは卒業論文と数単位を残すのみとなりました。将来は日本で就職し、いつか母国に戻って、自分のレストランを経営したいと思っています。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

一般財団法人日本国際協力センター(JICE)

人材育成奨学計画(以下JDS)は、アジアを中心とした16か国を対象に、開発途上国の若手行政官等の人材育成を目的とした無償資金協力による留学生受け入れ事業です。来年には20周年を迎え、留学者数は約4,000人に上ります。

フィリピンでは、2003年の事業開始以来、340人が来日し、うち約300人が帰国生として活躍しています。今年7月、JICEは帰国生有志と共に、フィリピンJDS同窓会設立イベントを開催しました。帰国生同士のネットワークの強化のみならず、JDS同窓会を通じた持続的な社会貢献活動などを実施することが協議され、今後の同窓会の役割が期待されます。

一般財団法人日本国際協力センター(JICE)留学生事業第一部 留学生事業課 担当 中ノ上
連絡先:jds.follow-up【@】jice.org
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

大学紹介

日本の大学を紹介します。

  • 桜美林大学

【プロフィール】(2018年5月1日現在)
学校名:桜美林大学
町田キャンパス:東京都町田市常盤町3758
プラネット淵野辺キャンパス(PFC ):神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1
四谷キャンパス(千駄ヶ谷):東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12
多摩アカデミーヒルズ:東京都多摩市落合2-31-1
新宿キャンパス:東京都新宿区百人町3-23-1(2019年4月開設予定)
在籍者数:学部生 9,234名、大学院生 339名、別科 96名
外国人留学生数:学部生 376名、大学院生 133名、交換留学 137名、留学生別科 94名

大学紹介写真

1. 大学の概要(歴史・理念等)

桜美林学園は、建学の理念として「キリスト教精神に基づく国際人の育成」を掲げています。それは、学園の創立者清水安三の開設当初からの「隣人に寄り添える心を持つ国際人を育てたい」という願いに基づいています。その思いを具現化するため、本学では1921年の創立以来、語学と国際教育を中心にした教育研究活動に力を入れています。その目標は、学生一人ひとりが母語以外の言語を高いレベルで修得し、それぞれの興味や関心に基づいた専門的な学びの体系を保証すること、そしてグローバル社会の中で生きがいを感じながら活躍できる資質を育むことです。この目標を最も効果的な形で実現するために、学群制による教育体制を整えています。

2. 特色ある学部・研究科の概要と特徴

日常の風景

桜美林大学には、リベラルアーツ学群、グローバル・コミュニケーション学群、ビジネスマネジメント学群、健康福祉学群、芸術文化学群の5学群を設置しています。「学群制」により、特定の分野だけではなく、隣接した分野も広く学ぶことができるのが特徴です。学生は、各学群の持つ専門科目の中から興味関心のある科目を選択して、自分の学びの形を作り上げていきます。専攻としての必修科目はあるものの、自分で考え、教職員相談しながら自分の学びを組み立てるのが、本学の教育の基本姿勢です。「メジャー・マイナー制度」を使って、さらに異なる分野の学問を柔軟に結びつけることもできます。

3. 外国人留学生への支援の取り組み(住居・奨学金・学費減免等の生活支援)

国際寮

留学生の受け入れだけではなく、日本人学生も入居し、生活の場でも国際交流ができる教育寮として、国際寮を町田キャンパス周辺に2棟設置しています。人種や立場の異なる多種多様の学生と切磋琢磨し、寝食を共にすることによって、本学の教育目的である国際的人物の育成を行うことを主眼に置いています。奨学金等については、各民間財団の奨学金、学内協定校向け奨学金のほか、留学生向けの本学独自の奨学金の設置を計画しています。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(その他就職・国際交流等)

