平成20年4月
独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)

調査目的等
1.調査の目的
この調査は、学生の標準的な学生生活状況を把握し、学生生活支援事業の改善を図るための基礎資料を得ることを目的とする。

2.調査の対象
大学学部、短期大学本科及び大学院の学生(休学者及び外国人学生を除く)

3.調査の時期
平成18年11月(隔年調査)

4.調査数
大学、短期大学及び大学院の別、さらに大学及び短期大学については、昼間部、夜間部別、大学院については修士課程、博士課程、専門職学位課程別に、下記の抽出率によって在籍学生(平成18年5月1日現在の学校基本調査による)から抽出した数で、全国の学生2,961,116人の中から65,043人を調査対象とした。(有効回答数33,180人、回収率51.0%

区分/設置者別  
国立
公立
私立
大学  昼間部 1/104 1/17 1/294
夜間部 1/6 7/17 1/34
短期大学  昼間部 - 8/25 1/55
夜間部 - 11/12 3/7
大学院  修士課程 1/23 1/3 1/15
博士課程 13/89 6/7 3/11
専門職学位課程 2/5 13/14 1/4

5.調査方法
大学は、あらかじめこの調査の対象となる全在籍学生の中から、日本学生支援機構が依頼した調査数だけの学生を無作為に抽出し、所定の調査票により調査を行った。


  • この調査は平成14年度まで、文部科学省が実施していたが、平成16年4月に独立行政法人日本学生支援機構の設立に伴い、本機構に移管されたものである。
    平成14年度までの数値は文部科学省調べ。

調査結果

結果の概要(大学昼間部及び大学院)

標準的な学生生活状況を把握し、学生生活支援事業の改善を図るための基礎資料を得ることを目的として、平成18年11月に実施した「平成18年度学生生活調査」の結果の概要(大学昼間部及び大学院)である。
※大学夜間部及び短期大学については、上記調査結果の各表を参照のこと。


1.学生生活費(学費と生活費の合計)

年間の学生生活費(学費と生活費の合計)は、次のようになっている。

【大学学部(昼間部)】
学生生活費は平成16年度調査より2.4%減少の190万円となっている。
内容をみると、学費は増加しているが、生活費は減少している。

【大学院修士課程】
学生生活費は平成16年度調査より1.3%減少の175万円となっている。
内容をみると、学費は増加しているが、生活費は減少している。

【大学院博士課程】
学生生活費は平成16年度調査より1.1%減少の208万円となっている。
内容をみると、学費は増加しているが、生活費は減少している。

【大学院専門職学位課程】
学生生活費は231万円となっている。
内容をみると、学費は132万円、生活費は98万円となっている。

大学学部・大学院修士課程・博士課程・専門職学位課程別の学生生活費の推移(平成10年度から平成18年度まで)

学生生活費の増減額及び伸び率の推移
区分
H8→H10
H10→H12
H12→H14
H14→H16
H16→H18
%
%
%
%
%
大学学部
(昼間部)
学費
13,800 (1.3) 43,000 (4.0) 39,800 (3.5) 7,300 (0.6) 2,800 (0.2)
生活費
▲25,200 (▲2.9) 86,300 (10.2) ▲80,300 (▲8.6) ▲84,200 (▲9.8) ▲48,500 (▲6.3)
学生生活費
▲11,400 (▲0.6) 129,300 (6.7) ▲40,500 (▲2.0) ▲76,900 (▲3.8) ▲45,700 (▲2.4)
大学院
修士課程
学費
18,000 (2.5) 10,200 (1.4) 29,700 (3.9) 13,800 (1.8) 16,100 (2.0)
生活費
8,900 (0.9) 111,500 (10.8) ▲102,300 (▲8.9) ▲66,600 (▲6.4) ▲38,900 (▲4.0)
学生生活費
26,900 (1.5) 121,700 (6.9) ▲72,600 (▲3.8) ▲52,800 (▲2.9) ▲22,800 (▲1.3)
大学院
博士課程
学費
1,300 (0.2) 11,300 (1.6) 27,300 (3.7) 12,200 (1.6) 23,800 (3.0)
生活費
▲26,900 (▲1.9) 97,900 (7.0) ▲118,400 (▲7.9) ▲63,700 (▲4.6) ▲47,800 (▲3.6)
学生生活費
▲25,600 (▲1.2) 109,200 (5.1) ▲91,100 (▲4.1) ▲51,500 (▲2.4) ▲24,000 (▲1.1)
※(  )は、前回調査からの伸び率である。

