このたび、各大学等が学生ボランティア活動の推進方策の企画・改善における参考資料として活用し、もって、学生のボランティア活動の推進に資することを目的として、ボランティア活動の推進と環境に関する調査を実施いたしました。
今回とりまとめた平成20年度調査においては、「1.ボランティア活動の推進と環境」「2.ボランティア活動と教育」「3.学生のボランティア活動の分析と評価」「4.コミュニティとの連携と協働」を4本柱として、これまでよりもさらに詳細な調査内容となっております。
特に、「ボランティア活動と教育」については、平成16年度調査に引き続き、300校を超える大学等におけるボランティア関連科目の授業目的や内容等を詳しくご紹介することが可能となりました。また、学生ボランティア活動の推進のための予算措置等の実情もご回答いただいております。
本調査の結果については、調査概要と、大学等におけるボランティア関連科目の紹介の2部に分け、報告書・ホームページにてご報告致しております。本調査報告書が、大学等における学生ボランティア活動の推進を含め、今後の活動の取組をすすめていくための一種のガイドブックとしての役割を担うことができれば幸いです。

《調査報告書「はじめに」より一部抜粋》

留意事項

<ホームページからの報告書閲覧にあたっては、下記事項をご一読ください。>

調査報告書

調査報告書(別冊)

  • 授業科目 = ボランティアに関する授業科目又はボランティアを取り入れた授業科目

参考資料

調査時(平成20年9月~10月)の依頼文書一式及びQ&A


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1