国際交流イベント

桜美林大学では、世界の様々な国・地域からの留学生が学んでいます。日本人学生と留学生の交流を促進するために諸々の施策を取り入れています。「インターナショナルキャンプ」や「はじめまして遠足」といった国際交流イベントが代表例です。こういったイベントは、国際交流課の公認学生団体が主体となって運営し、学生目線を重視した交流が実現できています。学内で学んだ言語を活用する日本語会話テーブル、日本人学生が留学生の授業を訪問して言語学習を補助する「日本語クラスゲスト」、「ライティングサポートセンター」、「日本語学習リソースセンター」など、留学生の学習を支援するための仕掛けもたくさん用意しています。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

公益財団法人神戸学生青年センター

事業名
六甲奨学基金 2019年度奨学生
1. 概要:
公益財団法人神戸学生青年センターでは、1995年1月17日の阪神・淡路大震災で被災した留学生支援の活動をふまえて「六甲奨学基金」を創設し、1996年度より毎年4~10名の留学生に奨学金を支給してまいりました。今年度も兵庫県下の学校に在学する6名の留学生に奨学金を支給いたします。
2. 応募資格:
(1)アジア地域から来日し、2019年2月1日現在、兵庫県下の学校で学んでいる学生。
(2)2019年4月より2020年3月まで在学する学生。
(3)他の奨学金を受給していない者。
3. 応募方法:
2019年2月28日までに、所定の申請書および推薦書を大学・学院等を通して(公財)神戸学生青年センターに申請する。
4. 応募締切:
2019年2月28日(木曜日)
5. 奨学金額:
月額5万円/人。返済の必要なし。毎月一回センターに本人が受け取りにくること。
6. 期間:
1年(2019年4月~2020年3月)
7. お問い合わせ先:
公益財団法人 神戸学生青年センター
〒657-0064 兵庫県神戸市灘区山田町3-1-1
TEL:078-851-2760
FAX:078-821-5878

シンポジウム紹介

消費者の心理をさぐる

物を買うときの心理とは? 脳科学の知見は「マーケティング」をどのように変える? ブランドはどのようにして生まれる? 物語を使った広告とはどのようなもの? 等,最新の研究事例を交え,消費者の心理のメカニズムにせまります。

日時:2019年3月16日(土曜日)13時~17時
場所:東北大学川内キャンパス(Aエリア)講義棟A棟A200教室(宮城県仙台市青葉区川内41)

学会紹介

日本語試験紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

  • <外国人材活躍推進プログラム>
  • 「『日本再興戦略』改訂2014」(平成26年6月24日閣議決定)等を踏まえ、日本経済の更なる活性化を図り、国際競争力を高めていくため、高度外国人材の「卵」たる留学生等の国内での就職拡大に向けて、関係省庁・団体連携の下、「外国人材活躍推進プログラム」を2015年度から実施しています。
    プログラムに位置づけられたセミナーやイベント等を通じて、国内企業等での就職を希望する留学生をはじめとする外国人の方と外国人の採用に興味・関心のある国内企業等を結び付ける仕組みを強化します。
  • 福岡学生職業センター
  • 求人情報の提供、就職支援ガイダンス、業界研究&自己分析、就活準備セミナー、個別の相談等
  • <外国人留学生対象イベント>
  • 留学生対象就職面接会(第3回)
  • (東京外国人雇用サービスセンター)
    日時:2019年1月23日(水曜日)~2019年1月25日(金曜日)(予定)
    場所:出会いのフロア
    (東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル21階)
    対象者:主に2019年3月卒業予定者
  • TOP CAREER 2020 早期業界研究
  • (フォースバレー・コンシェルジュ株式会社)
    日時:2019年1月19日(土曜日)13時~18時
    場所:ベルサール新宿グランド 5F
    (東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー)
    対象者:2019年4月~2020年3月までに大学・大学院・専門学校を卒業する予定の方
    事前申し込み:要(ウェブサイトから)
  • ASEAN/欧米留学生向け業界研究フェア
  • (株式会社ベイングローバル)
    日時:2019年2月2日(土曜日)13時~17時
    場所:TKP田町カンファレンスセンター 2A/Bホール
    (東京都港区芝5-29-14 田町日工ビルB1F/2F)
    対象者:2019年4月~2020年3月までに大学・大学院を卒業あるいは卒業見込みのASEAN/欧米留学生の方
    事前申し込み:要(ウェブサイトから)