2.設置者別の学生生活費(学費と生活費の合計)

【大学学部(昼間部)】
国立が150万円、私立が202万円で、私立が国立より52万円高くなっている。内訳をみると、学費は私立が国立より67万円高く、生活費は食費、住居・光熱費の差等により、国立が私立より15万円高くなっている。

【大学院修士課程】
国立が164万円、私立が195万円で、私立が国立より31万円高くなっている。内訳をみると、学費は私立が国立より45万円高く、生活費は食費、住居・光熱費の差等により、国立が私立より14万円高くなっている。

【大学院博士課程】
国立が202万円、私立が230万円で、私立が国立より28万円高くなっている。内訳をみると、学費は私立が国立より33万円高く、生活費は食費、住居・光熱費の差等により、国立が私立より4万円高くなっている。

【大学院専門職学位課程】
国立が200万円、私立が247万円で、私立が国立より47万円高くなっている。内訳をみると、学費は私立が国立より62万円高く、生活費は食費、住居・光熱費の差等により、国立が私立より16万円高くなっている。

(単位:円)
区分
学費
生活費
合計
授業料、その他の学校納付金
修学費、課外活動費、通学費
小計
食費、住居・光熱費
保健衛生費、娯楽・し好費、その他の日常費
小計
大学学部 昼間部 国立
512,700
141,400
654,100
566,400
280,400 846,800 1,500,900
公立
523,500
142,000
665,500
456,100
274,600 730,700 1,396,200
私立
1,153,900
169,300
1,323,200
390,800
303,200 694,000 2,017,200
平均
1,008,400
162,900
1,171,300
426,000
297,800 723,800 1,895,100
大学院 修士課程 国立
502,500
143,800
646,300
680,700 315,600 996,300 1,642,600
公立
521,300
177,600
698,900
533,600 310,000 843,600 1,542,500
私立
899,800
191,900
1,091,700
521,600 338,100 859,700 1,951,400
平均
648,400
163,300
811,700
614,600 323,500 938,100 1,749,800
博士課程 国立
467,100
254,800
721,900
851,800 443,200 1,295,000 2,016,900
公立
497,700
297,000
794,700
687,400 471,400 1,158,800 1,953,500
私立
723,700
326,500
1,050,200
747,600 502,500 1,250,100 2,300,300
平均
530,100
274,100
804,200
818,400 458,800 1,277,200 2,081,400
専門職学位課程 国立
693,200
215,700
908,900
729,200 363,000 1,092,200 2,001,100
公立
615,200
226,000
841,200
485,000 366,800 851,800 1,693,000
私立
1,283,300
246,900
1,530,200
574,800 361,900 936,700 2,466,900
平均
1,085,700
236,700
1,322,400
621,300 362,300 983,600 2,306,000
※生活費は、いずれも国立が私立より高くなっているが、自宅以外の学生の割合が高いため(食費、住居・光熱費の差)である。
(参考)居住形態別学生数(大学学部(昼間部))
居住形態 自宅 学寮、下宿、アパート、その他
国立 31.6% 68.4%
公立 40.8% 59.2%
私立 56.8% 43.2%
平均 51.5% 48.5%

3.居住形態別の学生生活費(学費と生活費の合計)

【大学学部(昼間部)】
下宿等通学者の学生生活費は自宅通学者の学生生活費を大きく上回っており、その差は62万円である。
設置者別にみると、国立の自宅を基準とした場合に、国立の下宿等は1.7倍、私立の自宅は1.6倍、私立の下宿等は2.4倍となっている。

【大学院修士課程】
下宿等通学者の学生生活費は自宅通学者の学生生活費を大きく上回っており、その差は64万円である。
設置者別にみると、国立の自宅を基準とした場合に、国立の下宿等は1.6倍、私立の自宅は1.4倍、私立の下宿等は2.0倍となっている。

【大学院博士課程】
下宿等通学者の学生生活費は自宅通学者の学生生活費を大きく上回っており、その差は62万円である。
設置者別にみると、国立の自宅を基準とした場合に、国立の下宿等は1.4倍、私立の自宅は1.2倍、私立の下宿等は1.7倍となっている。

