ホーム » 総合案内 » 東日本大震災の被災学生等に対する奨学金等

東日本大震災の被災学生等に対する奨学金等

【更新日:2013年5月13日(月曜日)】

このページでは、東日本大震災の被災学生等に対する奨学金等を紹介しています。

 

下記の奨学金等は、新聞報道等により把握しているものであり、適宜、追加していく予定です。
当該情報は、大学・短大・高専・専修学校(専門課程)・大学院に在籍する学生を対象にしているものを掲載しました。

 

奨学金等の詳細については、それぞれの奨学金等の学校窓口又は団体窓口にお問い合わせ下さい。

 

PDF東日本大震災の被災学生等に対する奨学金等一覧(PDF:163KB) ※平成25年5月13日現在

 

  1. 日本学生支援機構による奨学金
  2. 大学、民間団体等による奨学金
  3. 【地方自治体による奨学金】
    【大学等による奨学金】
    【公益法人による奨学金】
    【民間企業による奨学金】
    【その他NPO等による奨学金】

 

 

1.日本学生支援機構による奨学金

 

平成24年度大学等第一種奨学金(震災復興枠を含む)及び第二種奨学金の申込受付について

 

【在学採用】(入学後の申込)

(1)奨学金の種類:第一種奨学金(無利息)、第二種奨学金(利息付)
(2)対象者:大学・短大・高専・専修学校(専門課程)・大学院に在籍する、東日本大震災の被災世帯(自宅被害、家計支持者死亡等)の学生・生徒。

(3)申込・お問合せ:在学している学校までお願いします。

在学校を通じて推薦を受付します(日本学生支援機構への直接申込はできません)。


 

平成25年度大学等予約奨学金について

 

【予約採用】(入学前の申込)

(1)奨学金の種類:第一種奨学金(無利息)、第二種奨学金(利息付)
(2)対象者:平成25年度に国内の大学・短大専修学校専門課程に進学する東日本大震災の被災世帯(自宅被害、家計支持者死亡等)の者で次のいずれかに該当する者。

(ア)平成25年3月末に高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部及び専修学校の高等課程(以下「高等学校等」という。を卒業予定の人
(イ)高等学校等を卒業後2年以内の人(2浪まで。大学等へ入学したことのある人は除く)
(ウ) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)の合格者、機構が定める基準に該当する科目合格者又は出願者(大学等へ入学したことのある人は除く)。

(3)申込・お問合せ

(ア)の対象者→在学中の高等学校等(学校を通じて推薦を受付します。日本学生支援機構への直接申込はできません。)

(イ)の対象者→卒業した高等学校等(学校を通じて推薦を受付します。日本学生支援機構への直接申込はできません。)

(ウ)の対象者→日本学生支援機構への直接申し込み

 

 

詳細⇒東日本大震災に遭われた方へ(奨学金に関するお知らせ)

 

 

2.大学、民間団体等による奨学金

 

【地方自治体による奨学金】

No. 団体名 名称 対象(学年) 期間 内容 採用人数 申請窓口 応募締切 特記事項
1 岩手県 いわての学び希望基金奨学金 東日本大震災津波に被災し、親を亡くした又は親が行方不明となった子どもで、学校に在籍する児童、生徒等 ・申請のあった学年から大学等卒業まで ・小中学校:1月につき1万円
・高等学校等:1月につき3万円
・大学等:1月につき5万円
対象者全員 県教育委員会事務局教育企画室
電話番号 019-629-6108
【平成23年度】
(定期金、一時金共通)11月30日まで

【平成24年度以降】
(新たな定期金の申請)5月1日から5月31日まで
(一時金)3月1日から4月30日まで

 

 

定期金については、1か月を単位として計算し、年1回の申請に基づき、7月、11月、翌年3月のそれぞれの月に4か月分を給付。
また、定期金のほかに卒業時に一時金を給付。(小学校卒業時5万円、中学校卒業時10万円、高等学校卒業時30万円)

 

【大学等による奨学金】

No. 団体名 名称 対象(学年) 期間 内容 採用人数 申請窓口 応募締切 特記事項
2

東北大学

 

東北大学 元気・前向き奨学金

東北大学の大学生、大学院生

 

