障害学生修学支援情報に関するご質問

発達障害

小・中学校等が進める特別支援教育について教えてください。

A.

小・中学校においては、発達障害児に対する指導及び支援が喫緊の課題となっており、「特別支援教育」は、特殊教育の対象となっている児童生徒(身体障害、知的障害等)に加え、これらの児童生徒に対しても適切な指導及び必要な支援を行なうことをねらいとしています。

小・中学校等の初等中等教育段階では、文部科学省を中心に総合的な取組が進んできています。平成18年6月には「学校教育法等の一部を改正する法律案」が可決・成立し、公布されました。
改正法では、現在の盲・聾(ろう)・養護学校の区分をなくし「特別支援学校」とする、幼・小・中・高等学校(中等教育学校含む)の要請に応じて、教育上特別の支援を必要とする幼児児童生徒の教育に関し必要な助言・援助を行なうよう努めるなど、小中学校等において特別支援教育を推進するための規定を法律上に位置付け、更なる施策の充実促進に向かっています。

この回答はお役に立ちましたか?

ご回答いただきありがとうございました。
今後のFAQページの参考とさせていただきます。