【大学院専門職学位課程】
下宿等通学者の学生生活費は自宅通学者の学生生活費を大きく上回っており、その差は73万円である。
設置者別にみると、国立の自宅を基準とした場合に、国立の下宿等は1.5倍、私立の自宅は1.4倍、私立の下宿等は1.9倍となっている。

居住形態別(自宅・下宿別)の学生生活費のグラフ

(単位:円)
区分
自宅
下宿・アパート、その他
大学学部
昼間部
国立 1,045,100 (1.00) 1,769,000 (1.69)
公立 1,063,200 (1.02) 1,635,600 (1.57)
私立 1,717,900 (1.64) 2,467,200 (2.36)
平均 1,619,100 2,234,500
大学院
修士課程
国立 1,177,600 (1.00) 1,872,100 (1.59)
公立 1,182,400 (1.00) 1,886,500 (1.60)
私立 1,587,100 (1.35) 2,389,400 (2.03)
平均 1,380,000   2,020,700  
博士課程
国立 1,586,500 (1.00) 2,219,000 (1.40)
公立 1,637,400 (1.03) 2,232,500 (1.41)
私立 1,875,900 (1.18) 2,675,900 (1.69)
平均 1,685,700   2,310,600  
専門職学位課程 国立 1,558,800 (1.00) 2,288,200 (1.47)
公立 1,350,500 (0.87) 2,277,100 (1.46)
私立 2,104,300 (1.35) 2,997,000 (1.92)
平均 1,965,100 2,694,900
(注)(  )は、国立の自宅を基準(1.00)とした場合の指数である。

4.学生の収入状況

【大学学部(昼間部)】
収入総額は平成16年度調査より1万円減少の219万円となっている。

【大学院修士課程】
収入総額は平成16年度調査より1万円増加の208万円となっている。

【大学院博士課程】
収入総額は平成16年度調査より6万円増加の283万円となっている。

【大学院専門職学位課程】
収入総額は285万円となっている。

【大学学部(昼間部)】

大学学部(昼間部)学生の収入状況の比較円グラフ(平成16年度と平成18年度)

【大学院修士課程】

大学院修士課程学生の収入及び支出内訳の比較円グラフ(平成16年度と平成18年度)

【大学院博士課程】

大学院博士課程学生の収入及び支出内訳の比較円グラフ(平成14年度と平成16年度)

(単位:%(上段)/円(下段))
区分
家庭からの給付
奨学金
アルバイト
定職・
その他
合計
大学学部
(昼間部)
16
(65.9)
(14.0)
(15.7)
(4.4)
(100.0)
1,449,200
308,500
344,700
97,900
2,200,300
18
(68.3)
(13.7)
(15.4)
(2.6)
(100.0)
1,496,300
300,300
336,300
57,600
2,190,500
大学院
修士課程
16
(50.6)
(25.9)
(12.7)
(10.7)
(100.0)
1,046,300
535,700
263,100
221,500
2,066,600
18
(51.1)
(25.2)
(13.5)
(10.1)
(100.0)
1,060,900
523,200
281,000
210,500
2,075,600
大学院
博士課程
16
(19.0)
(35.2)
(21.5)
(24.2)
(100.0)
526,800
974,500
596,200
670,500
2,768,000
18
(18.4)
(33.5)
(24.6)
(23.4)
(100.0)
521,200
949,900
697,600
664,100
2,832,800
大学院
専門職学位課程
18
(40.0)
(29.3)
(3.6)
(27.2)
(100.0)
1,139,500
833,700
103,000
774,000
2,850,200
収入の伸び率の推移
区分
H8→H10
H10→H12
H12→H14
H14→H16
H16→H18
大学学部(昼間部)
▲0.7%
4.8%
4.1%
▲1.7%
▲0.4%
大学院修士課程
2.0%
5.6%
2.2%
▲2.2%
0.4%
大学院博士課程
▲1.9%
6.8%
1.7%
▲0.3%
2.3%