就職活動体験談

オ ドンミ

名前:呉 東美(オ ドンミ)
国籍:韓国
出身大学:明治大学
専攻:経営学部
日本留学期間:2012年4月~2016年3月
勤務先企業名:京セラコミュニケーションシステム株式会社
日本語レベル:日本語能力試験N1

日本を留学先に決めたキッカケは、高校卒業時に、日本に住んでいる知り合いから留学を勧められたことです。高校のときに第二外国語で日本語の勉強をしたこともあり、海外で生活してみたいという気持ちもあったので、留学をしようと決心しました。

日本の大学を卒業したので、自然に日本で就職をしようと思いました。母国に帰ることも考えていましたが就職市場が厳しいこともあり、せっかく日本に留学したからには仕事もしてみたいということで、就職を決意しました。また、日本で4年間大学に通いながら日本の企業について勉強する機会も多くあり、日本の人材育成や会社のシステム、構造に興味があったこともひとつの理由です。
就職後、3年目になった今はとても満足しています。会社の雰囲気はもちろんのこと、自己成長できる環境であることに感謝しています。会社の先輩に大変恵まれ、わからないことがあれば何でも教えていただき、周りの同期からも刺激をもらいながら、業務に取り組んでいる最中です。まだまだの部分もありますが、今は部門にも貢献できるようになっています。自分の成長とともに、お客様へどう役立つかということを日々先輩や上司と話し合いながら、業務に取り組んでいます。

就職活動で一番大事と思うことは、その仕事が自分がやりたい仕事なのか自分の考えとぶれていないかということと、OB・OG訪問や交流会・面接で感じた会社の雰囲気です。

就職活動でひとつだけ後悔していることは、自分の能力・やりたいことを最初から決め付けたことだと思います。理系ではないので、「絶対にSEにはならない」「事務職は合わない」など、幅を広げずに決めてしまったので、広い視野で就職活動をすることができなかったと思います。
今は経営コンサルティングという業務に携わらせていただいており、日々成長を感じ、満足していますが、一方でほかの仕事をしたらどうなったのかなということも考えます。

業界・企業研究には、母校の先輩と話し合うOB・OG訪問がとても役に立ちました。仕事は実際にやってみないと自分に合うかどうかわからないですが、少しでも現場の方々と話し合い、どのような業務をしているかうかがうことはよい機会だったと思います。その中で、会社の雰囲気もわかりますし、学校の先輩なので、ざっくばらんに話をしていただけたと思います。
また、その会社に就職したいときのコツも教えていただきました。アピールポイントや会社で大事にしている考え方、方針、求める人材を生の声でうかがえたのはとてもよかったと思います。

日本の企業の特徴だと思うことは、「今準備ができてすぐ戦力になる人」を選ぶのではなくて、「将来的に自分たちと一緒に働ける人」を選ぶことだと思います。つまり、実力も重要ではありますが、どのような企業と合うかを考えることが重要だということです。各企業は、企業の風土や大事にしていることがそれぞれ異なりますので、まずは自分の性格やスタイルを理解した上で、企業にアプローチしていくことが重要ではないかと思います。
また、グローバル社会ということで、英語や外国語に特化した業務に携わることもあると思いますが、「日本」という国に就職し、日本人を相手にした業務をするので、ビジネスレベルで問題なく話せるような日本語のスキルが重要だと思います。必要に応じて日本人並みのスキルを求められる場合もありますので、就職前に日本語力を高めることを意識すると、さらによいと思います。

就職情報コーナー

エントリーシート

エントリーシートとは、企業が応募者の特徴を詳しく把握するための書類です。エントリーシートの提出により、企業の採用試験への正式な申込みとなります。エントリーシートの書式や記入する内容は、企業によって異なりますが、所属大学の情報や連絡先などの基本情報と作文を組み合わせたものが一般的です。