1年間又は最短修業年限 10万円/月の給付 未定 学校(学生支援課経済支援係) 在学生:平成24年3月22日
新入生:平成24年3月27日
東北大学の学生対象
3 西日本工業大学 東日本大震災に係る
経済支援等特別措置
入学希望者
(H24年度入試)
最大4年間 学費等
の免除
本学の修学支援規定を準用する 学生課 平成24年度入試に準じる
(最終締切) 平成24年3月22日(木曜日)
被災状況により支援内容が異なりますので、詳細は入試広報課までお問い合わせ下さい
4 尚美学園大学 東日本大震災
学費等の減免を含む特別措置
平成24年度
新入学生
入学より最大2年間 被災状況による学費などの減免措置 未定 入学広報センター 平成24年度
入試に準じる
被災の状況により減免率が異なる(大学のHPを参照)

詳細についてはお問い合わせください

 

入学広報センター
TEL:0120-80-0082
FAX:049-246-2531
E-mail:

j-info@shobi-u.ac.jp

5

仙台YMCA国際ホテル専門学校

仙台YMCA東日本大震災学生支援奨学金 平成25年度入学希望者で東日本大震災で被災し入学が困難な状態にある方 【学生支援奨学金】入学より1年間
【テーラー記念奨学金】入学から卒業までの2年間
【学生支援奨学金】被災状況による学費の減免
【テーラー記念奨学金】年間40万円の生活支援金の給付(返還義務なし)
【学生支援奨学金】人数制限無し
【テーラー記念奨学金】10名
学校(学生支援室)

平成25年3月31日

詳細についてはお問い合わせください

 

お問い合わせ
仙台YMCA国際ホテル専門学校
TEL:022-222-7645
MAIL:gakko@sendai-ymca.org

6

早稲田大学

東日本大震災被災学生支援奨学金 2012年度新入生のうち、東日本大震災の影響により、保証人または学費負担者の家屋の被災状況が甚大または収入状況の変化が著しい者 標準修業年限までの継続支給
ただし、毎年度末に奨学金支給の継続判定あり
被災状況により、年額100・80・60・40万円のいずれかの支給(給付) 若干名 学生部
奨学課
平成24年5月31日 提出必要書類あり。
詳細は早稲田大学学生部奨学課ホームページを参照のこと。
7 日本福祉大学 東日本大震災被災学生特別措置

平成25年度入学希望者

※1年以内の災害救助法適用地域に現住所または帰省先住所があり罹災証明書を提出できる者

初年度 初年度学校納付金の全額もしくは半額免除 人数制限なし 入学広報部 合格後随時受付

被災状況により措置内容が異なります。

詳しくは入学広報部までお問い合わせください。

TEL:(0569)87-2212

FAX:(0569)87-5849

8 日本福祉大学

経済援助学費減免奨学金

災害救助法適用地域等特別枠

平成25年度入学希望者

※1年以内の災害救助法適用地域に現住所または帰省先住所があり罹災証明書を提出できる者

4年間 授業料・施設維持費を半額免除 10名 入学広報部 各入学試験出願期間と同じ

「挑戦する意欲」「家計の状況」「教職員との事前面談」を全て満たすことが申請の条件になります。

詳しくは入学広報部までお問い合わせください。

TEL:(0569)87-2212

FAX:(0569)87-5849

9 東京工科大学 東日本大震災または平成23年度以降の自然災害で被災した平成25年度入学生および在籍者に対する学費等の減免措置 全在学生

入学志願者

平成25年度 【全壊・全焼・流失大規模半壊または
父母が死亡した在籍者(新入生含む)】
入学金・年間学費の全額免除

【半壊半焼した在籍者(新入生含む)】
入学金・年間学費の50%免除

【一部損壊した在籍者(新入生含む)】
原発避難区域の指定入学金・年間学費の
25%免除

【上記何れかの被災を受けた入学志願者】
入学検定料を全額免除

人数の制限はないが、申請書類に基づき審査の上決定 入学志願者
…東京工科大学 入試課
   (TEL 042-637-2112)
在 学 生 
…東京工科大学 学務課
   (TEL 042-637-2114)
<入学志願者>
平成25年3月31日

<新入生・在学生>
平成25年5月31日

【学生寮または学生会館への優遇入寮 ※】

(1)学費支払者の住居が全壊・流失・大規模半壊・(半壊・半焼) 
(2)福島原子力発電所避難区域に学費支払者の住居があり生活が不可能 
(3)自然災害が原因で学費支払者が離職 
(4)その他の被災(審査の上決定)