5.家庭の年間平均収入額

【大学学部(昼間部)】
平成16年度調査より0.5%増加の846万円となっている。設置者別にみると私立が一番高く、865万円となっている。

【大学院修士課程】
平成16年度調査より4.0%減少の798万円となっている。設置者別にみると私立が一番高く、863万円となっている。

【大学院博士課程】
平成16年度調査より3.2%減少の778万円となっている。設置者別にみると私立が一番高く、960万円となっている。

【大学院専門職学位課程】
平均で853万円、設置者別にみると国立が一番高く、879万円となっている。

(単位:千円)
区分
大学学部
大学院
昼間部
修士課程
博士課程
専門職学位課程
18年度
国立 ( 1.4) ( ▲2.8) ( ▲3.1) -
7,920 7,670 7,220 8,790
公立 ( ▲1.3) ( ▲15.4) ( ▲18.0)  -
7,400 6,960 7,100 8,140
私立 ( 0.5) (▲3.9) ( ▲0.3)  -
8,650 8,630 9,600 8,420
平均 ( 0.5) ( ▲4.0) ( ▲3.2)  -
8,460 7,980 7,780 8,530
16年度平均 ( ▲6.1) ( ▲6.9) ( ▲0.9)
-
8,420 8,310 8,040 -
(注) (  )は、前回調査からの伸び率(単位:%)である。

国公私立別の家庭における年間平均収入のグラフ(大学学部・大学院修士課程・博士課程別)

6.家庭の年間収入階層別にみた学生数の割合

【大学学部(昼間部)】
総務省の家計調査(平成18年)から全国全世帯の45~54歳の世帯主(学生の家庭の世帯主年齢と想定)の五分位階層区分(集計世帯を収入額の低いものから高いものへ順に並べ、その世帯数を5等分したもので、収入額の低いグループから高い方へ順に第1~第5と区分したもの)を推計し、これに今回調査を当てはめて各区分別学生数をみると、国公私立ともに第5五分位は低い分布を示している。
また、前回調査と比べて、国公私立ともに第1五分位の割合が減少している。

(単位:%)
区分
第1五分位
第2五分位
第3五分位
第4五分位
第5五分位
(~5,044千円)

4,881千円未満
(5,044~6,934千円)
4,881千円以上
6,789千円未満
(6,934~8,588千円)
6,789千円以上
8,495千円未満
(8,588~10,929千円)
8,495千円以上
10,906千円未満
(10,929千円~)

10,906千円以上
国立 (25.8) (15.0) (24.4) (20.8) (14.1)
17.1 19.4 29.5 19.3 14.6
公立 (28.9) (15.2) (23.1) (20.1) (12.7)
22.6 21.7 27.9 17.0 10.9
私立 (23.1) (16.0) (19.3) (26.5) (15.1)
16.1 19.4 20.5 28.3 15.7
平均 (23.8) (15.8) (20.4) (25.2) (14.8)
16.6 19.5 22.5 26.2 15.3
(注) (  )は、平成16年度調査の額及び割合である。

7.アルバイト従事状況

【大学学部(昼間部)】
アルバイト従事者の割合は平成16年度調査より0.4ポイント減少の76.4%となっている。

【大学院修士課程】
アルバイト従事者の割合は平成16年度調査より10.1ポイント増加の78.9%となっている。

【大学院博士課程】
アルバイト従事者の割合は平成16年度調査より15.6ポイント増加の77.6%となっている。

【大学院専門職学位課程】
アルバイト従事者の割合は28.7%となっている。

区分/年度
平成16年度
平成18年度

大学学部
(昼間部)
アルバイト
従事者
家庭からの給付のみで修学可能 37.3% 41.1%
家庭からの給付のみでは修学不自由・困難 39.6% 35.4%
76.8% 76.4%
アルバイト非従事者 23.2% 23.6%
大学院
修士課程
アルバイト
従事者
家庭からの給付のみで修学可能 23.8% 31.7%
家庭からの給付のみでは修学不自由・困難 44.9% 47.2%
68.8% 78.9%
アルバイト非従事者 31.2% 21.1%
博士課程
アルバイト
従事者
家庭からの給付のみで修学可能 8.1% 12.2%
家庭からの給付のみでは修学不自由・困難 53.9% 65.4%
62.0% 77.6%
アルバイト非従事者 38.0% 22.4%
専門職学位課程 アルバイト
従事者
家庭からの給付のみで修学可能
8.8%
家庭からの給付のみでは修学不自由・困難
19.8%
28.7%
アルバイト非従事者
71.3%
  • 「家庭からの給付のみでは修学不自由・困難」とは、家庭から の給付がない者を含む。
  • 「大学院」のアルバイトは、ティーチングアシスタント(TA) 及びリサーチアシスタント(RA)を含む。