エントリーシートの作文では、一般的に「自己PR」や「学生時代に取り組んだこと」、「志望動機」などのテーマについて、決められた文字数で回答する必要があります。これらの項目は多くの企業で求められるテーマなので、事前にどう答えるか、考えをまとめておく必要があります。

まずはそれぞれのテーマに対して、自分の考えをまとめて書いてみましょう。エントリーシートを書く時のポイントとしては、下記の点に注意しましょう。

(1)結論を最初に書く
ビジネスでの文書は最初に結論を書きます。
(2)論理的に書く
文章の構成を考えて書く必要があります。「結論、根拠、具体例(エピソード)、まとめ」の順で書くことにより説得力のある文書となります。
(3)成果より成果に至る過程が重要
日本企業の採用基準は成果より成果に至るまでの過程において、どのような思考でど
のような行動をとったかが重要視されます。

エントリーシートは1回書いただけでは完成しません。書いたものを周りの先生や日本人に添削してもらう、企業へ提出して選考から落ちた場合にはまた見直して修正するなどと、修正を何度も繰り返して完成に近づけていきます。エントリーシートは、次の選考ステップである面接で話す元となる書類でもあります。面接で対応するためにも、エントリーシートをより良いものにしていきましょう。

5. Visit Japan

日本を旅行してみませんか?日本各地の名所・イベント・グルメ情報をご紹介します! 1月号は奈良県です。

奈良県

奈良の大仏
  • 奈良の大仏

現在の奈良県奈良市あたりに平城京(へいじょうきょう)という名の都が置かれた奈良時代に、東大寺というお寺が創建されました。その本尊「盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)」が「奈良の大仏」と呼ばれています。台座の高さ3メートルの上にさらに15メートルの高さでそびえる日本でも有数の巨大仏像として国内外から人気の的になっています。東大寺の金堂(大仏殿)に収められており、拝観料を支払えば見学することができます。建造には、現在の金額に換算して4,657億円かかったと推定され、これは当時の国家予算の3倍とも言われています。「開眼供養(かいげんくよう)」と呼ばれる大仏の目を描き入れる儀式には当時の天皇、皇太后が臨席し、文武百官および約1万人の僧を集めて盛大なイベントが開催されました。ただ、建造に巨額の費用がかかったために、その後、国の財政事情が悪化して、一部反乱などを引き起こしたとされています。

奈良漬(ならづけ)
  • 奈良漬(ならづけ)

奈良漬は奈良県特産の漬物(つけもの)です。日本には多くの漬物がありますが、この奈良漬は特にその製造期間の長さが特徴で、短いもので半年、長いものでは2年以上かけて作る、最も手間のかかる漬物と言えます。製造に時間がかかる理由は、何度も漬け替える作業にあります。この作業によって、甘くて芳醇な味を実現しています。製造元によって異なりますが、例えば6~7回程度、発酵を促進する材料を入れ替えるということです。漬けて寝かす期間は1回あたり1か月以上になるので、これだけでも半年以上はかかってしまいます。美味しく出来上がった奈良漬は黒に近い濃いべっ甲色で、香り高く深い旨味が備わっています。酒の原料を発酵材料としているのでアルコール度数が5~8%程度と高く、アルコールが弱い人には苦手とする人もいます。

6. NIPPON Information

ポップカルチャー、伝統、グルメ、最先端技術など楽しい読み物のコーナーです!

暮らしの情報

福袋(ふくぶくろ)

福袋(ふくぶくろ)

福袋とは、年始に販売される、中身が見えない袋にいくつかの商品(1個の場合もあります)を入れたものです。商品の合計金額が福袋の販売金額以上のものを一般的に指して言います。福袋の購入者は、中身が分からない代わりに、支払った金額以上に価値のある商品を入手できるメリットがありますが、一方で必要ではない商品が入っている可能性もあるギャンブル性の高い買い物です。多くは正月商戦の時に売り出され、その年の運勢を占う縁起物でもあります。百貨店で販売されるケースが多いのですが、今ではネットも含め広くさまざまな商店で定番商品となりつつあります。