※1)食費(21,000円/月)のみでの入寮。
※2) 入寮金、寮費、清掃費、管理費は徴収しない。
※3)空室状況によるものとする。

その他
途中退学の場合、免除額は要返済。

10 日本工学院専門学校 東日本大震災または平成23年度以降の自然災害で被災した平成25年度入学予定者および在籍者に対する学費等の減免措置 入学予定者

在校生(休学者を除く)

平成25年度  【全壊・全焼・流失大規模半壊または
父母が死亡】
入学金・年間学費の全額免除  
【半壊半焼】
入学金・年間学費の50%免除

【一部損壊または原発非難区域の指定】
入学金・年間学費の50%免除  

【上記何れかの被災を受けた入学志願者】
選考料を全額免除

人数の制限はないが、申請書類に基づき審査の上決定 日本工学院専門学校
教育学生支援部
(TEL 03-3732-1111)
<入学予定者>
平成25年3月31日

<新入生・在校生>
平成25年5月31日

【その他の被災】
学生寮または学生会館への優遇入寮 ※

(1)学費支払者の住居が全壊・流失・大規模半壊・(半壊・半焼) 
(2)福島原子力発電所避難区域に学費支払者の住居があり生活が不可能 
(3)自然災害が原因で学費支払者が離職 
(4)その他の被災(審査の上決定)

※1)食費(21,000円/月)のみでの入寮。
※2) 入寮金、寮費、清掃費、管理費は徴収しない。
※3)空室状況によるものとする。

その他
途中退学の場合、免除額は要返済。

11 日本工学院八王子専門学校 東日本大震災または平成23年度以降の自然災害で被災した平成25年度入学予定者および在籍者に対する学費等の減免措置 入学予定者

在校生(休学者を除く)

平成25年度 【全壊・全焼・流失大規模半壊または
父母が死亡】
入学金・年間学費の全額免除  
【半壊半焼】
入学金・年間学費の50%免除

【一部損壊または原発非難区域の指定】
入学金・年間学費の50%免除  

【上記何れかの被災を受けた入学志願者】
選考料を全額免除

人数の制限はないが、申請書類に基づき審査の上決定 日本工学院八王子専門学校
教育学生支援部
(TEL 042-637-3111)
<入学予定者>
平成25年3月31日

<新入生・在校生>
平成25年5月31日

【その他の被災】
学生寮または学生会館への優遇入寮 ※

(1)学費支払者の住居が全壊・流失・大規模半壊・(半壊・半焼) 
(2)福島原子力発電所避難区域に学費支払者の住居があり生活が不可能 
(3)自然災害が原因で学費支払者が離職 
(4)その他の被災(審査の上決定)

※1)食費(21,000円/月)のみでの入寮。
※2) 入寮金、寮費、清掃費、管理費は徴収しない。
※3)空室状況によるものとする。

その他
途中退学の場合、免除額は要返済。

12

日本工学院北海道専門学校

 

東日本大震災または平成23年度以降の自然災害で被災した平成25年度入学予定者および在籍者に対する学費等の減免措置 入学予定者

在校生(休学者を除く)

平成25年度 【全壊・全焼・流失大規模半壊または
父母が死亡】
入学金・年間学費の全額免除 
【半壊半焼】
入学金・年間学費の50%免除

【一部損壊または原発非難区域の指定】
入学金・年間学費の50%免除  

【上記何れかの被災を受けた入学志願者】
選考料を全額免除

人数の制限はないが、申請書類に基づき審査の上決定 日本工学院北海道専門学校
事務部
(TEL 0143-88-0888)
<入学予定者>
平成25年3月31日

<新入生・在校生>
平成25年5月31日

【その他の被災】
学生寮または学生会館への優遇入寮 ※

(1)学費支払者の住居が全壊・流失・大規模半壊・(半壊・半焼) 
(2)福島原子力発電所避難区域に学費支払者の住居があり生活が不可能 
(3)自然災害が原因で学費支払者が離職 
(4)その他の被災(審査の上決定)

※1)食費(21,000円/月)のみでの入寮。
※2) 入寮金、寮費、清掃費、管理費は徴収しない。
※3)空室状況によるものとする。

その他
途中退学の場合、免除額は要返済。

 

【公益法人による奨学金】

No. 団体名 名称 対象(学年) 期間 内容 採用人数 申請窓口 応募締切 特記事項
13 公益財団法人日本国際教育支援協会 学生緊急貸付(災害特別援助) 大学、短大、高専(4〜5年生) 一時金 10万円までの貸付