8.奨学金の受給状況

【大学学部(昼間部)】
全学生のうち、日本学生支援機構や大学等の奨学金を受給している者の割合は、平成16年度調査より0.2ポイント減少し、40.9%となっている。

【大学院修士課程】
全学生のうち、日本学生支援機構や大学等の奨学金を受給している者の割合は、平成16年度調査より0.3ポイント減少し、54.3%となっている。

【大学院博士課程】
全学生のうち、日本学生支援機構や大学等の奨学金を受給している者の割合は、平成16年度調査より2.2ポイント減少し、65.2%となっている。

【大学院専門職学位課程】
全学生のうち、日本学生支援機構や大学等の奨学金を受給している者の割合は、60.2%となっている。

区分
平成8年度 10年度 12年度 14年度 16年度 18年度
大学学部 (昼間部)
21.2%
23.9% 28.7% 31.2% 41.1% 40.9%
大学院修士課程 40.1% 42.6% 50.5% 48.4% 54.6% 54.3%
大学院博士課程 65.7% 66.5% 65.6% 67.7% 67.4% 65.2%
大学院専門職学位課程
60.2%

9.通学時間(片道)

【大学学部(昼間部)】
居住形態別にみると、自宅通学者の通学時間は、学寮通学者や下宿等通学者の通学時間を大きく上回り、片道70分となっている。
地域別にみると、東京圏、京阪神はその他の地域に比べ通学時間が大きく上回っている。

【大学院修士課程】
居住形態別にみると、自宅通学者の通学時間は、学寮通学者や下宿等通学者の通学時間を大きく上回り、片道66分となっている。
地域別にみると、東京圏、京阪神はその他の地域に比べ通学時間が大きく上回っている。

【大学院博士課程】
居住形態別にみると、自宅通学者の通学時間は、学寮通学者や下宿等通学者の通学時間を大きく上回り、片道67分となっている。
地域別にみると、東京圏、京阪神はその他の地域に比べ通学時間が大きく上回っている。

【大学院専門職学位課程】
居住形態別にみると、自宅通学者の通学時間は、学寮通学者や下宿等通学者の通学時間を大きく上回り、片道64分となっている。
地域別にみると、東京圏、京阪神はその他の地域に比べ通学時間が大きく上回っている。

(単位:分)
区分 自宅 学寮 下宿、アパート、
その他
平均
大学学部 昼間部 東京圏 76.7 22.4 24.5 54.5
京阪神 77.9 11.7 18.0 53.6
その他 60.0 9.0 12.6 33.2
全 国 70.2 14.2 17.1 44.3
大学院 修士課程 東京圏 74.5 32.7 28.3 53.4
京阪神 73.1 17.5 19.3 43.9
その他 54.3 9.6 14.3 27.4
全 国 66.2 15.4 18.7 38.6
博士課程 東京圏 70.8 29.3 33.1 52.0
京阪神 72.1 14.9 22.3 43.0
その他 60.7 10.5 21.0 35.2
全 国 66.7 16.1 24.5 41.9
専門職
学位課程
東京圏 66.1 17.6 39.1 55.1
京阪神 67.9 12.7 20.0 47.5
その他 53.1 14.0 16.5 32.6
全 国 63.9 16.2 25.7 46.9

※「東京圏」とは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県をいう。
※「京阪神」とは、京都府・大阪府・兵庫県をいう。

10.週間平均生活時間

【大学学部(昼間部)】
設問項目のうち、一週間の生活時間の中で最も多く費やすのは「大学の授業」となっている。
設置者別にみると、国公私立のいずれも「大学の授業」が最も多く、その時間はいずれも18時間強となっており、国公私立別の差はみられない。

(単位:時間)
区分
大学の授業 その他の学習 文化・体育等のサークル活動 アルバイト等の
就労活動
大学学部
昼間部
国立 18.79 14.36 5.88 8.33
公立 18.75 12.56 4.44 10.01
私立 18.66 10.68 6.94 10.31
平均 18.69 11.44 6.64 9.93
  • 平成18年11月における不特定な一週間を調査

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。