福袋の起源は、江戸時代の呉服屋が年末近くに着物の端切れ(はぎれ)を集めて袋に入れ、それを格安で売り出したことと言われています。明治時代に入って、一部の百貨店が端切れではなくさまざまな商品を袋に入れて、わざと中身が見えないようにして格安で販売したのが現在の福袋の原型となりました。販売店にとっては、売れない商品の在庫整理の意味もありますが、最近では消費者の目も肥えてきたので、そうした販売側の思惑はなかなか通用しないようになり、事前に内容が分かる福袋の販売なども増えてきました。

元旦の朝早くから福袋を求めて百貨店や大型家電店に並ぶケースも多く、ここ最近は一種のブームとなっています。福袋を呼び水に正月商戦で多くの商品を買ってもらおうという店は多く、話題作りという意味でも、大きな割引率になる福袋の販売に力を入れるところが増えてきました。宝飾品や不動産、自動車など高額商品の福袋も現れ、また、物品だけではなく、旅行や体験型イベントへの参加、レッスン受講などの権利が得られる福袋も出現しています。逆に役に立たない商品をネタにSNSで拡散して楽しむようなケースも出てきて、ここしばらく福袋ブームは収まりそうにありません。

政府広報誌等

文化・スポーツ等を含む日本の広報資料の紹介です。

  • International Dissemination of Japanese Culture
  • 文化庁公式YouTubeチャンネルです。
    歌舞伎、落語、茶道といった日本の伝統文化を国内外に向けて発信していきます。各種動画は関係団体から御提供いただいております。随時更新中。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2018年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

その他の予定はホームページをご覧ください。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2019年1月号を1月10日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

8. 読者の声 / 編集部より

元MEXT国費留学生であったアーティストのマイケル・ウィッテルです。現代美術と科学の融合を表現した特別展の開催に向けて、京都大学の研究者と共に取り組んでいます。展示期間は2018年12月19日~2019年2月4日で、場所は京都大学総合博物館にて行われます。皆様にお会いできることを楽しみにしております。お気軽にお越しください。

特別展「思考の肖像」

展覧会名
特別展「思考の肖像」-美術と科学のダイアグラム-

日時:
2018年12月19日(水曜日)〜2019年2月3日(日曜日)9時30分~16時30分
(入館は16時まで)
休館日:
月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)
場所:
京都大学総合博物館
(京都市左京区吉田本町)
料金:
(1)個人観覧料
一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円
・障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1人、70歳以上の方は無料(要証明)
・京都大学学生・教職員無料(学生証等をご提示ください)

(2)団体観覧料(20名以上の場合)
一般300円、高校・大学生200円、小・中学生100円
・団体20名につき、引率者1人分の観覧料が無料になります。
お問い合わせ:
京都大学総合博物館
〒606-8501京都市左京区吉田本町
TEL:075-753-3272
FAX:075-753-3277
E-mail:info【@】inet.museum.kyoto-u.ac.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

◆◆◆編集部より◆◆◆

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もJapan Alumni eNewsをよろしくお願いいたします。
今年の話題として、新天皇の即位とそれに伴う新元号(しんげんごう)への改元(かいげん)があります。元号とは天皇の在位期間に対応する特定の年代に付けられる名前のことです。31年続いた「平成」という元号が今年の4月30日(火曜日)をもって終了し、5月1日(水曜日)から新しい元号になります。新元号の名前は1か月前に発表されるといいます。いったい、どのような元号になるのでしょうか。日本では去年から、「平成最後の……」という言葉がさまざまな分野であふれかえっていました。今年も「平成」としては残すところあと4か月。ますます世間では「平成最後」ラッシュが続くと思われます。新元号になったあとには、秋のラグビーワールドカップの日本開催がひかえ、さらに来年のオリンピック開催と、今年もいろいろ話題に事欠かない年になりそうです。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は2月8日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 海外留学支援サイト
  • バナー トビタテ!留学JAPAN
  • バナー Facebook