87名
(6月29日時点)
人数制限なし

学校 学校の締切による 受給条件あり
14

公益財団法人日本国際教育支援協会

 

平成24年度機関保証加入奨学生被災支援金 全学年
(岩手県・宮城県・福島県に所在する学校に在籍し、日本学生支援機構の奨学生のうち機関保証加入者で、東日本大震災または原子力発電所の事故により被災した者)
1年間(支給はまとめて1回、平成25年2月予定) 機関保証料1年分のおよそ半額に見合った額 700人(予定) 学校(奨学金窓口)

※締切ました。

平成24年11月30日

日本国際教育支援協会の役職員による支援金
15 公益財団法人 阪和育英会 阪和育英会奨学生 学部 最短修業年限 5万円/月の貸与 2〜3名 学校 採用人数に達するまで 東北大学の学生対象
16 財団法人 浦上奨学会 特別奨学金 学部 最短修業年限 10万円/月の給付 10名 学校

※締切ました。

平成23年6月30日

・東北、関東などの10大学が対象

・他の給付型学金との重複不可

17

公益財団法人 交通遺児育英会

 

フリーダイヤル 0120−521286

東日本大震災被災者子女の交通遺児としての採用 大学生・大学院生・専修学校生・各種学校生  最短修業年限 4〜10万円/月の貸与 対象者全員 学校又は団体 随時受付 保護者が車両に乗って行方不明となった場合などで、詳細は右記の問い合わせ先
18

公益財団法人 三菱UFJ信託奨学財団

 

TEL(03)3275−2215

奨学金(給付型) 岩手大学および福島大学の日本人全学部生(2年生・3年生・4年生、各1名)。なお、東北大学は従来より支給対象。 最短修業年限 36万円/年の給付 各大学3名 学校

※締切ました。

学校の締切による

・各大学所在県出身者、または、東北地区被災県出身者で、成績上位者のうち今回の震災により学業継続が困難となった者

・他の奨学金との併給可

19 公益財団法人 野村財団 野村財団復興支援奨学制度 原則修士、博士 1年間(向こう5年間実施) 10万円/月の給付 16人 学校

※締切ました。

平成23年7月15日

岩手大学、東北大学、福島大学の大学院生が対象。返済義務のない奨学金との重複不可。
20

財団法人ヒロセ国際奨学財団

 

TEL(03)3505−5082

災害特別奨学金 東日本大震災で被災した大学(特記事項)で学ぶアジアからの私費留学生(学部、大学院の正規生) 平成23年4月に遡及して1年間 15万円/月の給付 5名 学校

※締切ました。

平成23年7月11日

岩手大学、東北大学、宮城教育大学、福島大学、茨城大学が対象
21

財団法人小林国際奨学財団

 

TEL(03)5575−7525

災害特別奨学金 東日本大震災で被災した大学(特記事項)で学ぶアジアからの私費留学生(学部3年次以上及び大学院の正規生) 平成23年4月に遡及して1年間 12万円/月の給付 3名 学校

※締切ました。

平成23年7月11日

岩手大学、東北大学、福島大学が対象
22 財団法人毎日新聞東京社会事業団 毎日希望奨学金 東日本大震災で保護者(父または母ら)が死亡または行方不明になり、学業継続が困難な状況の高校生、高等専門学校生、短大生、大学生、専修学校生。被災地以外の居住者も対象。 2011年度から在学中の学校の正規の最短卒業年度まで。

2万円/月の給付

年間約50人

毎日新聞東京社会事業団「希望奨学金」係
03-3213-2674

※締切ました。

平成23年8月10日

他の奨学金との重複可能
23 一般財団法人 教育支援
グローバル基金
BEYOND Tomorrow
ビヨンドトゥモロー
東日本大震災で被災し、2012年度4月に大学・専門学校・その他教育機関に進学を希望する者で、震災被害を乗り越えて社会に貢献できる人材になることを志す者 大学等卒業までの最短修業年度 【給付】
学費全額(一部上限あり)
生活費
その他手当て
20〜30人

一般財団法人教育支援グローバル基金

Email:
info@

beyond

tomorr

ow.org


※締切ました。

平成23年11月中旬予定

 

24

公益財団法人東京海上各務記念財団

 

特別災害奨学金(給付型) 東北大学(学部生〔2年生〕) 3年間 毎月35,000円 5名

大学

※締切ました。

平成23年9月15日

岩手、宮城、福島各県の震災被災者が対象

25

社会福祉法人読売光と愛の事業団

 

