報道関係者各位

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(平成18年法律第51号)に基づく「大阪第二国際交流会館の管理・運営業務」の落札者の決定について

 独立行政法人日本学生支援機構(以下「本機構」という。)は、競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(平成18年法律第51号)に基づき、大阪第二国際交流会館の管理・運営業務民間競争入札を実施し、下記のとおり落札者を決定しました。

Ⅰ.【大阪第二国際交流会館の管理・運営業務】(大阪府大阪市北区神山町1-31)
1.落札者の名称    
大阪第二国際交流会館管理・運営業務共同事業体
〔構成事業者: 財団法人日本国際教育支援協会(代表者)、伸和サービス株式会社〕

2.落札金額(税抜)
60,363,000円
(注)落札金額は業務委託期間(平成21年4月1日~平成24年3月31日)の3年間分の額

3.落札者の評価結果
基礎点及び加算点の合計: 146.8点
入札価格(税抜): 60,363,000円
評価点: 24.319点
(注)評価点については、基礎点及び加算点の合計を入札価格で除した値を10の7乗倍したもので、小数点4桁以下は切り捨て

4.落札者決定の経緯及び理由
 大阪第二国際交流会館の管理・運営業務の入札説明書(平成20年11月20日公告)に基づき、入札参加者(3者)から提出された企画書について、本機構に設置した外部有識者からなる市場化テスト評価委員会において審査した結果、いずれも入札参加資格を満たし、かつ、必須審査項目を満たしていた。
 入札金額については、平成21年2月26日に開札を行い、予定価格の範囲内であった全入札参加者(3者)のうち、基礎点及び加算点の合計を入札価格で除して得られた評価点が最も高かった1者が落札者となったもの。

5.落札者における当該公共サービスの実施体制及び実施方法
(1)実施体制
 大阪第二国際交流会館の管理・運営業務の実施にあたっては、総括責任者の下に事務責任者、業務責任者を定め、当該施設に平日昼間は事務担当者2名を、平日夜間及び平日以外は警備員1名を配置し、入居者に対応する。

(2)実施方法
 日常の入居者対応及び緊急時の対応については、管理・運営業務マニュアルに基づき、実施要項に記載された内容を確実に実施することにより、快適な居住環境の提供と学生生活の支援を行う。施設管理については、施設管理業務マニュアルに基づき、従来の実施水準を維持したうえで、環境マネジメントシステムを通じた環境配慮を行うことにより、快適で安心な施設の実現に努める。また、入居者へのサービスの質の向上のため、自己点検を実施する他、入居者からの意見・苦情等を随時受け付け、対応可能なものは速やかに反映させると共に、対応事例として蓄積し、活用する。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

本件についての問い合わせ先

政策企画部 総合計画課/増子、奥野
  • 電話03-6743-6005
  • FAX03-6743-6678
  • E-mailsou-kei【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。