読売光と愛・復興支援大学奨学金 東日本大震災により大学進学が経済的に困難になった方。震災時に岩手、宮城、福島3県のいずれかに居住し、これら3県に立地する大学に進学すること 大学入学から卒業まで(最長4年間) 毎月5万円を支給 5人程度(応募状況等で増減あり)

読売光と愛の事業団・復興奨学金係(03-6226-7633)

平成24年年8月末(当日消印有効)

返済が必要な貸付奨学金、地方自治体などが支給する選考不要の奨学金、大学の授業料免除等との重複受給は認めます。応募書類など詳細は、当事業団ホームページをご覧ください。

URL:
http://www.yomiuri-hikari.or.jp/

E-mail:
hikari-ai@yomiuri.com

26

三菱商事復興支援財団
(日本国際教育支援協会冠奨学金)

三菱商事復興支援財団学生支援奨学金(東日本大震災) 国内の短大、学部、修士

2012年4月より2013年3月までの1年間

10万円/月の給付

未定

学校

※締切ました

平成24年5月31日

 

平成25年度の募集は未定

他の給付型奨学金との重複不可

 

【民間企業による奨学金】

No. 団体名 名称 対象(学年) 期間 内容 採用人数 申請窓口 応募締切 特記事項
27

双日(株)(日本国際教育支援協会冠奨学金)

双日復興支援教育基金 指定大学学部 2012年4月より学部卒業まで(最長4年間) 7万円/月の給付

52人(2011年)

67人(2012年)

学校

※締切ました

平成24年5月31日

他の給付型学金との重複不可
28

(株)小松製作所((独)国立高等専門学校機構)

コマツ奨学金

国立高等専門学校生

(本科・専攻科)

原則卒業・修了まで 5万円/月の給付 平成23年度40名程度 学校

※締切ました

平成23年7月22日

主に東北・北関東地区の高専に就学する学生であって東日本大震災で被災した者
29 ドイツ ギルデマイスター社及び(株)森精機製作所((独)国立高等専門学校機構) DMG/MORI SEIKI奨学基金 国立高等専門学校生
(本科・専攻科)(予定)
原則卒業・修了まで(予定) 5万円/月の給付(予定) 平成23年度 49名程度(予定) 学校

※締切ました

平成23年7月22日

主に東北・北関東地区の高専に就学する学生であって東日本大震災で被災した者
30 ベイン・キャピタル社、
米国法人日本国際交流センター及び公益財団法人日本国際交流センター((独)国立高等専門学校機構)
ベイン・キャピタル高専奨学金プログラム 国立高等専門学校生(本科) 原則卒業まで 5万円/月の給付 15人 学校

※締切ました

平成23年7月15日

主に一関・仙台・福島高専に就学する学生であって東日本大震災で被災した者
31

ジョンソンコントロールズ(株)
(日本国際教育支援協会冠奨学金)

 

 

ジョンソンコントロールズ奨学基金 指定大学理工系学部3・4年及び修士 2012年4月より2013年3月までの1年間 5万円/月の給付

8人(2011年)

8人(2012年)

学校

※締切ました

平成24年5月31日

交流会・インターン参加が条件
32 (株)東芝
(日本国際教育支援協会冠奨学金)
東芝東日本大震災奨学基金 岩手・宮城・福島県内の短大、学部、修士 2011年10月より卒業まで(最長3年6ヶ月間)(修士課程・短期大学の場合は最長1年6ヶ月間) 10万円/月の給付

230人(2011年)

181人(2012年)

学校

※締切ました

平成23年9月20日

平成24年度の新規採用なし

他の給付型奨学金との重複不可
33

グラクソ・スミスクライン(株)
(日本国際教育支援協会冠奨学金)

グラクソ・スミスクライン「オレンジ・スカラシップ」 指定大学の薬学部 学部卒業まで(最長5年6ヶ月間) 5万円/月の給付

30人(2011年)

27人(2012年)

学校

※締切ました

平成23年10月3日

平成24年度の新規採用なし

他の奨学金との重複可
34

みちのく未来基金

 

みちのく未来基金 次の1〜3をいずれも満たす者
1)東日本大震災により、両親もしくはいずれかの親を亡くした生徒
2)2012年3月以降に高等学校を卒業し、進学を希望している生徒
3)学校法人やそれに準じる大学、短期大学、専門学校に合格した者
◆入学から卒業までの正規修業年数(進路によってことなる)
◆年間の給付金上限は300万円
◆留年、休学は特別の事情が無い場合は給付を打ち切る。
◆入学金及び授業料等学費の援助(返済義務なし) 給付対象者の人数に上限なし 原則学校を通じて基金事務局への申請となる

原則毎年5月末締切

 

※但し事情のある場合は事務局迄ご相談く ださい

◆他の奨学金との併用可能
35 カルハットLNG社、三菱商事、伊藤忠商事等
(日本国際教育支援協会冠奨学金)
カルハットLNG社ファミリー東日本大震災奨学金 指定大学学部 平成24年4月より平成25年年3月までの1年間 3万円/月の給付 10名 学校

※締切ました。

平成24年1月31日

他の奨学金との重複可

 

【その他NPO等による奨学金】

No. 団体名 名称 対象(学年) 期間 内容 採用人数 申請窓口 応募締切 特記事項
36

あしなが育英会

 

被災者の方専用フリーダイヤル(0120)77−8565

特別一時金 東日本大震災で両親のうちいずれかが死亡、行方不明、または著しい後遺障害を負った方の子どもで、大学・短期大学・専修学校・各種学校・大学院生、2012年度に大学・短期大学・専修学校・各種学校の第1学年に入学を希望し準備している人 一時金 200万円を給付 対象者全員 団体 平成24年9月末 日本以外の大学に在学中でも利用可能
37

あしなが育英会

 

被災者の方専用フリーダイヤル(0120)77−8565

貸与奨学金 東日本大震災で両親のうちいずれかが死亡、行方不明、または著しい後遺障害を負った方の子どもで、大学・短期大学・専修学校・各種学校・大学院生 卒業までの最短修業年限 大学 一般4万円・特別5万円
専修学校・各種学校 4万円
大学院 8万円/月の貸与
対象者全員 団体 随時受付

 

他の奨学金との併用可能
38 豪州政府
(日本国際教育支援協会冠奨学金)
豪州首相日本対象教育支援プログラム 被災地域の災害救助法適用地域内の大学、短大、高専 一時金

約5,000豪ドル相当/人程度(支給額は各交流プログラムの提案に応じて決定)

123名

学校等

※締切ました。

日本とオーストラリア間の短期(2週間程度)教育交流のための奨学資金を提供
39

特定非営利活動法人日本料理アカデミー

 

 

東日本大震災復興支援奨学金制度 東日本大震災で被災され、調理師養成施設への進学が困難な生徒で、2013年度に宮城調理製菓専門学校または京都調理師専門学校への入学を希望する方。 平成25年4月〜卒業まで

【給付】

宮城調理製菓専門学校1年制、または、京都調理師専門学校1年制の学費全額および住居費

両校あわせて5名を上限とする。 学校 平成24年11月24日

被災地の食文化の復興および新たな発展の礎となる人材の育成をめざし、料理人を志す意欲的な生徒を対象に給付します。

 

日本料理アカデミー事務局

電話(075)241−4163

40

高野山真言宗

 

 

高野山真言宗東日本大震災奨学金 東日本大震災発生時に保護者が岩手県・宮城県・福島県のいずれかで被災し、2013年度高校進学予定の中学3年生、または高校・大学に在学中の者 高校3年間、または大学4年間 年間36万円支給(返還不要) 10名 高野山真言宗社会人権局 平成25年3月29日

高野山真言宗寺院住職の推薦が必要

 

高野山真言宗社会人権局
TEL0736-56-2013

高野山真言宗・総本山金剛峯寺ホームページ

41

高野山真言宗

 

 

高野山真言宗東日本大震災特別奨学金 東日本大震災発生時に保護者が岩手県・宮城県・福島県のいずれかで被災し、2013年度高野山高校進学予定の中学3年生、または高野山大学進学予定の高校3年生 高校3年間、または大学4年間 入学金、在学中の学費等全額負担し、年間36万円支給(返還不要) 若干名 高野山真言宗社会人権局 平成25年3月29日

高野山真言宗寺院住職の推薦が必要

 

高野山真言宗社会人権局
TEL0736-56-2013

高野山真言宗・総本山金剛峯寺ホームページ

 

※奨学金等の詳細については、それぞれの奨学金等の学校窓口又は団体窓口にお問い合わせ下さい。